教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:矢久保 修嗣(ヤクボ シュウジ)

-

研究室

臨床漢方

最終学歴

日本大学大学院医学研究科博士課程修了(1988年3月)

学位

医学博士(日本大学:1988年)

講義科目

生薬学,伝統医学入門,伝統医学概論

専門分野

漢方医学,漢方薬

研究課題

漢方医学教育,漢方医学用シミュレータ開発,漢方医学用語,漢方薬の薬効評価

所属学会

日本東洋医学会,和漢医薬学会,天然薬物研究方法論アカデミー研究会,日本内科学会,日本医学教育学会,日本病院総合診療医学会,日本臨床栄養学会,微小電位研究会,電話電送心電図研究会

学会活動

日本東洋医学会(常務理事,用語および病名分類委員会担当副理事,保険委員会担当副理事,東京都部会幹事),和漢医薬学会(理事),天然薬物研究方法論アカデミー(理事),微小電位研究会(幹事),電話電送心電図研究会(幹事)

社会活動

厚生労働省社会保障審議会統計分科会疾病、傷害及び死因分類専門委員,WHO国際疾病分類会議伝統医学用語助言グループ(TAG)メンバー,(財)日本漢方研究所参事,日本東洋医学研究機関連絡協議会理事,漢方と最新治療編集委員,P&M Kampo編集委員,Zoonosis協会副理事長,(NPO)サイモントン療法協会理事,日本漢方医学教育連絡協議会幹事

依頼公演

「わかりやすい漢方〜入門から実践まで〜漢方医学概論」北区医師会学術講演会(東京,2006).「消化器症状に対するKampo strategy」西多摩医師会学術講演会(東京,2007).「肥満と漢方」第47回漢方心身医学研究会(東京,2008).「臨床医に必要な漢方医学の知識」川口医師会学術講演会(川口,2008).「消化器領域で使いやすい漢方薬」東村山・小平医師会学術講演会(東京,2008).「漢方で暑さを乗りきろう」平成20年度日本大学公開講座(東京,2008).「夏の漢方」第122回日本大学薬学部卒後教育講座(東京,2009).「臨床に活かせる漢方」兵庫医科大学第3回漢方医学セミナー(神戸,2010).「最近のZoonosisの臨床例から」犬猫から人に感染する病気対策シンポジウム(東京,2011).「まずは使ってみよう漢方薬〜夏場編〜」宮崎医師漢方研究会(宮崎市,2011).「夏の養生」第14回日本大学薬学部公開講座(船橋,2011 ).「漢方の診断法.腹診実習」日本漢方医学研究所漢方医学夏季学生セミナー(東京,2011).「漢方医学における最近の話題」身体均整師会第119回全国講習会(東京,2012 ).「漢方Up to Date〜明日から役立つ漢方処方」春日部医師会学術講演会5月度(春日部市,2012).「視て診るKAMPO.日本大学歯学部第3回駿河台漢方講演会(東京,2012).「かぜ・インフルエンザの漢方治療」第1回日本大学臨床漢方医学研究会(東京, 2013).「腹診実技」日本漢方医学研究平成24年度漢方医学講座(2013).「代謝を良くして生活改善」板橋健康教育講座,(東京.2013).「心身症の漢方治療」 第2回日本大学臨床漢方医学研究会(東京,2013).「循環器疾患に対する漢方治療」日本漢方医学研究所平成25年度漢方医学講座(東京,2014).「花粉症の漢方治療」第4回日本大学臨床漢方医学研究会(東京,2014).「腹診」日本漢方医学研究所平成25年度漢方医学講座(東京,2014).「もっと知りたい医学の話‐漢方の話‐」第8回日本大学医師会公開講座(東京, 2014).「和漢のはなし市民公開講座,四十を超えたら漢方を!」第33回和漢医薬学会学術大会(東京,2016).「消化器症状をKAMPOで診る」平成28年度第5回日本大学医学生涯セミナー.(東京,2016)

受賞歴

平成11年度日本大学東洋医学研究会奨励賞:心不全に対する木防已湯の効果(1999),第33回漢方研究イスクラ奨励賞:腹診教育シミュレータの開発(2009),平成25年度財団法人博慈会老人病研究所助成論文オリジナル論文賞:漢方医学的腹部診察において下腹部で得られる所見と自律神経活動との関連(2013),第26回日本東洋医学会奨励賞:Towards the Standardization of Abdominal Strength in the Abdominal Palpation Diagnostic System of Kampo Medicine: Development of an Abdominal Strength Model in the Fukushin Simulator.(2014)

研究業績1

Modifications to an abdominal diagnosis simulator to reproduce patterns characterized by local variations in resistance to pressure. Traditional & Kampo Medicine. 2(2): 31-34, 2015

研究業績2

Towards the Standardization of Abdominal Strength in the Abdominal Palpation Diagnostic System of Kampo Medicine: Development of an Abdominal Strength Model in the Fukushin Simulator. Int Med J 20(6): 696-698, 2013.

研究業績3

Development of an event electrocardiographic data mobile receiving system for home healthcare. Int Med J 20(4): 440-442, 2013.

研究業績4

Thermogenic Effect of Bofu-Tsusho- San on Human Intescapular AdiposeTissue. Int Med J 19(4);378-381,2012.

研究業績5

Pattern Classification in Kampo Medecine. ECAM 2014: 535146. DOI: 10.1155 /2014 /535146. 参照情報

研究業績6

A clinical study of Hange-shashin-to (Ban-Xia-Xie-Xin-Tang) administered through a naso-esophageal feeding tube for the treatment of diarrhea related to tube feeding. J Trad. Med. 17:194-197,2000.

研究業績7

Clinical evaluation of Mo-kuboi-to(Mu-fang-yi-tang): A Japanese and Chinese traditional medicine for heart failure. J Trad Med. 19:159-163, 2002

研究業績8

Relationship between Autonomic Nervous Activity and the Kampo Abdominal Pattern of Kyokyo-Kuman. Int Med J 19(4):314-316,2012

研究業績9

Normal limits of high-resolution signal-averaged ECG parameters of Japanese adult men and women. J Electrocardiology 33:225-231,2000

教育業績1

Students’ Impressions of an Abdominal Diagnosis Workshop Using the Fukushin Simulator. Int Med J 21(4): 358-361, 2014.

このページの上へ