入試情報

学費・奨学金

2016年度学費

入学金および学費

薬学科(6年制)

  初年度 前期 (入学手続時) 後 期 2年次以降(年額)
入学金 400,000円 400,000円
学費 授業料 1,340,000円 670,000円 670,000円 1,340,000円
施設設備費 550,000円 275,000円 275,000円 550,000円
教育充実費 100,000円
合 計 2,290,000円 1,345,000円 945,000円 1,990,000円

生命創薬科学科 (4年制)

  初年度 前期 (入学手続時) 後 期 2年次以降(年額)
入学金 400,000円 400,000円
学費 授業料 1,100,000円 550,000円 550,000円 1,100,000円
施設設備費 500,000円 250,000円 250,000円 500,000円
合 計 2,000,000円 1,200,000円 800,000円 1,600,000円


学費に関する留意事項

  • 社会情勢の変化により、次年次以降の学費については変更することもあります。
  • 委託して行う実験・実習及び演習等については、その費用を徴収することがあります。
  • 薬学科(6年制)の「教育充実費」は次年次以降、毎年徴収します。
  • 薬学科、生命創薬科学科とも他に委託徴収金[後援会費(1年次30,000円、2年次以降20,000円)、学生自治会費(1年次7,500円、2年次以降5,500円)、明薬会(同窓会)入会金(4年次30,000円)]があります。
  • 万一の事故や病気等および病院・薬局実習等の学外実習の保障として入学後、本学生活協同組合より「学生総合共済」・「学生賠償責任保険」の加入のご案内をします 。
  • 情報化社会を鑑み、在学中の実験・研究・実務実習発表等で使用するため、入学時にノート型パーソナルコンピュータ(PC)をご準備いただきます(合格通知郵送後、本学生活協同組合よりご案内をします(任意購入))。
  • 8月末頃に後期分学費の振込用紙をお送りします。

【注意】
2007年1月4日からの法令改正により、10万円を超える入学納付金を現金振込みの際には、指定の振込用紙とともに振込み手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)を持参の上、金融機関の窓口をご利用ください。



奨学金

特待生制度

入試の成績により初年度授業料を免除する制度です。

  1. 入学特待生A
    一般入試B方式前期・編入学・推薦入学者特待生選抜試験の合格者のうち成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名 の初年度授業料全額[薬学科1,340,000円、生命創薬科学科1,100,000円]を免除します。
  2. 入学特待生B
    上記[1.]に次ぐ成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科2名の初年度前期分授業料[薬学科670,000円、生命創薬科学科 550,000円]を免除します。

卒業生子女学納金減免措置制度

公募制推薦入試(薬学科専願制、生命創薬科学科併願制)では、両親または祖父母のいずれかが本学の卒業生である場合、対象となる合格者のうち成績上位3名以内の者の入学金を免除します。 
※なお、薬学科併願制は、卒業生子女学納金減免措置制度の対象外となります。

奨学金制度

明治薬科大学奨学金
成績優秀、心身健全かつ向学心旺盛な学生に奨学費20万円を年1回支給。
2015年度は1年〜6年合計102名(各学年18名以内)に支給。

大正製薬特別奨学金
明治薬科大学学部学生の中で、強い勉学意欲を持ちながら経済的理由により修学が困難となった者に奨学金を給付し、勉学の継続を奨励することにより人材を育成することを目的としています。2015年度は2名に支給。

恩田剛堂特別奨学金
本学奨学生規程に基づき、学部入学者で両親もしくは祖父母のいずれか1名が現に明治薬科大学維持員である者に対して、入学年度に1回限り30万円が給付されます。本奨学金は、維持員制度の啓発を目的としています。2015年度は6名に支給。

国家公務員総合職合格奨励金 
国家公務員総合職採用試験に合格し就職を決めた学生に50万円支給。
2014年度は1名に支給。

その他団体の奨学金
日本学生支援機構(旧日本育英会)や地方自治体、各種団体等による奨学金制度があります。
詳しくは、学生生活の「奨学金等」をご覧ください。

このページの上へ