研究

研究室

教授:東 恭一郎(ヒガシ キョウイチロウ)

役職名 薬学情報副委員長
研究室 基礎科学部門/生物化学
最終学歴 広島大学大学院(1986年3月)
学位 薬学博士(広島大学:1986年)
講義科目 基礎生物学 生化学I 生命科学実習I 臨床検査実習 体験学習
専門分野 細胞生物学、生化学
研究課題 ミトコンドリアを制御するタンパク質のプロテオミクス解析。HTRA2がミトコンドリア形態変換を制御する可能性を検証する。AAA-ATPase vWA8のATPase変異タンパク質を作成し、VWA8と相互作用するタンパク質を解明する。
所属学会 日本薬学会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本ミトコンドリア学会
学内委員 図書館・資料館運営委員会(2005-2011)、体験学習委員会(2007-2011)、臨床検査技師教育運営委員会(2005-2011)、地域貢献委員会(2010-2011)、動物実験施設運営委員会(2007-2011)
依頼公演 第3回明治薬科大学オープンカレッジ「公共データベースの利用」(2005)、第6回明治薬科大学オープンカレッジ「公共データベースの進展とその利用」(2008) 多摩科学技術高等学校・高大連携プロジェクト「食べ呼吸する生き物」(2011)、明治薬科大学夏の学校「食べ呼吸する生き物」(2011)、明治薬科大学市民大学講座「ビタミンのお話」(2010)、「食べ呼吸する生き物」(2011)、「光合成のお話」(2012)、「ビタミンのお話」(2015)
研究業績1 Specific binding of tubulin to a guanine nucleotide binding inhibitory regulatory protein in adenylate cyclase stystem, Ni. Biochem.Biophys.Res.Commun. 132,193-197(1985)
研究業績2 Induction of desensitization by phorbol ester to beta-adrenergic agonist stimulation in adenylate cyclase system of rat reticulocyte. Biochem.Biophys. Res.Commun. 138,125-130(1986)
研究業績3 ATP-dependent regulation of phospholipase C in permeabilized 3T3 cells. FEBS Letters 267,51-54(1990)
研究業績4 An inhibitor of inositol phospholipid-specific phospholipase C. Biochim.Biophys.Acta 1175, 289-292 (1993)
研究業績5 Daidzein inhibits insulin or inslin-like growth factor-mediated signaling of Swiss 3T3 cells. Biochim.Biophys.Acta 1221,29-35(1994)
研究業績6 Cochlioquinone A, an Inhibitors of Diacylglycerol Kinase. J.Antibiotics 48,1076-1080 (1995)
研究業績7 p110delta, a novel phosphoinositide 3-kinase in leukocytes. Proc.Natl.Acad.Sci.USA 94, 4330 - 4335 (1997)
研究業績8 Preliminary Proteome Analysis of Membrane Proteins in Streptomyces coelicolor A3(2). Actinomycetol. 12, 65-70 (1998)
研究業績9 Autophosphorylation of p110delta phoshoinositide 3-kinase: a new paradigm for the regulation of lipid kinases in vitro and in vivo. The EMBO J. 18, 1292-1302 (1999)
研究業績10 Dual subcellular localization in the endoplasmic reticulum and peroxisomes and a vital role in protecting against oxidative stress of fatty aldehyde dehydrogenase are achieved by alternative splicing. J.Biol.Chem. 282, 20763-20773 (2007)