教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:門田 佳子(カドタ ケイコ)

-

研究室

臨床薬学部門/臨床情報評価学

最終学歴

明治薬科大学大学院臨床薬学博士課程(後期)(2001年3月)

学位

博士(臨床薬学)(明治薬科大学:2001年) 

講義科目

人間関係論、薬物治療学W、医薬品開発、臨床開発コース実習、薬学研究コースB、臨床開発コース特論演習、コース特論演習後期

専門分野

医療薬学

研究課題

医薬品の適正使用に関する研究

所属学会

日本医療薬学会、日本薬学会、日本緩和医療薬学会、日本臨床薬理学会

学会活動

医療薬学雑誌編集委員会委員

学内委員

実務実習事前実習委員会、OSCE委員会、研究倫理委員会、拡大研究倫理委員会、進路就職支援委員会、認定薬剤師研修制度委員会、薬学教育研究センター委員会、明薬生協理事会

社会活動

【活動】 ・神奈川県病院薬剤師会薬学生病院実習検討委員会委員、 ・治験実施施設治験審査委員会委員、 ・認定実務実習指導薬剤師養成およびアドバンストワークショップタスクフォース 【総説】 1.心不全治療薬と患者への説明.薬局別冊 (2002) 53, 365-378 増刊号 南山堂  2.病気と薬の説明ガイド2006;副腎皮質ホルモン薬、薬局別冊 (2006) 57, 1242-1252 増刊号 南山堂  3.薬学教育6年制における病院薬剤師の使命と役割について、医薬ジャーナル (2007) 43; 5, 73-78  4.抗菌薬・抗真菌薬の相互作用(1)吸収過程における相互作用、感染制御JICP(2009)5; 6, 529-534  5.抗菌薬・抗真菌薬の相互作用(2)代謝過程における相互作用、感染制御JICP(2010)6; 1, 24-28  6.高齢者社会と耳鼻咽喉科〜高齢者に対する薬物療法(高齢者の投与薬を減らすには)、JOHNS(2012)28; 9, 1455-1460 【著書】 1.薬学生病院実習指導テキスト第二版 (2003)、監修;神奈川県病院薬剤師会,編集;神奈川県病院薬剤師会薬学生病院実習検討委員会  2.薬学生病院実務実習指導書第一版 (2004)、監修;神奈川県病院薬剤師会,編集;神奈川県病院薬剤師会薬学生病院実習検討委員会 医療文化社 3.医薬品の開発と生産、第19章治験における薬剤師の役割 (2005)、日本薬学会編、東京化学同人  4.薬学生病院実務実習指導書第二版 (2004)、監修;神奈川県病院薬剤師会,編集;神奈川県病院薬剤師会薬学生病院実習検討委員会、医療文化社 5.新看護学3専門基礎[3]薬物と看護、食生活と栄養(2010)、著者代表 中村丁次、医学書院  6.薬学生病院実務実習指導書第三版 (2010)、監修;神奈川県病院薬剤師会,編集;神奈川県病院薬剤師会薬学生病院実習検討委員会 医薬ジャーナル社  7.新しい薬学事典 B医療薬学(医療安全管理体制,医薬品医療安全管理,服薬指導)(2012)、笠原忠,木津純子,諏訪俊男編 朝倉書店  8.新看護学3専門基礎[3]薬物と看護、食生活と栄養(2014)、著者代表 中村丁次、医学書院  9.実践 小児薬用量ガイド(2014)、監修;甲斐純夫ら、じほう 10.薬学総論U.薬学と社会 第1版、第3章 医薬品等の品質、有効性および安全性の確保に係る法規範SBO16、門田佳子、日本薬学会編、東京化学同人(2016) 【翻訳】 1.消化管真菌症 (Mykosen des Verdauungstraktes) Siegfried Nolting著 監訳;久米光,訳;門田佳子、メディカルトリビューンブックス 2.アプライドセラピューティクス1 (Applied Therapeutics: The Clinical Use of Drugs) Lloyd Yee Young et al 日本語版総編集;緒方宏泰ら 翻訳協力;門田佳子ら  3.トワイクロス先生のがん緩和ケア処方薬 監訳;武田文和,鈴木勉、 翻訳(第2章pp59-89);門田佳子ら、医学書院(2013) 4.トワイクロス先生の緩和ケア処方薬第2版 監訳;武田文和,鈴木勉、 翻訳(第2章pp82-112);門田佳子ら、医学書院(2017)

研究業績1

Relationship between therapeutic response to erythropoietin and implementation of serum ferritin monitoring, gastrointestinal work-up for occult bleeding and iron supplement. Jpn J Drug Inform. 2001; 3(1): 31-35.

研究業績2

Nomogram for individualizing supplementary iron doses during erythropoietin therapy in hemodialysis patients. J Clin Pharm Ther. 2002; 27: 111-119.

研究業績3

患者指導用資材を活用した実践的な吸入指導実習の構築.日病薬誌.2011; 47(3): 323-328.

研究業績4

OTC薬実習の問題点とその改善のための提案.医療薬学.2014; 40(2): 117-123. 

研究業績5

Warfarin服用患者の出血リスク・INRコントロールに影響を与える要因および出血の季節性に関する検討.日病薬誌.2015; 51(3): 297-300. 

このページの上へ