教育・研究

明治薬科大学教員総覧

教授:加賀谷 肇(カガヤ ハジメ)

-

役職名

進路就職支援委員長,附属薬局薬局長

研究室

臨床薬剤学

最終学歴

明治薬科大学薬学部製薬学科(1975年3月)

学位

博士(薬学) (明治薬科大学:1996年)

講義科目

調剤学、薬物治療学X、事前実務実習U、大学院薬剤学特論

専門分野

緩和医療薬学・医療薬学

研究課題

緩和医療における臨床薬学的アプローチ

所属学会

日本緩和医療薬学会、日本緩和医療学会、日本薬学会、日本医療薬学会、

学会活動

日本緩和医療薬学会代表理事(2010年−2017年)、日本緩和医療学会理事(2008年−2016年)、日本薬学会代議員(2015年−)

学内委員

進路就職支援委員会委員長,学内実務実習委員会副委員長、OSCE実施部門委員、OSCE実施委員会委員、教務委員会委員

社会活動

厚生労働省健康局 がん・疾病対策課 「がん等における緩和ケアの更なる推進に関する検討会」 構成員(2016年−現在) 薬剤師認定制度認証機構認証委員(2009年−現在)、 神奈川県病院薬剤師会顧問(2013年ー現在) 著書 ・トワイクロス先生のがん緩和ケア処方薬(第二版)翻訳主幹、医学書院、東京、(2017) ・婦人科がん領域における緩和医療の実践、分担翻訳執筆、3章各論(治療)、鎮痛補助薬、金原出版、東京(2017) ・標準薬剤学改訂第4版、分担執筆、Y章 薬剤師に求められる倫理観、処方せんに基づく調剤、南江堂、東京、(2017) ・実践 小児薬用量ガイド第2版、監修、じほう、東京(2016) ・緩和医療薬学―ScienceとArtの融合と実践―、編著、京都廣川書店、東京(2016)

依頼公演

特別企画:薬学領域初の臨床専門性(緩和医療)を目指した学会の設立・現在・未来へ、第11回日本緩和医療薬学会年会.ランチョンセミナー:がん薬物療法から緩和ケアの服薬支援で薬剤師力を発揮するためには:兵庫県薬剤師会・病院薬剤師会連携1周年記念大会.シンポジウム:緩和ケアにおける薬・薬連携:第50回日本薬剤師会学術大会、2017/10、東京.がん薬物療法から緩和ケアの服薬支援で薬剤師力を発揮するためには:旭川地区薬剤師セミナ―、2017/3、旭川.第18回山口県病院薬剤師会 がん薬物療法専門薬剤師育成セミナー、2017/3、山口.がん薬物療法から緩和医療の服薬指導スキルアップ講座:第8回Medical Oncology薬剤師勉強会、2017/3、函館.やってみないと分からない!消化器がんの薬物療法と患者対応:札幌薬薬連携勉強会、2017/4、札幌.Oncologyと緩和ケアの融合、緩和医療:薬剤師力セミナー2017、2017/6、東京.薬剤師力を発揮するためにがん治療に携わる薬剤師が最低限習得すべき緩和のスキル:栃木県薬剤師会・栃木県病院薬剤師会学術講演会、2017/10、宇都宮.

受賞歴

第5回MHフォーラム懸賞論文最優秀論文賞受賞(2000年)

研究業績1

Evaluation of Cytotoxicity and Tumor-specificity of Licorice Flavonoids Based on Chemical Structure. Anticancer research,33:3061-3068(2013)

研究業績2

Investigation of the Safety of Topical Metronidazole from a Pharmacokinetic Perspective. Biol. Pharm. Bull. 36:89-95(2013)

研究業績3

Study on Pharmaceutical economics in light of clinical Quantitative structure-cytotoxicity relationship of phenylpropanoid amides,Anticancer Res. 34: 3543-3548(2014)

研究業績4

Construction of a Model for Predicting Creatinine Clearance in Japanese Patients Treated with Cisplatin Therapy, Anticancer Research, 35(5):2909-2914(2015)

研究業績5

Development of a double-stranded siRNA labelling method by using 99mTc and single photon emission computed tomography imaging, Journal of Drug Targeting (2016)

研究業績6

Antacid attenuates the laxative action of magnesia in cancer patients receiving opioid analgesic,Journal of Pharmacy and Pharmacology , 68:1214-1221(2016)

研究業績7

Characterization of the adverse effects induced by acetaminophen and non-steroidal anti-inflammatory drugs based on the analysis of the Japanese adverse drug event report database, Clinical Journal of Pain, 33, 667-675 (2017)

研究業績8

Development of a double-stranded siRNA labelling method by using 99mTc and single photon emission computed tomography imaging, J Drug Target, 25, 172-178 (2017)

研究業績9

Development of a double-stranded siRNA labelling method by using 99mTc and single photon emission computed tomography imaging, J Drug Target, 25, 172-178 (2017)

研究業績10

Analysis of factors associated with hiccups based on the Japanese adverse drug event report database, Plos One, 12, e0172057 (2017)

このページの上へ