教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:古源 寛(コゲン ヒロシ)

-

研究室

医薬分子設計学

最終学歴

東京大学大学院薬学系研究科博士課程(1981年3月)

学位

薬学博士(東京大学:1981年)

講義科目

有機化学II、創薬化学 院・生命創薬専攻・医薬品化学特論

専門分野

創薬化学、有機合成化学、天然物化学

研究課題

生体分子の構造情報に基づく薬剤設計 生物活性天然物をリードとする薬の開発研究 生物活性天然物の全合成ならびにその誘導体の構造活性相関

所属学会

日本薬学会、有機合成化学協会、アメリカ化学会

学会活動

東京生薬協会学術表彰者選考委員(2004)、日本薬学会役員等候補者選考委員(2006)・関東支部運営委員(2002-2007)、有機合成化学協会代議員(2010-)、日本薬学会幹事(2014-)、日仏医薬精密化学会議組織委員(2014-)、French-Japanese Symposium 2016実行委員長

学内委員

大学院運営委員会委員、知的財産管理運営委員会委員、大学院就職支援委員会委員長

社会活動

東京工業大学工学部非常勤講師(2002-2004)、東京工業大学大学院理工学系研究科非常勤講師(2005)、東京大学大学院理学系研究科非常勤講師(2006)、北里大学薬学部非常勤講師(2008)、北里大学北里生命科学研究所客員教授(2008-)

依頼公演

日本薬学会第124年会シンポジウム「創薬を指向した生物活性天然物およびその誘導体の合成研究」(大阪、2004)、古賀憲司先生追悼シンポジウム「生合成仮説に基づくインドリン骨格からテトラヒドロキノリン骨格への変換」(東京、2005)、有機合成化学協会九州支部有機合成化学講演会「天然物をリードとする創薬研究:高立体選択的三置換オレフィン構築法の開発と創薬への応用」(熊本、2006)、24th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry:Development of highly stereoselective olefination and practical synthesis of plaunotol(2014, Lyon, France)

研究業績1

Crystal structure and total synthesis of globomycin: establishment of relative and absolute configuration. J. Am. Chem. Soc. 122, 10214-10215 (2000)

研究業績2

Design and synthesis of dual inhibitors of acetylcholinesterase and serotonin transporter targeting potential agents for Alzheimer’s disease. Org. Lett. 4, 3359-3362 (2002)

研究業績3

Design, synthesis and structure-activity relationships of dual inhibitors of acetylcholinesterase and serotonin transporter as potential agents for Alzheimer’s disease. Bioorg. Med. Chem. 11, 1935 (2003)

研究業績4

Synthesis and antimicrobial activity of novel globomycin analogues. Bioorg. Med. Chem. Lett. 13, 2315-2318 (2003)

研究業績5

Stereospecific construction of contiguous quaternary and tertiary stereocenters by rearrangement from indoline-2-methanol to 2,2,3-trisubstituted tetrahydroquinoline: application to an efficinet total synthesis of natural virantmycin. Angew. Chem. Int. Ed. 125, 2540-2543 (2003)

研究業績6

Stereospecific synthesis of 2,2,3-trisubstituted tetrahydroquinolines: application to the total syntheses of benzastatin E and natural virantmycin. Tetrahedron 61, 2075-2104 (2005)

研究業績7

Development of an efficient therapeutic agent for Alzheimer's disease: design and synthesis of dual inhibitors of acetylcholinesterase and serotonin transporter: Chem. Pharm. Bull. 56, 273-287 (2010)

研究業績8

Improved preparation of methyl bis(2,2,2-trifluoroethoxy)bromophosphonoacetate for the stereoselective synthesis of (E)-α-bromoacrylates, Chem. Pharm. Bull. 59, 108-110 (2013)

研究業績9

Studies toward the second-generation synthesis of epolactaene: Highly stereoserective construction of the epoxy-γ-lactam moiety. Synlett. 25, 2337-2340 (2014)

研究業績10

Establishment of relative and absolute configurations of phaeosphaeride A: Ttotal synthesis of ent-phaeosphaeride A. J. Org. Chem. 80, 1243-1248 (2015)

このページの上へ