教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:高橋 晴美(タカハシ ハルミ)

-

研究室

薬剤学

最終学歴

東邦大学薬学部薬学科(1977年3月)

学位

博士(薬学) (明治薬科大学:1992年)

講義科目

薬剤学II、薬剤学III、病院薬学コース特論演習 薬学専攻博士課程薬物動態学特論

専門分野

臨床薬物動態学、臨床薬理学

研究課題

血栓症・血小板血症治療薬の臨床薬理学、 薬物応答性の個人差・人種差に関する薬理遺伝学

所属学会

American College of Clinical Pharmacy(USA)、日本臨床薬理学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本TDM学会、日本薬学会、日本アプライド・セラピューティクス学会

学会活動

American College of ClinicalPharmacy,EditorialBoard (2017-), 日本TDM学会評議員 (2007-)、日本アプライドセラピューティクス学会評議員(2010-)

学内委員

入試委員会、国家試験対策委員会、予算・施設委員会、薬学専攻委員会、動物実験倫理委員会、留学生委員会

社会活動

薬物治療モニタリング研究会幹事(2010-)

依頼公演

第16回日本医療薬学会年会「遺伝子診断の臨床適応の現状;ワルファリンの薬物療法と遺伝子多型」(金沢、2006)、第3回 Platelet Monitoring Conference「ワルファリン応答性の人種差とPK/PD遺伝子多型」(東京、2007)、長野県病院薬剤師会第5回専門薬剤師養成講座「薬物治療を捉えるためのSOAP作成」(松本、2007)、第25回日本TDM学会シンポジウム「抗凝固薬の遺伝子診断と臨床への応用」(東京、2008)、第30回日本臨床薬理学会年会教育講演「warfarin療法の実際(基礎)」(横浜、2009)、第17回薬と医療シンポジウム「ワルファリンの個別化治療にむけた今後の課題」(大阪、2010)、第42回日本臨床検査自動化学会「抗凝固療法の個別化薬物治療」(神戸,2010)、第2回日本アプライド・セラピューティクス学会ワークショップ「科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワ−クショップ:症例解析」(横浜,2010)、第32回日本臨床薬理学会年会シンポジウム「抗凝固薬の個別化治療:ゲノム情報の臨床的意義」(浜松,2011)、第32回日本TDM学会・学術大会教育講演「症例を用いたTDMの学部教育:遊離形濃度をイメージした薬物投与設計」(松本,2015)

受賞歴

日本薬物動態学会ベストポスター賞(1998)、臨床薬理研究振興財団学術論文賞(1999)、日本薬物動態学会ベストポスター賞(2001)、日本臨床薬理学会ベストポスター賞(2005),日本薬学会関東支部大会優秀研究発表賞(2005)

研究業績1

Pharmacogenetics of CYP2C9 and interindividual variability in anticoagulant response to warfarin.   Pharmacogenomics Journal pp. 202-214 Nature publishing group, London (2003) (review)

研究業績2

5’-Flanking region polymorphisms of CYP2C9 and their relationship to S-warfarin metabolism in Caucasian and Japanese patients. Blood 103, 3055-3057 (2004)

研究業績3

Different contributions of polymorphisms in VKORC1 and CYP2C9 to intra- and inter-population differences in maintenance dose of warfarin in Japanese, Caucasians and African-Americans. Pharmacogenetics and Genomics 16, 101-110 (2006)

研究業績4

Clinical Pharmacokinetics of oral antiarrhythmic drugs, In Applied Pharmacokinetics and Pharmacodynamics:Principles of therapeutic drug monitoring,4th ed, pp440-462,Lippincott Williams & Wilkins,Philadelphia(2006)(Book)

研究業績5

Decreased warfarin clearance associated with the CYP2C9 R150H(*8) polymorphism. Clin. Pharmacol. Ther. 91, 660-665(2012)

研究業績6

Inter-individual differences in baseline coagulation activities and their implications for INR control during warfarin initiation therapy. Clin. Pharmacokinet. 51, 799-808 (2012)

研究業績7

Genetic variants associated with warfarin dose in African-American individuals: a genome-wide association study. Lancet,382, 790-796 (2013)

研究業績8

Determinants of the over-anticoagulation response during warfarin initiation therapy in Asian patients based on population pharmacokinetic-pharmacodynamic analyses. PLoS One, 9, e105891(2014)

研究業績9

Factors influencing pharmacokinetics of warfarin in African American: implications for pharmacogenetic dosing algorithms. Pharmacogenomics, 16(3), 217-225 (2015)

研究業績10

Population differences in S-warfarin pharmacokinetics among African Americans, Asians and whites: their influence on pharmacogenetic dosing algorithms. Pharmacogenomics J., doi:10.1038/tpj.2016.57 (Epub ahead of print).

このページの上へ