地域医療コース

地域に根ざした薬局薬剤師を養成

保険薬局を中心とした地域医療実習

薬はもとより健康管理全般にわたって適切なアドバイスができる薬剤師を目指します。本学独自の長期実務実習を実施し、今後、薬剤師の活躍が期待される在宅医療やセルフメディケーションなどを幅広く学び、新しいコミュニティーファーマシーの概念を打ち立てる能力を身につけます。

地域医療コース

コース責任者:山 紀子教授

実施報告

地域医療コースでは、患者を対象とした薬物療法のみならず地域住民の健康サポートを含めた薬局薬剤師の社会的役割を修得する実践的教育を目指しています。そのために、11週間の薬局実務実習で修得した内容から更に発展させたアドバンス教育を提携薬局施設において実施しています。

本コースでは、実習を通して地域医療における問題発見能力を養うとともに、問題解決に向けた提案をするため各自が研究テーマに取り組みます。週4日の提携施設での実習に加え、毎週金曜日6〜7名の少人数グループ(担当教員は2〜3名)で学内ゼミを行います。各自の研究テーマや課題について積極的なグループ討論を行い、最終的には論文形式でのレポート作成能力、報告会でのプレゼンテーション能力を養います。本コース学生からは11週間の薬局実務実習では得られなかった地域医療への使命、やりがいを修得したとの好評価を受けています。

薬学科6年(撮影時):當眞 瑠美さん

学生の声

診療報酬改定により薬剤師に求められることが年々変化している中で、私は地域における薬剤師の在り方を学びたいと思い、地域医療コースを選びました。
私がお世話になった実習先は調剤併設型のドラッグストアだったため、OTC医薬品について詳しく勉強させて頂きました。実習では、OTC医薬品の使用実態に関する研究を行う機会があり、来局者にアンケート調査を行った結果、OTC医薬品は気軽に購入できるため、誤った使い方をしている購入者が数多く見られることを知りました。この結果を踏まえて、地域の人々の健康を守るために、薬剤師がOTC医薬品の範囲にも積極的に介入していく必要性があると感じました。また、今回のアンケート調査を通してたくさんの方々とコミュニケーションを図ることが出来ました。薬や健康に関する相談を受けることもあり、薬剤師は地域の人々の健康相談の担い手になっていると実感しました。
私は、地域医療コースでの実習を通して、薬局薬剤師は地域の人々と密接に関わって健康をサポートすることが出来ると感じました。また、地域医療コースでの経験が、将来薬局で勤めようと思う一番の決め手になりました。私は、患者さんや地域の方々に寄り添って健康サポートが出来る薬剤師を目指していきます。