教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:岸野 吏志(キシノ サトシ)

-

研究室

薬剤情報解析学

最終学歴

明治薬科大学製薬学科(1975年3月)

学位

博士(薬学) (北海道大学:1996年)

講義科目

医薬品情報学、薬学概論 院・臨床薬学専攻・臨床薬学特論、院・薬学専攻・薬剤学特論

専門分野

医療薬学、病院薬学

研究課題

患者(病態時)における薬物の体内動態と適正使用法に関する研究(臨床での問題点を解明し、その結果を臨床にフィードバックし臨床成績の向上を図る)

所属学会

日本薬学会、日本医療薬学会、日本TDM学会

学会活動

日本TDM学会理事(2006-)

学内委員

進路就職委員会(副委員長、2004-2006)、大学運営協議会・薬学情報委員会(委員長、2006-2008)、予算・施設委員会(委員長、2008-2010)

社会活動

病院・薬局実務実習関東地区調整機構小委員会委員(2004-)

依頼公演

岩手造血器腫瘍・感染症研究会「深在性真菌症治療薬」(盛岡、2008)、第22回ICP研究会「抗真菌剤の最近の知見と適正使用法について 〜深在性真菌症〜」(東京、2007)、第18回北海道TDM研究会 研究発表会「移植医療における薬剤師の役割〜肝移植患者の薬物療法〜」(札幌、2004)、第27回日本TDM学会・学術大会「2. TDM研究に投稿しよう!!−アクセプトされるノウハウ−」(札幌、2010)、Symposium:「Optimal administration method of anti-fungal agents based on pharmacokinetics and pharmacodynamics (PK/PD) concept」(IATDMCT Regional Meeting in China, Beijing, China、2010)

研究業績1

Liquid Chromatographic Method for the Determination of Sirolimus in Blood Using Electrochemical Detection. Biomed. Chromatogr. 23, 267-272 (2009)

研究業績2

Pharmacokinetics of garenoxacin in elderly patients with respiratory tract infections. Int. J. Antimicrob. Agents 35, 603-605 (2010)

研究業績3

Topical application of dehydroxymethylepoxyquinomicin improves allergic inflammation via NF-kB inhibition. J. Allergy Clin. Immunol. 126, 400-403 (2010)

研究業績4

Distribution of micafungin in the tissue fluids of patients with invasive fungal infections. J. Infect. Chemother, 17, 731-734 (2011)

研究業績5

Micafungin concentrations in the plasma and burn eschar of severely burned patients. Antimicrob. Agents Chemother. 56, 1113-1115 (2012)

研究業績6

Pharmacokinetics of micafungin in patients undergoing allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Transpl. Infect. Dis. 15, 323-327 (2013)

研究業績7

Intraocular penetration of intravenous micafungin in inflamed human eyes. Antimicrob. Agents Chemother. 57,4027-4030 (2013)

研究業績8

Significant increase in plasma 4β-hydroxycholesterol concentration in patients after kidney transplantation. J. Lipid Res. 54, 2568-2572 (2013)

研究業績9

Association of plasma concentration of 4β-hydroxycholesterol with CYP3A5 polymorphism and plasma concentration of indoxyl sulfate in stable kidney transplant recipients. Drug Metab. Dispos. 42, 105-110 (2014)

研究業績10

Penetration of micafungin into the burn eschar in patients with severe burns. Eur. J. Drug Metab. Pharmacokinet. 39, 93-97 (2014)

このページの上へ