研究

研究室

教授:齋藤 直樹(サイトウ ナオキ)

役職名

大学院薬学研究科長,大学院運営委員長,機器分析センター長,アジア・アフリカ創薬研究センター長

研究室

薬化学

最終学歴

千葉大学大学院薬学研究科修士課程(1980年3月)

学位

薬学博士(千葉大学:1988年)

講義科目

有機化学III.・IV、精密合成化学 院・生命創薬科学専攻・医薬品化学、院)創薬資源化学特論A、総合薬学特論、研究倫理特論

専門分野

有機合成化学、天然物化学

研究課題

生物活性アルカロイドの合成 抗腫瘍活性海洋天然物の探索及び合成化学的展開 東南アジア海洋生物に関するバイオプロスペクティングリサーチ

所属学会

日本薬学会、有機合成化学協会、アメリカ化学会、国際複素環化学会

学会活動

日本薬学会・関東支部幹事(2003-2004, 2008-2009)・ファルマシア編集委員(2005-2008)・薬学雑誌編集委員(2006-2009)、日本薬学会第128年会組織委員会総務委員(2007-2008)、厚生労働省薬剤師試験委員会委員(2008-2013)、日本薬学会代議員(2011-2012, 2014-2015 2017-2020)、日本薬学会化学系薬学部会役員(2011-2014, 2016-2017, 2019)、大学基準協会分科会委員(2018-2020)、厚生労働省医道審議会専門委員会委員(2017-2020)

学内委員

大学院研究科長(2014-)、大学院運営委員会(副委員長、2000-2013)、アジア・アフリカ創薬研究センター(副センター長、2006-2012)、同センター長(2013-)、機器分析センター長(2011-)

社会活動

日本薬学会関東支部市民講座企画委員(2002-2004、委員長2003-2004)、日本学術振興会アジア・アフリカ学術基盤形成事業メンバー(2006-2008, 2010-2012)、日本薬学会学術誌検討WG委員(2009-2011)、日本薬学会新学術誌刊行特別委員会委員(2011-2012)

依頼講演

第57回日本薬学会関東支部大会「タイ国に生息する海洋生物由来アルカロイドを創薬リードとする化学的研究」(東京、2013)、JSPSフィリピン同窓会"Chemistry of antitumor 1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline marine natural products",(2014、マニラ)

日本薬学会第139年会(千葉)

抗腫瘍活性イソキノリン海洋天然物及び関連化合物の化学的研究

受賞歴

薬学研究奨励財団「平成8年度天然物国際会議派遣支援金」受領 平成25年度科学研究費補助金優秀審査委員賞 受賞

2019年度日本薬学会 学術貢献賞 受賞

研究業績1

Chemistry of renieramycins. Part 9: Stereocontrolled total synthesis of (+/-)-renieramycin G Yokoya M., Shinada-Fujino K., Saito N., Tetrahedron Lett., 52, 2446-2449 (2011)

研究業績2

Chemistry of renieramycins. Part 11. Total synthesis of (+/-)-cribrostatin 4 Yokoya M., Ito H., Saito N., Tetrahedron, 67, 9185-9192 (2011)

研究業績3

Chemistry of renieramycins. Part 12: Animproved total synthesis of (+/-)-renieramycin G Yokoya M., Shinada-Fujino K., Yoshida S., Mimura M. Takada H., Saito N., Tetrahedron, 68, 4166-4181 (2012).

研究業績4

Chemistry of renieramycins. Part 13: Isolation and structure of stabilized renieramycin type derivatives, renieramycin W-Y, from Philippine blue sponge Xestospongia sp., prepreated with potassium cyanide Tatsukawa M., Punzalan L. L., Magpantay H. D. S., Villasenor I. M., Concepcion G. P., Suwanborirux K., Yokoya M., Saito N., Tetrahedron, 68, 7422-7428 (2012).

研究業績5

Chemistry of renieramycins. Part 13: Isolation and structure of stabilized renieramycin type derivatives, renieramycin W-Y, from Philippine blue sponge Xestospongia sp., prepreated with potassium cyanide Tatsukawa M., Punzalan L. L., Magpantay H. D. S., Villasenor I. M., Concepcion G. P., Suwanborirux K., Yokoya M., Saito N., Tetrahedron, 68, 7422-7428 (2012).

研究業績6

Preparation of renieramycin left-hand model compounds Nakai K., Yokoya M., Saito N., Tetrahedron, 70, 6529-6545 (2014)

研究業績7

抗腫瘍活性レニエラマイシン海洋天然物の科学的研究 横屋正志、齋藤直樹、有機合成化学協会誌、2015, 73, 723-736.

研究業績8

Stereoselective Totl Synthesis of (-)-Renieramycin T Yokoya T., Toyoshima R., Suzuki T., Le V. H., Williams R. M., Saito N. J. Org. Chem., 2016, 81, 4039-4047.

研究業績9

Chemistry of Renieramycins. 17. A New Generation of Renieramycins: 5-O-Ester Mpphydroquinone Analogues of Renieramycin M as Potential Cytotoxic Agents against Non-Samll-Cell Lung Cancer Cells Chamni S., Sirimangkalakitti N., Chanvorachote P, Saito N., Suwanborarix K. J. Nat. Prod., 2017, 80, 1541-1547.

研究業績10

A Formal Synthesis of (+/--saframycin A Kimura S, Sito N. ChemOpen, 7, 765-777 (2018)..

研究業績11

Renieramycin T Induced Lung Cancer Cell Apoptosis by Targeting Mc-1-1 for Degradation: A New Insight in the Mechanism of Action  Petsri K., Chamni S., Suwanborirux K., Saito N., Chanvorachote P. Marine Drugs, 2019, 17, 301.

著書

アルカロイドの科学:生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで 齋藤直樹(分担執筆)、高山廣光 編、化学同人、2017