教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:佐藤 準一(サトウ ジュンイチ)

-

研究室

バイオインフォマティクス

最終学歴

東京医科歯科大学大学院医学研究科博士課程 (1988年3月)

学位

医学博士 (東京医科歯科大学:1988年)

講義科目

(1)学部:生理学、基礎生物学、生命科学実習、薬物治療学要論、薬科学総合実習演習 (2)大学院:バイオインフォマティクス講義・演習

専門分野

バイオインフォマティクス、分子神経病理学、神経内科学

研究課題

(1) マイクロアレイと次世代シークエンサーによる神経疾患関連遺伝子の分子ネットワーク解析 (2) 多発性硬化症・筋萎縮性側索硬化症・プリオン病・パーキンソン病の分子病態の解析 (3) アルツハイマー病のmicroRNAを標的とするゲノム創薬 (4) 那須ハコラ病の臨床病理遺伝学的研究(H21-Nanchi-Ippan-201; H22-Nanchi-Ippan-136 )

所属学会

日本薬学会、日本バイオインフォマティクス学会、日本神経学会、日本神経病理学会、日本神経免疫学会、日本神経科学会、米国神経学会、米国神経科学会、国際神経免疫学会

学会活動

日本神経学会評議員 (2000-2010)、日本神経病理学会評議員 (2000-現在)、日本神経免疫学会評議員 (2001-現在)、東京MS研究会世話人(2002-2016)

学内委員

情報教育研究センター運営委員会(2007-現在)、発明委員会 (2008)、大学院運営委員会 (2008-2009)、ハイテクリサーチセンター運営委員会・ハイテクリサーチセンター長(2008-2013)、新カリキュラム委員会(2010)、ISO14001サイト長(2008-現在)、認知症創薬資源研究開発センター運営委員会・認知症創薬資源研究開発センター長(2015-2017)

社会活動

日本神経学会専門医(1987-現在)、日本内科学会認定医(現在)、国立精神・神経センター神経研究所客員研究員 (2006-現在)、東京医科歯科大学医学部脳神経病態学非常勤講師 (2005-現在)、埼玉県立大学保健医療福祉学部非常勤講師 (2008-現在) 、大泉生協病院内科元非常勤医師(2009-2015)、厚生労働科学難治性疾患克服研究事業那須ハコラ病の臨床病理遺伝学的研究班・班長(2009-2011)、イギリスパーキンソン病Parkinson's UKグラントレビュワー(2011-2015)、イギリス運動ニューロン病MND協会グラントレビュワー(2015)

依頼公演

日本バイオインフォマティクス学会創薬インフォマティクス研究会「実験研究から見た創薬インフォマティクス. マイクロアレイ解析による多発性硬化症の診断・治療のバイオマーカーの探索」 (東京、2007)、The JSPS 2nd Medicinal Chemistry Seminar of Asia/Africa Science Plenary Lecture「Protein microarray analysis of prion protein interactome」(Phuket, Thailand, 2007)、日本薬学会・日本学術会議薬学委員会共催シンポジウム「アレイインフォマティクスの進展」(横浜、2008)、Second German-Japanese Neuroimmunology Symposium. Invited Lecture「Molecular network of the comprehensive multiple sclerosis brain lesion proteome」( Eibsee, Germany, 2009)、Progress in MS Research Conference. MS Research Australia. Invited Lecture「Molecular network of the comprehensive multiple sclerosis brain lesion proteome」(Sydney, Australia, 2009)、文京アカデミア講座「神経難病の創薬」(東京、2013)

受賞歴

米国神経学会会長賞 (1991)、日本臨床免疫学会会長賞 (2004)、日本神経免疫学会賞 (2005)

研究業績1

Aberrant microRNA expression in the brains of neurodegenerative diseases: miR-29a decreased in Alzheimer disease brains targets neuron navigator-3. Neuropathol. Appl. Neurobiol. 36, 320-330 (2010)

研究業績2

Nasu-Hakola disease with a splicing mutation of TREM2 in a Japanese family. Eur. J. Neurol. 18, 1179-1183 (2011)

研究業績3

Molecular network of microRNA targets in Alzheimer’s disease brains. Exp. Neurol. 235, 436-446 (2012)

研究業績4

Dystrophic neurites express C9orf72 in Alzheimer’s disease brains. Alzheimers Res. Ther. 4: 33e (2012) Open Access

研究業績5

Molecular network of ChIP-Seq-based vitamin D receptor target genes. Multi. Scler. 19, 1035-1045 (2013)

研究業績6

Ubiquilin-1 immunoreactivity is concentrated on Hirano bodies and dystrophic neurites in Alzheimer’s disease brains. Neuropathol. Appl. Neurobiol. 39, 817-830 (2013)

研究業績7

TMEM106B expression is reduced in Alzheimer’s disease brains. Alzheimers Res. Ther. 6, e17 (2014) Open Access

研究業績8

LC3, an autophagosome marker, is expressed on oligodendrocytes in Nasu-Hakola disease brains. Orphanet J. Rare Dis. 9, e68 (2014) Open Access

研究業績9

MicroRNA-Seq data analysis pipeline to identify blood biomarkers for Alzheimer’s disease from public data. Biomark. Insight. 10, 21-31 (2015) Open Access

研究業績10

Targeted sequencing approach to identify genetic mutations in Nasu-Hakola disease. Intractable Rare Dis. Res. 5, 269-274 (2016) Open Access

このページの上へ