薬学研究コース

研究マインドを持った薬剤師を養成

学内での臨床研究

教員の指導を受けながら臨床薬学研究を進めます。病院・薬局実習の経験の中から自ら見出した問題や、自分の興昧のある課題に、じっくり時聞をかけて取組みます。研究を経験することによって、前向きに探求する態度と必要な技術を身につけます。

薬学研究コース

コース責任者:小笠原 裕樹教授

実施報告

薬学研究コースは、学内教員の指導のもと、基礎的な薬学の研究のみならず、標準実務実習で見出した臨床の現場からのニーズに呼応した研究課題等に、じっくり取り組むことを希望する学生を受け入れる学内研修コースです。5年次に活動する本コースでは、4年次に行った卒論研究での経験を活かして、6年次の卒論研究に繋がる「研究志向の学生」のために用意されたコースであると言えます。
選択した学生には、(1)実習を開始するまでに、研究内容を指導教員と十分に話し合い、研究計画書を作製すること、(2)毎日の実習記録を残すこと、(3)特別実習期間中は、他のコースでの実習に相当する時間に、実験・研究に取り組むことを課しています。慣れ親しんだ環境の中で、思う存分に実験・研究してもらうために、各研究室の指導教員も、受け入れ体制を整えて臨んでいます。
薬学研究コースは、学内の研究活動レベルを維持し、将来の教育に備えるためにも重要なコースであると同時に、卒業後にどのような進路・職種に就いても、本コースで身に着けた自発的で研究的な思考が、様々な場面で役立つものと考えております。

薬学科6年(撮影時):島村 りえさん

学生の声

私は薬剤師としてだけでなく、研究者としての自身の可能性を広げたいと考え、本コースを選択しました。コース期間中は研究に集中して取り組むことができたことで、生命創薬科学科の学生に劣らないボリュームの実験を行うことが出来ただけでなく、自身の進路について考えることができ、大変満足しています。
薬学科のカリキュラムには、実務実習といった薬剤師としての知識・経験を得る場が十分に設けられている一方で、研究に費やすことのできる時間は非常に限られています。その状況から「薬学科に進学したら薬剤師として医療現場で働くのだから、実験は卒論研究で最低限取り組めば良い」と考えている方も多いと思います。しかし、薬剤師の活躍の場は医療現場だけではありません。医薬品、化学品、食品関連の企業や、衛生研究所などの公的機関など、薬学の専門知識を活かして人々の生活・健康に貢献することのできるフィールドは数多く存在します。
私は薬学科の学生を画一的な薬剤師ではなく、薬学という学問に携わる職能を身につけた者であると考えています。本コースへの参加は、実験、研究を通じて「研究者の視点を持つ薬剤師」としての力を養い、自らの進路、職業の選択肢を広げる大きなチャンスになったと考えています。