加賀谷 肇(明治薬科大学 臨床薬剤学研究室 教授)

テーマ:広めよう!東京都
-地域連携緩和ケア、ホスピスケアの理解と推進-



患者さん・ご家族や一般市民にとって、緩和ケアについてどれだけ理解が深まっているのでしょうか。

今回の第4回東京都緩和医療研究会学術集会は、「広める」をテーマとしました。
第1回は「はじめよう!東京都」としてスタートし、第2回は「つながろう!東京都」、第3回は「深めよう!東京都」というテーマで東京都23区内にて開催されてきました。

この広めようには、地域的な意味合いと緩和ケアを受ける方々の理解を広めるという意味も込めております。

緩和ケアは多職種連携によるチーム医療が重要です。私は薬剤師として医師以外の職種が初めて大会長として開催させて頂く機会を頂きました。これも職種の輪を広げようという期待も込めて務めさせて頂きたいと思っております。

また、開催地となります明治薬科大学は清瀬市に位置しており、この周辺にはホスピス施設や緩和ケアのメッカのような地域環境であり、在宅緩和ケアも盛んに行われております。

今回は初めての試みとして、学術集会開催の前に市民公開講座を開催して一般市民の方もお招きしホスピスケアについて理解を広げていただく企画も用意いたしました。

学術集会は会員のための集会として、教育講演、基調講演の他、多職種連携に関するシンポジウムに加え、研究発表等はポスター発表形式で考えております。

展示コーナーは在宅緩和ケアに必要な情報を手に取ってご覧いただけるように工夫を凝らしたいと思っております。

東京都のいろいろな地域から東京全域および全国に発信できるように、活発な学術集会としたいと準備しております。

多数のご参加をお待ちいたしております。


実行組織委員会
大会長 加賀谷 肇 明治薬科大学 臨床薬剤学研究室
副委員長 植沢 芳広 明治薬科大学 臨床薬剤学研究室
委 員 伊東 俊雅 東京女子医科大学 東医療センター薬剤部
委 員 金子 健 慶應義塾大学病院 薬剤部
委 員 菅野 智 救世軍清瀬病院 薬剤科
委 員 河 正子 NPO法人 緩和ケアサポートグループ代表
委 員 兼村 俊範 がん研有明病院
委 員 島田 宗洋 救世軍清瀬病院
委 員 吉澤 明孝 要町病院
五十音順

事務局 野澤 玲子 明治薬科大学 臨床薬剤学研究室



第4回 東京都緩和医療研究会学術集会 準備事務局
明治薬科大学 臨床薬剤学研究室

〒204-8588 東京都清瀬市野塩2-522-1
TEL & FAX 042-495-8651
e-mail tokyokanwa@my-pharm.ac.jp