研究

研究室

教授:池田 玲子(イケダ レイコ)

役職名 教務委員長,動物研究施設長
研究室 感染制御学
最終学歴 明治薬科大学大学院薬学研究科修士課程 (1978年3月)
学位 薬学博士 (明治薬科大学:1983年)
講義科目 微生物学I、微生物学II、生命科学実習Ⅳ、 院・生命創薬科学専攻・感染制御学A、薬学専攻・病態微生物学・免疫学
専門分野 病原微生物学
研究課題 病原真菌の病原性因子 微生物間相互作用と細胞表層物質 病原性酵母の表層抗原と血清学的診断法への応用
所属学会 日本薬学会、日本医真菌学会、日本細菌学会、日本感染症学会、日本菌学会、日本ウイルス学会、International Society for Human and Animal Mycology, American Society for Microbiology
学会活動 日本医真菌学会評議員・代議員(1988-)・標準化委員(1998-2013)・教育委員 (2003-2005)・編集委員(2012-)
学内委員 教務委員会、大学院運営委員会、入試広報委員会、評価委員会、自己点検・評価委員会、国家試験・CBT対策委員会、予算・施設委員会、バイオハザード安全委員会、動物研究施設運営委員会、動物実験委員会、ハラスメント防止委員会、新カリキュラム検討委員会、CBT実施委員会、薬学専攻委員会、不正防止計画推進委員会、
社会活動 国立精神・神経医療研究センター治験審査委員会外部委員 (2004-2014)、社団法人埼玉県病院薬剤師会評価委員(2011-)
依頼公演 第19 回 酵母合同シンポジウム「病原性酵母Cryptococcus neoformans の黄色ブドウ球菌接着によるアポトーシス様細胞死の解析」(東京、2010) 第55回日本医真菌学会総会「細菌接着に誘導されるCryptococcus neoformansのアポトーシス様細胞死」(東京、2011) 第36回関東医真菌懇話会「病原真菌の表層物質と生体分子との相互作用」(東京、2015)
受賞歴 日本医真菌学会賞
研究業績1 Possible participation of the Rho/Rho-associated coiled-coil-forming kinase pathway in the cell death of Cryptococcus neoformans caused by Staphylococcus aureus adherence.Microbiol Immunol. 55, 552-557 (2011) . 参照情報
研究業績2 Resistance of Asian Cryptococcus neoformans serotype A is confined to few microsatellite genotypes.PLoS One. 7, e32868 (2012) . 参照情報
研究業績3 Geographically structured populations of Cryptococcus neoformans Variety grubii in Asia correlate with HIV status and show a clonal population structure. PLoS One.8, e72222 (2013). 参照情報
研究業績4 Interaction of surface molecules on Cryptococcus neoformans with plasminogen. FEMS Yeast Res. 14, 445-450 (2014). 参照情報
研究業績5 Detection and characterization of plasminogen receptors on clinical isolates of Trichosporon asahii. FEMS Yeast Res. 14, 1186-1195 (2014). 参照情報

研究業績6 Comparative Analysis of Extracellular Polymeric Substances from Cryptococcus gattii VGIIa Strain Isolated for the First Time in Japan.Med Mycol J. 57, E1-7 (2016) 参照情報
研究業績7 Switching of colony morphology and adhesion activity of Trichosporon asahii clinical isolates. Med Mycol. 54, 189-196 (2016)
研究業績8 Multilocus sequence typing analysis reveals that Cryptococcus neoformans var. neoformans is a recombinant population. Fungal Genet Biol.87, 22-29 (2016) 参照情報
研究業績9 Cell surface hydrophobicity and colony morphology of Trichosporon asahii clinical isolates. Yeast. 34, 129-137(2017) 参照情報
研究業績10 Growth Inhibition of an Opportunistic Yeast Pathogen Trichosporon asahii by Staphylococcus epidermidis.Biol Pharm Bull. 40, 693-697 (2017) 参照情報