教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:兎川 忠靖(トガワ タダヤス)

-

役職名

学生厚生委員長

研究室

生体機能分析学

最終学歴

千葉大学大学院薬学研究科博士課程(1987年3月)

学位

薬学博士(千葉大学:1987年)

講義科目

分析化学T、分析化学U、臨床分析学、薬の化学実習V‐1、 院・薬学専攻・分析化学特論

専門分野

分析化学

研究課題

遺伝性難病に関わるバイオマーカー分析法の開発

所属学会

日本分析化学会、日本薬学会、日本生化学会、先天代謝異常学会、日本微量元素学会、日本癌学会

学会活動

日本薬学会第128年会プログラム委員(2007-2008)、日本分析化学会ぶんせき誌・編集幹事(2007)・同副委員長(2008)、Anal.Sci.編集委員(2013-)

学内委員

学生厚生委員会(2004-2011)、薬学情報委員会(副委員長、2008-2010)、入試委員会(副委員長、2012―)、入試広報委員会(委員長、2012-)

社会活動

厚生労働省薬事・食品衛生審議会・取扱い技術等専門委員、埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター・専門研修部会・外部委員

依頼公演

ファブリー病の診断における問題点(第8回日本ファブリー病フォーラム:2012)

研究業績1

Plasma globotriaosylsphingosine as a biomarker of Fabry disease. Mol. Genet. Metab., 100, 257−261 (2010).

研究業績2

Tissue and plasma globortiaosylsphingosine could be a biomarker for assessing enzyme replacement therapy for Fabry disease. Biochem. Biophys. Res. Commun., 399, 716−720 (2010).

研究業績3

Lyso-GM2 Ganglioside: A Possible Biomarker of Tay-Sachs Disease and Sandhoff Disease. PLoS ONE., 6(12):e29074 (2011).

研究業績4

Fabry disease: Biochemical, Pathological and Structural Studies of the α-Galactosidase A with E66Q Amino Acid Substitution. Mol. Genet. Metab., 105, 615-620 (2012).

研究業績5

Mutant α-galactosidase A with M296I does not cause elevation of the plasma globotriaosylsphingosine level. Mol. Gnet. Metab., 107, 623-626 (2012).

このページの上へ