進路・就職

将来の進路

生命創薬科学科の進路

生命創薬科学科を卒業後、すぐに就職するケースと、大学院へ進学し、修了後に就職するケースとが考えられます。研究職を志す場合は、基本的に大学院へ進学します。

学部卒業後の就職イメージ

  • 薬の開発、医薬品の品質管理などを行う製薬企業をはじめ、化学、食品、化粧品、香料、バイオ関連企業の技術員。
  • 医薬品の有効性や副作用など、薬の適正使用に必要な情報を提供する製薬企業のMR職(医薬情報担当者)
  • 環境衛生分野など、公共の立場に立って健康や環境保全に貢献する国や地方公共団体の公務員などがあります。

大学院修了後の就職イメージ

  • ゲノム創薬の時代を迎えて様々な新薬の開発が期待される製薬企業の研究員。また、化学、バイオ関連企業の研究職・専門技術職として活躍できます。
  • 創薬の基礎研究に関わる大学の研究室など、大学教員として企業と連携して新薬開発に貢献します。
  • 国や地方の公的機関で医薬品や食品衛生、環境調査などを行う研究機関の公務員などがあります。


このページの上へ