教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:大石 一彦(オオイシ カズヒコ)

-

研究室

薬理学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科博士課程(1985年3月)

学位

薬学博士(明治薬科大学:1985年)

講義科目

薬理学T、薬理学W、 院・機能制御再生学特論

専門分野

薬理学

研究課題

自己再生医療を志向した難治性脳神経疾患の病態解明と創薬

所属学会

日本薬理学会、日本薬学会、日本再生医療学会、日本神経科学会、日本神経化学会、日本分子生物学会、日本生化学会

学会活動

日本薬理学会評議員・代議員(1992-)、日本再生医療学会代議員(2014-)、日本薬学会代議員・関東支部幹事(2013-)

学内委員

組換えDNA委員会委員長(2012-)、動物実験倫理委員会委員長(2012-)、新カリキュラム委員会(2003-)、予算施設委員会(2004-)、動物実験委員会

社会活動

日本薬学会学術編集委員(2013-)、厚生労働省 薬剤師試験委員(2008-2012、2015-)、厚生労働省 医道審議会専門委員(薬剤師国家試験出題基準改定部会、2008-2012)、文部科学省 私立大学等研究設備整備費等補助金等選定委員(2015-)、Journal of Stem Cells Research, Reviews & Reports, Editorial board member(2014-)、Archives of Stem Cell Research, Editorial board member(2014-)、International referee of the Research Grants Council of Hong Kong(2005-)、潟<fィセオ・パルタックホールディングス薬剤師病態基礎研修最新薬理学講義「薬物受容体と神経機能調節」(東京、大阪、2004)・「自律神経作用薬の作用・副作用」(東京、2005)、研修認定薬剤師制度用eラーニングサイト「MPラーニング」薬剤師用学術知識上級編コンテンツ監修(2005-)・患者説明用コンテンツ監修(2006-)・ヘルスケア活用コンテンツ監修(2006-)、東京都女性薬剤師会研修会「受容体とシグナル伝達のメカニズム」(東京、2007)

依頼公演

第36回日本トキシコロジー学会学術年会(日本薬理学会共催シンポジウム)「iPS細胞の分化と薬理学研究への応用」(盛岡、2009)、第22回日本動物実験代替法学会総会・学術大会(日本組織培養学会共催シンポジウム)「幹細胞から作製する再構成組織標本とその薬理学的解析への応用」(大阪2009)、The 15th International Vascular Biology Meeting, "Microvascular Pericytes from mouse brain parenchyma contract isometrically."(Sydney, Australia, 2008)、 The 11th International Vascular Neuroeffector Mechanisms and Cardiovascular Pharmacology and Medicine Symposia (15th World Congress of Pharmacology Satellite Meeting) “Endothelial cells from neural stem cells? Angiogenic potential of neural stem cells.” (Shanghai-Suzhou, China, 2006)、第16回脳血管シンポジウム「脳血管系を形成できる多能性神経幹細胞」(大阪、2006)、生体機能と創薬シンポジウム2004「神経幹細胞による脳血管新生−脳虚血後における関与−」(名古屋、2004)、実行委員長 第4回応用薬理シンポジウム「脳血管系治療薬創出の新たな基盤〜隔たれた脳神経系とのクロストーク〜」実行委員長(東京、2003)、第4回応用薬理シンポジウム「脳血管系治療薬創出の新たな基盤〜隔たれた脳神経系とのクロストーク〜」実行委員長(2002、東京)

受賞歴

第8回日本薬理学会JJP優秀論文賞(2003)、第10回日本薬理学会JPS優秀論文賞(2005)

研究業績1

Studies using LIF knockout mice and a LIF adenoviral vector demonstrate a key anti-inflammatory role for this cytokine in cutaneous inflammation. J. Immunol. 166, 2049-2054 (2001)

研究業績2

Contractile responses of smooth muscle cells differentiated from rat neural stem cells. J. Physiol. (Lond.) 540, 139-152 (2002)

研究業績3

Role of the short isoform of myosin light chain kinase in the contraction of cultured smooth muscle cells as examined by its down-regulation. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 99, 9556-9561 (2002)

研究業績4

Angiogenic potential of CD44+ CD90+ multipotent CNS stem cells in vitro. Biochem Biophys Res Commun. 349, 1065-1072 (2006)

研究業績5

Isometric contraction of microvascular pericytes from mouse brain parenchyma. Microvasc. Res. 19, 288-300 (2007)

研究業績6

In vitro development of gut-like tissue demonstrating rhythmic contractions from embryonic mouse intestinal cells. Neurogastroenterol. Motil. 73, 20-28 (2007)

研究業績7

Impaired neural differentiation of induced pluripotent stem cells generated from a mouse model of Sandhoff disease. PLoS ONE 8, e55856 (2013)

研究業績8

Induced Pluripotent Stem Cells Generated from P0-Cre;Z/EG Transgenic Mice. PLoS ONE 10, e0138620 (2015)

研究業績9

FcRγ-dependent immune activation initiates astrogliosis during the asymptomatic phase of Sandhoff disease model mice. Sci. Rep. 7, srep40518 (2017)

研究業績10

Abnormal differentiation of Sandhoff disease model mouse-derived multipotent stem cells toward a neural lineage. PLoS ONE 12, e01178978 (2017)

このページの上へ