教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:小山 清隆(コヤマ キヨタカ)

-

役職名

副学長,生命創薬科学科長

研究室

生薬学

最終学歴

明治薬科大学大学院薬学研究科修士課程(1979年3月)

学位

薬学博士(明治薬科大学:1988年)

講義科目

天然物化学、分子構造解析、薬の発見・発明

専門分野

天然物化学、天然物資源学

研究課題

天然物(植物、キノコ、菌類など)からの、生物活性(血管新生阻害、抗真菌など)物質の単離と構造決定。 新規化合物の生合成研究。 植物を菌により発酵させた材料に含まれる新規成分の構造的研究。

所属学会

日本薬学会、日本生薬学会、マイコトキシン研究会、日本癌学会、日本がん分子標的治療学会

学会活動

マイコトキシン研究会会計担当理事(1996-1998)・集会担当理事(1998-1999)、第52回マイコトキシン研究会学術講演会代表世話人(東京、2002)、日本薬学会広報委員(2005-2008)、Journal of Natural Medicines編集委員(2011-2015)、日本薬学会代議員(2015-2017)、日本生薬学会代議員(2017-)

学内委員

副学長(2015)、生命創薬科学科長(2015)進路就職支援委員会(2002-;委員長2014-)、入試委員会(2014-)、入試広報委員会(2002-2014)、薬草園運営委員会(委員長、2004-2009, 2014-)、薬草園園長(2009-2014)、大学院就職支援検討委員会(2010-;委員長2010-2014)、アジアアフリカ創薬研究センター(副センター長、2013-)、機器分析センター運営委員会委員長(2015-)

社会活動

日本私立大学協会学生生活指導研究委員会委員(2015-)

依頼公演

230th ACS National Meeting「Bioactive components from the fruiting bodies of Boletinus asiaticus and Polyozellus multiplex」(Washington, DC, 2005)、千葉県高機能性食品開発事業化研究会「キノコの生物活性(抗炎症、抗真菌、血管新生阻害)」(千葉、2006)、サイエンスカフェ薬と健康「植物と薬」(多摩六都科学館、2010)

研究業績1

Antiangiogenic metabolites from a marine-derived fungus, Hypocrea vinosa. J. Nat. Prod., 73, 579-582 (2010) 参照情報

研究業績2

KDR kinase inhibitor isolated from the mushroom Boletopsis leucomelas. J. Nat. Prod., 73, 1002-1004 (2010) 参照情報

研究業績3

Hypoxylonols C-F, benzo[j]fluoranthenes from Hypoxylon truncatum. J. Nat. Prod., 75, 22-25 (2012)

研究業績4

Pyridone alkaloids from a marine-derived fungus, Stagonosporopsis cucurbitacearum, and their activities against azole-resistant Candida albicans. J. Nat. Prod., 76, 750-754 (2013) ファイル1:Tet石野2012.pdf

研究業績5

Potential anti-angiogenesis effect of p-terphenyl compounds from Polyozellus multiplex. J. Nat. Prod. 77, 963-968 (2014) ファイル1:INP芳賀さん.pdf

研究業績6

Antiangiogenic activity of Hypoxylonol C. J. Nat. Prod. 77, 1065-1068 (2014)

研究業績7

New sesquiterpenoids isolated from Atractylodes lancea fermented by marine fungus. Tetrahedron 71, 1909-1914 (2015)

研究業績8

New diterpenoids isolated from Stevia rebaudiana fermented by Saccharomyces cerevisiae. Tetrahedron Lett. 56, 4377-4382 (2015)

研究業績9

Macrolides from a marine-derived fungus, Penicillium meleagrinum var. viridiflavum, showing synergistic effects with fluconazole against azole-resistant Candida albicans. J. Nat. Prod. 79, 1208-1212 (2016)

研究業績10

Three novel phomactin-type diterpenes from a marine-derived fungus. Tetrahedron Let.57, 4341-4344 (2016)

このページの上へ