教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:石橋 賢一(イシバシ ケンイチ)

-

研究室

病態生理学

最終学歴

東京医科歯科大学医学部医学科卒業 (1981年3月)

学位

博士(医学) (東京医科歯科大学:1993年)

講義科目

病態生理学、薬物治療学1,6、臨床生理、症例解析演習I、医療の歴史、臨床薬学英語A, B、事前実務実習 院・薬学専攻・病態生理学特論と演習

専門分野

内科、腎臓内科、高血圧、水・電解質代謝、水チャネル、医学英語、医学史

研究課題

水チャネル(アクアポリン)の病態生理。多発性のう胞腎の病態生理。腎薬物代謝と処方解析。腎不全の筋代謝。尿エキソゾーム解析

所属学会

日本腎臓学会、日本薬学会、日本薬理学会、アメリカ腎臓学会

学会活動

日本腎臓学会法人評議員

学内委員

マルチメディア教育委員会

社会活動

Editorial Review Board of the American Journal of Physiology: Regulatory, Integrative and Comparative Physiology (2008ー)。教科書Navigateシリーズ:神経疾患、腎疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、消化器疾患;単著:医学書院 (2013, 2014, 2015, 2017)。水とアクアポリンの生物学;分担:中山書店(2008)。からだと水の事典;編著者:朝倉書店(2008)。腎臓内科学(医学スーパーラーニングシリーズ);分担:シュプリンガージャパン(2010)。progress症例解析演習;分担:京都廣川書店(2015)。病態生理と薬物治療;分担:オーム社(2017)

依頼公演

2014第42回日本磁気共鳴医学会大会:シンポジウム「アクアポリンによる水輸送調節:細胞膜アクアポリンと細胞内膜アクアポリン」。2014日本薬学会134年会:シンポジウム「AQP欠損からみたAQPの役割:AQP11と多発性のう胞腎」2015消費者力開発協会「メタボリック症候群とサプリメント」,2016&2017消費者力開発協会「ジェネリック医薬品とサプリメント」

受賞歴

2012日本腎臓学会ベストサイテーション賞

研究業績1

Inoue Y, Sohara E, Kobayashi K, Chiga M, Rai T, Ishibashi K, Horie S, Su X, Zhou J, Sasaki S, Uchida S. Aberrant Glycosylation and Localization of Polycystin-1 Cause Polycystic Kidney in an AQP11 Knockout Model. J Am Soc Nephrol. 25:2789-99, 2014 参照情報

研究業績2

Tanaka Y, Watari M, Saito T, Morishita Y, Ishibashi K: Enhanced Autophagy in Polycystic Kidneys of AQP11 Null Mice. Int. J. Mol. Sci. 2016, 17(12), 1993 参照情報

研究業績3

Nameta M, Saijo Y, Ohmoto Y, Katsuragi K, Yamamoto K, Yamamoto T, Ishibashi K, Sasaki S. Disruption of Membranes of Extracellular Vesicles Is Necessary for ELISA Determination of Urine AQP2: Proof of Disruption and Epitopes of AQP2 Antibodies. Int J Mol Sci. 2016 Sep 26;17(10). pii: E1634 参照情報

研究業績4

Koike S, Tanaka Y, Matsuzaki T, Morishita Y, Ishibashi K.Aquaporin-11 (AQP11) Expression in the Mouse Brain.Int. J. Mol. Sci. 2016, 17(6), 861 参照情報

研究業績5

Yoshizawa H, Morishita Y, Watanabe M, Ishibashi K, Muto S, Kusano E, Nagata D. TGF-β?-siRNA delivery with nanoparticles inhibits peritoneal fibrosis. Gene Ther. 2015 Apr;22(4):333-40. 参照情報

研究業績6

Tanaka Y, Morishita Y, Ishibashi K. Aquaporin10 is a pseudogene in cattle and their relatives. Biochemistry and Biophysics Reports.1: 16-21, 2015 参照情報

研究業績7

Morishita Y et al. Delivery of microRNA-146a with polyethylenimine nanoparticle inhibits renal fibrosis in vivo.International Journal of Nanomedicine. 10: 3475-3488, 2015 参照情報

研究業績8

Miyoshi T, Yamaguchi T, Ogita K, Tanaka Y, Ishibashi K, Ito H, Kobayashi T, Nakagawa T, Ito J, Omori K1, Yamamoto N:Quantitative Analysis of Aquaporin Expression Levels during the Development and Maturation of the Inner Ear.J Assoc Res Otolaryngol. 2017 Apr;18(2):247-261. 参照情報

研究業績9

Ishibashi K, Morishita Y, Tanaka Y. The Evolutionary Aspects of Aquaporin Family. Adv Exp Med Biol.969: 35-50. 2017 (review) 参照情報

研究業績10

Ishibashi K, Tanaka Y, Morishita Y.The role of mammalian superaquaporins inside the cell. Biochim Biophys Acta. 2014 May;1840(5):1507-12(review) 参照情報

このページの上へ