研究

研究室

准教授:駒田 陽子(コマダ ヨウコ)

研究室

心理学

最終学歴

早稲田大学第一文学部哲学科心理学専修

早稲田大学大学院人間科学研究科生命科学専攻博士課程後期修了

学位

博士(人間科学)(早稲田大学)

講義科目

人間関係論、心理学、総合人文社会科学、薬学研究コース、地域医療研究コース

専門分野

時間生物学、睡眠学、心理学

研究課題

睡眠負債と社会的ジェットラグがリプロダクティブヘルスに及ぼす影響(文部科学省 平成31-令和4年度 科学研究費補助金 基盤研究C)

わが国におけるSocial jetlagの実態と心身の健康に及ぼす影響の検討(文部科学省 平成28-30年度 科学研究費補助金 基盤研究C)

所属学会

日本心理学会、日本睡眠学会、日本時間生物学会

学会活動

日本時間生物学会理事、日本睡眠学幹事、日本時間生物学会編集委員

学内委員

学生厚生委員会(2017-)、早期体験学習委員会(2017-)、体験学習委員会(2017-)、 図書館・資料館運営委員会(2017-)、地域医療研究コース(2018-)、CBT実施委員会(2019-)、過半数代表者選挙管理委員会(2020-)

社会活動

東京医科大学客員准教授(2017-)、早稲田大学持続型食農バイオ研究所招聘研究員(2017-)、明治薬科大学生活協同組合監事(2017-)、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所客員研究員(2021-)

依頼公演

日本学校保健会特別セミナー「生活習慣・学力と睡眠教育」(2017)、日経ウーマノミクス・プロジェクト特別セミナー「体内リズムと目覚め」(2018)、東京医科大学市民公開講座「どう対処する?子どもの睡眠問題、母親の睡眠負債」(2019)

受賞歴

第38回日本睡眠学会研究奨励賞、

第11回日本時間生物学会学術奨励賞 臨床・社会部門

連絡先

komay [at] my-pharm.ac.jp

原著論文

Korman M, Tkachev V, Reis C, Komada Y, Kitamura S, Gubin D, Kumar V, Roenneberg T. Outdoor daylight exposure and longer sleep promote wellbeing under COVID-19 mandated restrictions. J Sleep Res. 2021 Sep 21:e13471. 参照情報

Takaesu Y, Shimura A, Komada Y, Futenma K, Ishii M, Sugiura K, Watanabe K, Inoue Y. The association of sleep duration on workdays or free days and social jetlag with job stress. Psychiatry Clin Neurosci. 2021 Aug;75(8):244-249. 参照情報

Okajima I, Komada Y, Ito W, Inoue Y. Sleep Debt and Social Jetlag Associated with Sleepiness, Mood, and Work Performance among Workers in Japan. Int J Environ Res Public Health. 2021 Mar 12;18(6):2908. 参照情報

Komada Y, Ishibashi Y, Hagiwara S, Kobori M, Shimura A. A Longitudinal Study of Subjective Daytime Sleepiness Changes in Elementary School Children Following a Temporary School Closure Due to COVID-19. Children. 2021 Mar 1;8(3):183. 参照情報

Komada Y, Sato M, Ikeda Y, Kami A, Masuda C, Shibata S. The Relationship between the Lunar Phase, Menstrual Cycle Onset and Subjective Sleep Quality among Women of Reproductive Age. Int J Environ Res Public Health. 2021 Mar 21;18(6):3245. 参照情報

Kanda Y, Takaesu Y, Kobayashi M, Komada Y, Futenma K, Okajima I, Watanabe K, Inoue Y. Reliability and validity of the Japanese version of the Biological Rhythms Interview of Assessment in Neuropsychiatry-self report for delayed sleep-wake phase disorder. Sleep Med. 2021 Feb 18;81:288-293. 参照情報

Korman M, Tkachev V, Reis C, Komada Y, Kitamura S, Gubin D, Kumar V, Roenneberg T. COVID-19-mandated social restrictions unveil the impact of social time pressure on sleep and body clock. Sci Rep. 2020 Dec 17;10(1):22225. 参照情報 関連情報1 関連情報2

Komada Y, Okajima I, Kuwata T. The Effects of Milk and Dairy Products on Sleep: A Systematic Review. Int J Environ Res Public Health. 2020 Dec 16;17(24):9440. 参照情報

Matsui K, Kuriyama K, Yoshiike T, Nagao K, Ayabe N, Komada Y, Okajima I, Ito W, Ishigooka J, Nishimura K, Inoue Y. The effect of short or long sleep duration on quality of life and depression: an internet-based survey in Japan. Sleep Med. 2020 Oct 15;76:80-85. 参照情報

Matsui K, Komada Y, Nishimura K, Kuriyama K, Inoue Y. Prevalence and Associated Factors of Nocturnal Eating Behavior and Sleep-Related Eating Disorder-Like Behavior in Japanese Young Adults: Results of an Internet Survey Using Munich Parasomnia Screening. J Clin Med. 2020 Apr 24;9(4):1243. 参照情報

Komada Y, Ikeda Y, Sato M, Kami A, Masuda C, Shibata S. Subjective Sleep disturbance and psychological distress are associated with menstrual problems. J Womens Health Care. 2019 8:1-5.参照情報

Komada Y, Okajima I, Kitamura S, Inoue Y. A survey on social jetlag in Japan: a nationwide, cross-sectional Internet survey. Sleep Biol Rhythms. 2019 17:417-422. 参照情報

Haraguchi A, Komada Y (Co-first author), Inoue Y, Shibata S. Correlation among clock gene expression rhythms, sleep quality, and meal conditions in delayed sleep-wake phase disorder and night eating syndrome. Chronobiol Int. 2019 Mar 28:1-14.参照情報

Komada Y, Ikeda Y, Sato M, Kami A, Masuda C, Shibata S. Social jetlag and menstrual symptoms among female university students. Chronobiol Int. 2019 Feb;36(2):258-264. 参照情報

Shimura A, Hideo S, Takaesu Y, Nomura R, Komada Y, Inoue T. Comprehensive assessment of the impact of life habits on sleep disturbance, chronotype, and daytime sleepiness among high-school students. Sleep Med. 2018 Apr;44:12-18. 参照情報

Takaesu Y, Inoue Y, Ono K, Murakoshi A, Futenma K, Komada Y, Inoue T. Circadian Rhythm Sleep-Wake Disorders Predict Shorter Time to Relapse of Mood Episodes in Euthymic Patients With Bipolar Disorder: A Prospective 48-Week Study. J Clin Psychiatry. 2018 Jan/Feb;79(1). pii: 17m11565. 参照情報

Narisawa H, Komada Y, Miwa T, Shikuma J, Sakurai M, Odawara M, Inoue Y. Prevalence, symptomatic features, and factors associated with sleep disturbance/insomnia in Japanese patients with type-2 diabetes. Neuropsychiatr Dis Treat. 2017 Jul 18;13:1873-1880. 参照情報

Nakajima S, Komada Y, Sasai-Sakuma T, Okajima I, Harada Y, Watanabe K, Inoue Y. Higher sleep reactivity and insomnia mutually aggravate depressive symptoms: a cross-sectional epidemiological study in Japan. Sleep Med. 2017 May;33:130-133. 参照情報

Ito W, Komada Y, Okajima I, Inoue Y. Excessive daytime sleepiness in adults with possible attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD): a web-based cross-sectional study. Sleep Med. 2017 Apr;32:4-9. 参照情報

Komada Y, Narisawa H, Ueda F, Saito H, Sakaguchi H, Mitarai M, Suzuki R, Tamura N, Inoue S, Inoue Y. Relationship between Self-Reported Dietary Nutrient Intake and Self-Reported Sleep Duration among Japanese Adults. Nutrients. 2017 Feb 13;9(2). pii: E134. 参照情報

Komada Y, Breugelmans R, Drake CL, Nakajima S, Tamura N, Tanaka H, Inoue S, Inoue Y. Social jetlag affects subjective daytime sleepiness in school-aged children and adolescents: A study using the Japanese version of the Pediatric Daytime Sleepiness Scale (PDSS-J). Chronobiol Int. 2016;33(10):1311-1319. 参照情報

Komada Y, Takaesu Y, Matsui K, Nakamura M, Nishida S, Kanno M, Usui A, Inoue Y. Comparison of clinical features between primary and drug-induced sleep-related eating disorder. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 May 26;12:1275-80. 参照情報

Takaesu Y, Ishikawa J, Komada Y, Murakoshi A, Futenma K, Nishida S, Inoue Y. Prevalence of and Factors Associated With Sleep-Related Eating Disorder in Psychiatric Outpatients Taking Hypnotics. J Clin Psychiatry. 2016 Jul;77(7):e892-8. 参照情報

書籍

駒田陽子・井上雄一(編)「子どもの睡眠ガイドブック」朝倉書店, 2019年 参照情報

駒田陽子・大川匡子「睡眠と子どもの心身の発達」学術会議叢書23「子どもの健康を育むために-医療と教育のギャップを克服する」 公益財団法人日本学術協力財団発行, 2017年, pp13-27. 参照情報

学会シンポジウム・ワークショップ

第28回日本時間生物学会学術大会 シンポジウム『COVID-19パンデミックにおいて時間生物学が貢献できること』「行動制限と睡眠覚醒リズム」2021/11/20-21, 沖縄

日本睡眠学会 第46回定期学術集会 シンポジウム『COVID-19パンデミックをめぐる睡眠問題について』「COVID-19パンデミックと睡眠衛生の変化」 2021/9/23-24, 福岡

日本学術会議 公開シンポジウム『ポストコロナ社会を見据えた睡眠・生活リズムのあり方: コロナ自粛が変えた体のリズムから学ぶ』「一般生活者の生活リズムの変容」2021/8/28, オンライン開催 参照情報

第27回日本行動医学会学術総会 シンポジウム『睡眠負債・社会的時差ボケへの行動医学的対応』「睡眠負債と社会的ジェットラグの問題と対応―発達の視点から」2020/12/11 オンライン開催

第27回日本時間生物学会学術大会 シンポジウム『ヒト生物時計研究の新展開』「ヒト生物時計とリプロダクティブヘルス-概日リズム・睡眠と概月リズム・月経との関係-」2020/9/27 オンライン開催

The 2nd International Forum COGNITIVE NEUROSCIENCE 2019. Plenary lecture. Komada Y. What is sleepiness? Association between subjective and objective sleepiness with cognitive function. 2019/11/6-7, Ekaterinburg, Russia

The 2nd International Forum COGNITIVE NEUROSCIENCE 2019. Symposium ”Chronobiological aspects of psychological well-being and cognition performance” Prevalence of social jetlag in Japan and its associationwith menstrual symptoms among young women. 2019/11/6-7, Ekaterinburg, Russia

第78回日本公衆衛生学会総会 シンポジウム『休養/睡眠の公衆衛生~実践と研究との協働の深化~』「社会的ジェットラグの実態と心身の健康に及ぼす影響」 2019/10/25, 高知

第28回日本睡眠環境学会学術大会 特別講演「眠たい子供、親への対応策」 2019/9/6, 東広島市

第48回日本女性心身医学会学術集会 シンポジウム『ライフスタイルで改善する女性のメンタルヘルス』「女性の睡眠とメンタルヘルス」 2019/6/30, 東京

第20回日本子ども健康科学会 シンポジウム『子どもたちを取り巻く環境をどうするか』「子どもの睡眠負債が危ない」 2018/12/8-9, 千葉

第25回日本時間生物学会学術大会 シンポジウム『「個人、組織、社会の時刻合わせ −最大多数の最大幸福は善か−』「個人における時計合わせ問題: 働く世代の社会的ジェットラグ」 2018/10/20, 長崎

第60回長崎県歯科医学大会 特別講演『睡眠と健康~歯科からの発信~』「快眠のための睡眠衛生指導」2018/9/1, 長崎

The 9th Meeting of Asian Sleep Research Society & the Asian Forum on Chronobiology (AFC & ASRA) joint symposium “Social Entrainment” 2018/7/12, Sapporo

日本睡眠学会第43回定期学術集会 シンポジウム『女性の睡眠負債と健康』「女性の睡眠負債と月経症状・月経周期」 2018/7/13, 札幌

日本睡眠学会第42回定期学術集会 スポンサードシンポジウム『不揃いな時計たち:体内時計と社会時刻のミスマッチ―個人が社会に合わせるべきか、社会が個人を許容すべきか―』「社会的ジェットラグの定義と対応法とは-フレックスタイム制度で問題解決するのか?」2017/6/29-30, 横浜

日本睡眠学会第42回定期学術集会 シンポジウム『女性の睡眠と健康を考える』「女性のライフスタイルと睡眠―母子の睡眠問題を含めて―」2017/6/29-30, 横浜

日本睡眠学会第42回定期学術集会 歯科医師教育セミナー「知っておきたい子どもの睡眠」2017/6/29-30, 横浜

その他

サイエンスアゴラ2021「ヒトの睡眠・人間の睡眠 ―眠らぬ社会の未来を考える―」 科学技術振興機構(JST), 2021/11/7 参照情報

「夏休みの宿題がギリギリなわけ」思考ガチャ!, NHK Eテレ 2021/8/20 参照情報

「眠らない日本社会 コロナ禍に「睡眠改革」が必要な理由」 Forbes Japan, 2020/8/29 参照情報

「週末に寝だめをする人は、生理が重い?最新調査が示す睡眠と月経の関係は」Yahoo! Japanニュース, 2019/4/13 参照情報

「睡眠負債と社会的ジェットラグ」慶應丸の内シティキャンパス ピックアップレポートvol.194, 2019/4/9 参照情報

「睡眠負債が危ない」 NHKスペシャル, 2017/6/18 参照情報