教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:駒田 陽子(コマダ ヨウコ)

-

研究室

心理学

最終学歴

早稲田大学大学院人間科学研究科生命科学専攻博士課程後期修了(2002年3月)

学位

博士(人間科学)(早稲田大学:2002年)

講義科目

人間関係論、心理学

専門分野

時間生物学、睡眠学、心理学

研究課題

わが国におけるSocial jetlagの実態と心身の健康に及ぼす影響の検討(文部科学省 平成28-30年度 科学研究費補助金 基盤研究C)

所属学会

日本心理学会、日本睡眠学会、日本時間生物学会、日本臨床神経生理学会

学会活動

日本睡眠学評議員、日本時間生物学会評議員、日本時間生物学会編集委員

学内委員

学生厚生委員会(2017-)、早期体験学習委員会(2017-)、 図書館・資料館運営委員会(2017-)

社会活動

科学研究費委員会専門委員、東京医科大学客員准教授(2017-)、早稲田大学持続型食農バイオ研究所招聘研究員(2017-)

依頼公演

日本学校保健会夏季セミナー「生活習慣・学力と睡眠教育」(2016)

受賞歴

第38回日本睡眠学会研究奨励賞、第11回日本時間生物学会学術奨励賞 臨床・社会部門

研究業績1

Japanese version of the Munich Parasomnia Screening: translation and linguistic validation of a screening instrument for parasomnias and nocturnal behaviors. Neuropsychiatr Dis Treat. 2015;11:2953-2958. 参照情報

研究業績2

Effects of television luminance and wavelength at habitual bedtime on melatonin and cortisol secretion in humans. Sleep Biol Rhythms. 2015;13:316-322. 参照情報

研究業績3

Comparison of clinical features between primary and drug-induced sleep-related eating disorder. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016;12:1275-280. 参照情報

研究業績4

Social jetlag affects subjective daytime sleepiness in school-aged children and adolescents: A study using the Japanese version of the Pediatric Daytime Sleepiness Scale (PDSS-J). Chronobiol Int. 2016;33(10):1311-1319. 参照情報

研究業績5

Prevalence of Circadian Rhythm Sleep-Wake Disorders and Associated Factors in Euthymic Patients with Bipolar Disorder. PLoS One. 2016;11(7):e0159578. 参照情報

研究業績6

Prevalence of and Factors Associated With Sleep-Related Eating Disorder in Psychiatric Outpatients Taking Hypnotics. J Clin Psychiatry. 2016;77(7):e892-8. 参照情報

研究業績7

Relationship between Self-Reported Dietary Nutrient Intake and Self-Reported Sleep Duration among Japanese Adults. Nutrients. 2017;9(2). pii: E134. 参照情報

研究業績8

Excessive daytime sleepiness in adults with possible attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD): a web-based cross-sectional study. Sleep Med. 2017;32:4-9. 参照情報

研究業績9

Higher sleep reactivity and insomnia mutually aggravate depressive symptoms: a cross-sectional epidemiological study in Japan. Sleep Med. 2017;33:130-133. 参照情報

研究業績10

「睡眠と子どもの心身の発達」学術会議叢書23「子どもの健康を育むために−医療と教育のギャップを克服する」 公益財団法人日本学術協力財団発行, 2017年, pp13-27. 参照情報

このページの上へ