研究

研究室

准教授:駒田 陽子(コマダ ヨウコ)

研究室

心理学

最終学歴

早稲田大学第一文学部哲学科心理学専修

早稲田大学大学院人間科学研究科生命科学専攻博士課程後期修了

学位

博士(人間科学)(早稲田大学)

講義科目

人間関係論、心理学、総合人文社会科学、薬学研究コースB特別講義

専門分野

時間生物学、睡眠学、心理学

研究課題

わが国におけるSocial jetlagの実態と心身の健康に及ぼす影響の検討(文部科学省 平成28-30年度 科学研究費補助金 基盤研究C)

所属学会

日本心理学会、日本睡眠学会、日本時間生物学会

学会活動

日本睡眠学評議員、日本時間生物学会評議員、日本時間生物学会編集委員

学内委員

学生厚生委員会(2017-)、早期体験学習委員会(2017-)、体験学習委員会(2017-)、 図書館・資料館運営委員会(2017-)、地域医療研究コース(2018-)

社会活動

東京医科大学客員准教授(2017-)、早稲田大学持続型食農バイオ研究所招聘研究員(2017-)、明治薬科大学生活協同組合監事(2017-)

依頼公演

日本学校保健会特別セミナー「生活習慣・学力と睡眠教育」(2017)、日経ウーマノミクス・プロジェクト特別セミナー「体内リズムと目覚め」(2018)、東京医科大学市民公開講座「どう対処する?子どもの睡眠問題、母親の睡眠負債」(2019)

受賞歴

第38回日本睡眠学会研究奨励賞、

第11回日本時間生物学会学術奨励賞 臨床・社会部門

研究業績1

Komada Y, Ikeda Y, Sato M, Kami A, Masuda C, Shibata S. Social jetlag and menstrual symptoms among female university students. Chronobiol Int. 2018 [Epub ahead of print] 参照情報

研究業績2

Shimura A, Hideo S, Takaesu Y, Nomura R, Komada Y, Inoue T. Comprehensive assessment of the impact of life habits on sleep disturbance, chronotype, and daytime sleepiness among high-school students. Sleep Med. 2018 Apr;44:12-18. 参照情報

研究業績3

Narisawa H, Komada Y, Miwa T, Shikuma J, Sakurai M, Odawara M, Inoue Y. Prevalence, symptomatic features, and factors associated with sleep disturbance/insomnia in Japanese patients with type-2 diabetes. Neuropsychiatr Dis Treat. 2017 Jul 18;13:1873-1880. 参照情報

研究業績4

Nakajima S, Komada Y, Sasai-Sakuma T, Okajima I, Harada Y, Watanabe K, Inoue Y. Higher sleep reactivity and insomnia mutually aggravate depressive symptoms: a cross-sectional epidemiological study in Japan. Sleep Med. 2017 May;33:130-133. 参照情報

研究業績5

Ito W, Komada Y, Okajima I, Inoue Y. Excessive daytime sleepiness in adults with possible attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD): a web-based cross-sectional study. Sleep Med. 2017 Apr;32:4-9. 参照情報

研究業績6

Komada Y, Narisawa H, Ueda F, Saito H, Sakaguchi H, Mitarai M, Suzuki R, Tamura N, Inoue S, Inoue Y. Relationship between Self-Reported Dietary Nutrient Intake and Self-Reported Sleep Duration among Japanese Adults. Nutrients. 2017 Feb 13;9(2). pii: E134. 参照情報

研究業績7

Komada Y, Breugelmans R, Drake CL, Nakajima S, Tamura N, Tanaka H, Inoue S, Inoue Y. Social jetlag affects subjective daytime sleepiness in school-aged children and adolescents: A study using the Japanese version of the Pediatric Daytime Sleepiness Scale (PDSS-J). Chronobiol Int. 2016;33(10):1311-1319. 参照情報

研究業績8

Komada Y, Takaesu Y, Matsui K, Nakamura M, Nishida S, Kanno M, Usui A, Inoue Y. Comparison of clinical features between primary and drug-induced sleep-related eating disorder. Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 May 26;12:1275-80. 参照情報

研究業績9

Takaesu Y, Ishikawa J, Komada Y, Murakoshi A, Futenma K, Nishida S, Inoue Y. Prevalence of and Factors Associated With Sleep-Related Eating Disorder in Psychiatric Outpatients Taking Hypnotics. J Clin Psychiatry. 2016 Jul;77(7):e892-8. 参照情報

研究業績10

「睡眠と子どもの心身の発達」学術会議叢書23「子どもの健康を育むために-医療と教育のギャップを克服する」 公益財団法人日本学術協力財団発行, 2017年, pp13-27. 参照情報