研究

研究室

准教授:日堂 修(ヒドウ オサム)

研究室 基礎科学部門/生物学
最終学歴 筑波大学大学院農学研究科博士課程(1987年3月)
学位 農学博士(筑波大学:1987年)
講義科目 生物学入門、生理学
専門分野 昆虫生理学、神経生理学
研究課題 昆虫の神経筋接合部の薬物受容体 アセチルコリンエステラーゼの有機リン剤感受性
所属学会 日本動物学会、日本比較生理生化学会、日本応用動物昆虫学会
学内委員 入試広報委員会(2010-)、薬学教育研究センター委員会地域貢献委員会 (2010-)、生涯学習センター(2010-)、認定薬剤師研修制度委員会(2010-)、認定評価委員会(2010-)、地域貢献委員会(委員長、2010-)
研究業績1 Presynaptic modulation by octopamine at a single neuromuscular junction in the mealworm (Tenebrio molitor). J. Neurobiol. 18, 315-326(1987)