進路・就職

将来の進路

薬学科の進路

病院の臨床薬剤師

患者さんに薬の服用方法等をアドバイスするだけでなく、病気と薬の専門知識を活かして医師・看護師と連携し、薬物治療の選択や副作用の防止に責任をもてる薬剤師です。

地域社会の薬剤師

地域の薬局で、薬と健康に関する身近なアドバイザーとして生活に密着した住民の健康維持に貢献できる薬剤師です。

臨床開発に携わる薬剤師

新薬開発に関わる製薬企業の臨床開発職、CRO(治験開発受託機関)、SMO(治験施設支援機関)で活躍する薬剤師で、臨床試験(治験)に関わる治験コーディネーターとしても期待されています。

医薬品情報提供に携わる薬剤師

製薬企業における研究職、品質管理職等はもとより、臨床の現場で学び経験した薬剤師のMR職(医薬情報担当者)としての活躍が期待されています。

薬事・衛生行政や環境衛生分野

厚生労働省や地方行政の公務員として薬事行政、保健所、検疫業務等で、国民や地域社会の健康を守る仕事です。

漢方医療にも強い薬剤師

高齢化社会を背景に予防医学が重要視される中で、西洋医学だけでなく漢方医学にも強い薬剤師として将来の活躍が期待されています。

新薬開発に関わる研究者

病院や薬局での臨床実習で見つけた薬の疑問を追求することで、卒業後薬剤師としての広い視点を生かしながら製薬企業などで新薬開発の研究や開発部門で活躍します。

国際的な視野を持つ薬剤師

海外研修コースを履修し、語学能力を伸ばすとともに海外での医療研修を通じて国際的な視野をもち、外資系製薬企業などで活躍できる薬剤師への道も開かれています。

大学院博士課程へ進学

医療研修で見つけた薬物に関係する研究テーマをより深く追求できる博士課程(4年制)が開設されました。

このページの上へ