教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:池上 洋二(イケガミ ヨウジ)

-

研究室

薬物動態学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程(1990年3月)

学位

薬学博士(明治薬科大学:1990年)

講義科目

薬物治療学V, W、症例解析演習T,U、臨床開発コース特論・演習、病理学、薬物治療学要論T,U、薬学専攻大学院・薬剤学特論及び演習、事前実務実習T, U、臨床薬学基礎実習

専門分野

細胞内薬物動態学、臨床薬学、がん化学療法

研究課題

がん化学療法における薬剤耐性機構の解明とその克服、 薬物輸送機構に基づいた創薬分子デザイン(薬物輸送トランスポーター阻害剤の開発とその臨床応用)

所属学会

日本癌学会、がん分子標的治療学会、日本薬学会、日本薬物動態学会、情報計算化学生物学会、日本臨床腫瘍学会

学会活動

日本薬学会第128年会プログラム委員(2007-2008)

学内委員

出版委員会(1997-)、学生実習委員会(2004-2006)、新給与体系に関する協議会(2007-2011)、学外実務実習委員会(病院実習部門)(2009-)、学内実務実習委員会(事前実務実習部門)(2011-)、入試広報委員会(2014-2015)、国家試験・CBT対策委員会(2016−)

依頼公演

ヤクルト本社中央研究所講演会「ABCトランスポーターと薬剤応答性」(東京、2003)、東京工業大学大学院生命理工学研究科生体分子機能工学専攻セミナー「ポストゲノム時代の挑戦:ABCトランスポーターに基づく創薬分子デザイン」(神奈川、2004)、がん専門家養成コース特別講義オープンレクチャー(順天堂大学大学院がん生涯教育センター、2010)、第4回ポルフィリン−ALA学会年会招待講演「ヒトABCトランスポーターABCG2阻害剤TKI-Xの併用によるALA光線力学療法に治療向上の可能性について:in vitroおよびin vivo実験による検証と将来展望」(神戸、2014)

研究業績1

Re-evaluation and functional classification of nonsynonymous single nucleotide polymorphisms of the human ATP-binding cassette transporter ABCG2. Cancer Sci. 98, 231-239 (2007)

研究業績2

Gefitinib increases serum concentrations of oral irinotecan and SN-38 without increasing the biliary concentration of SN-38 in rats. Chemotherapy 54, 485-491 (2008)

研究業績3

Phase II trial of erlotinib in patients with advanced non-small-cell lung cancer harboring epidermal growth factor receptor mutations: additive analysis of pharmacokinetics. Cancer Chemother Pharmacol. 72, 1299-1304 (2013)

研究業績4

Gefitinib enhances the antitumor activity of CPT-11 in vitro and in vivo by inhibiting ABCG2 but not ABCB1: a new clue to circumvent gastrointestinal toxicity risk. Chemotherapy. 59, 260-72 (2013)

研究業績5

Inhibition of human ABC transporter ABCG2 by gefitinib to enhance the efficacy of ALA-photodynamic therapy of brain tumor : learning from in vitro and in vivo experiments. ALA-porphyrin science. 2, 27-35 (2013)

研究業績6

Critical Role of ABCG2 in ALA-Photodynamic Diagnosis and Therapy of Human Brain Tumor. Adv Cancer Res. 125, 197-216 (2015) (review)

研究業績7

Article title: Synthesis and ABCG2 inhibitory evaluation of 5-N-acetylardeemin derivatives. Bioorganic & Medicinal Chemistry 23, 2010-2023 (2015)

研究業績8

Pharmacokinetic parameters of gefitinib predict efficacy and toxicity in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring EGFR mutations. Cancer Chemotherapy and Pharmacology 78, 377-382(2016)

研究業績9

Investigation of Bioequivalence Between Brand-name and Generic Irinotecan Products. Anticancer Research 36, 5957-5964 (2016)

研究業績10

Impact of Q141K on the transport of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors by ABCG2. Oncology Reports, in press

このページの上へ