薬学科・学科長 越前 宏俊 教授
6年制薬学教育における「コース特別実習・演習」のコンセプト
〜知識を実践力のレベルに高める〜 2006年度から薬学教育は6年制となり、臨床教育が従来よりも格段に充実されました。本学では、大学で学んだ知識を実際の医療の場で確認するとともに実践力のレベルに高めるために、5年次の病院と薬局における合計22週間の実習に加えて、学生の多様な進路に即した経験と実践力を養成でき、欧米の薬学生と同等の実務能力を身につけることができる「7種類の特別コース」を選択必修のカリキュラムとして用意しました。2012年春には、7種類の特別コースでの教育を受けた6年制薬学教育の第一期生が社会へ旅立ちます。本学は私立薬科大学の雄としての使命を自覚して今後とも新しい教育に挑戦していきます。
全文を読む
病院薬学コース 病院で活躍する臨床薬剤師を養成
地域医療コース 地域に根ざした薬局薬剤師を養成
臨床開発コース 治験が分かる薬剤師を養成
健康薬学コース 保健衛生分野で活躍する薬剤師を養成
伝統医療薬学コース 漢方やハーブに強い薬剤師を養成
薬学研究コース 研究マインドを持った薬剤師を養成
海外医療研修コース 国際感覚を身につけた薬剤師を養成