教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:山崎 紀子(ヤマザキ ノリコ)

-

研究室

臨床薬学部門/地域医療学

最終学歴

星薬科大学薬学部薬学科卒業(1982年3月)

学位

博士(臨床薬学)(明治薬科大学:2014年)

講義科目

調剤学,コミュニティファーマシー、医薬品管理学、セルフメディケーション、コース特論・演習

専門分野

地域医療学

研究課題

地域医療における医薬品の適正使用および適正管理に関する研究 地域医療における薬剤師の役割に関する研究

所属学会

日本薬学会、日本医療薬学会、日本社会薬学会、日本地域薬局薬学会、日本セルフメディケーション学会、

学内委員

地域医療コース副責任者、保険薬局実習委員会副委員長、学生厚生委員会、事前実務実習委員会、学生実習委員会、OSCE実施委員会、図書館・資料館運営委員会、研修企画実行委員会、ハラスメント防止委員会、FD委員会、附属薬局運営委員会

社会活動

東京都薬剤師会代議員、東京都薬剤師会実務実習委員会委員、練馬区薬剤師会実務実習委員、東大和市薬剤師会理事、東大和市休日診療所責任者、東大和市学校薬剤師 第二中学校担当、認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップタスクフォース全13回、アドバンストワークショップタスクフォース全2回

研究業績1

The most appropriate storage method in unit-dose package and correlation between color change and decomposition rate of aspirin tablets. Yamazaki N., Taya K., Shimokawa K., Ishii F., Int. J.Pharm., 404, 325-330 (2011).

研究業績2

Selection of generic preparations of famotidine orally disintegrating tablets for use in unit-dose packages. Yamazaki N., Iizuka R., Miyazawa S., Wada Y., Shimokawa K., Ishii F., Drug Discov. Ther., 6, 263-268 (2012).

研究業績3

Adsorption of various antimicrobial agents to endotoxin removal polymyxin-B immomilized fiber(Toraymyxin○R). Shimokawa K., Takakuwa R., Taya K., Wada Y., Yamazaki N., Murata M., Hirata K., Masuno T., Yokota H., Ishii F., Colloids SurfB Biointerfaces., 90, 58-61(2012).

研究業績4

Adsorption of various antimicrobial agents to endotoxin removal polymyxin-B Immobilized fiber (Toraymyxin?). Part 2: Adsorption of two drugs to Toraymyxin PMX-20R Cartridges. Shimokawa K., Takakuwa R., Wada Y., Yamazaki N., Ishii F., Coll. Surf. B Biointerf., 101, 350-352 (2013).

研究業績5

患者ベネフィットおよび安全性確保のためのジェネリック医薬品選択基準[U] 各種ジフルプレドナート含有製品(軟膏剤、クリーム剤およびローション剤)の先発医薬品および後発医薬品における製剤学的特性比較:野澤 充、和田侑子、山ア紀子、下川健一、石井文由、日本地域薬局薬学会誌、2(1)、37-47 (2014)

研究業績6

スポーツファーマシストの認知度とその役割に関する意識調査T−競技者へのアンケート調査−:下川健一、小西由紀、鈴木康大、和田侑子、山ア紀子、北原嘉泰、石井文由、日本地域薬局薬学会誌、2(2)、75-86 (2014)

研究業績7

スポーツファーマシストの認知度とその役割に関する意識調査U−薬剤師へのアンケート調査−:下川健一、小西由紀、鈴木康大、和田侑子、山ア紀子、日野文男、石井文由、日本地域薬局薬学会誌、2(2)、87-98 (2014)

研究業績8

患者ベネフィット、有効性および安全性を考慮したスイッチOTC医薬品の選択基準[T] -ケトチフェンフマル酸含有定量噴霧式点鼻液製剤における1回噴霧量および噴霧可能回数の調査-:小泉茉莉江、阿美翔子、高橋一成、和田侑子、山ア紀子、下川健一、石井文由、日本地域薬局薬学会誌、3 (2)、59-67 (2015)

研究業績9

がん化学療法における病薬連携を目指した地域薬局の取り組み―皮膚障害を副作用に持つ薬への対策―:山ア紀子、阿美翔子、木下莉樺、太田利恵、浅田美子、福田佑見子、野中明人、医療薬学雑誌、42(11)、746-756(2016)

このページの上へ