附属薬局

附属薬局

明治薬科大学附属薬局

附属薬局のご案内

附属薬局のご案内

明治薬科大学附属薬局は地域に密着した健康情報の拠点として、怪我や病気の治療に限らず、日常生活における地域の皆様の健康維持増進や健康に自信がなくなってきた方の不安解消のお手伝いをするために、気軽に安心して御利用頂ける健康管理ステーションとして開設致しました。

当薬局では、「地域医療への貢献」を理念として掲げ、保険調剤機能はもちろんのこと、在宅医療支援をはじめ一般用医薬品等の適正な使用に関する助言や健康相談、情報提供等を通じセルフメディケーション推進を行います。また、健康管理室や本学学生等による情報発信のコーナー、今後の地域医療に必要な無菌製剤室を設置し、これらの機能を十二分に活かしながら、地域の皆様の理想とする薬局像を実現したいと考えております。

附属薬局の役割

附属薬局の役割

明治薬科大学附属薬局は、収益を目的とせず教育研究活動と密接に関連する大学の付随事業として文部科学大臣の認可を受け、国民の医療・社会福祉に貢献するため、現場での実践能力の高い薬剤師を育成することを目的に、薬学生の早期体験学習、薬局実務実習等、教育研修施設として運営いたします。

附属薬局の目的

附属薬局の目的

附属薬局では、学生の「早期体験学習」や「薬局実務実習」等の実践的な教育への支援を行うと同時に、学生の自発的な学習活動に対する支援を通じて考える力を養い、創造性豊かな人材育成を目指します。また、保険薬局業務を通じて地域社会との連携を深め、地域医療への貢献を図ります。

附属薬局の特長

附属薬局の特長

附属薬局では、高齢化社会の進展に伴い通常の保険薬局業務を行う傍ら、地域住民に対する健康管理や在宅医療の拠点として様々な設備・機能を設けています。「自分自身の健康は自分で守る」というセルフメディケーションを推進し、最新の測定機器により地域住民の方々が定期的に健康管理を行える「健康管理室」があり、輸液を調製するための「無菌製剤室」、抗がん剤の調製を行う「ハザード室」、インフルエンザ等の感染症患者専用窓口など、地域医療の拠点に相応しい設備や機器が設けられています。また、高齢者や車イス利用の方、小さいお子様を連れた方の利用に配慮し、清潔感あふれるバリアフリー設備のトイレも備えました。附属薬局を利用する方々の立場を考えたアメニティー設備により地域に根ざした薬局を目指しています。

サテライトキャンパス

サテライトキャンパス

明治薬科大学附属薬局が入居するグランツビル3階には、教育支援施設として収容定員60名のサテライトキャンパスが設置されています。1階の附属薬局で行う「早期体験学習」、「薬局実務実習」等の教育活動で利用する施設であると共に、地域の方たちに対して行う各種研修会やセミナーを開催できる場所となっています。

営業案内(利用者の方へ)

無料の骨密度測定
無料の骨密度測定

附属薬局では、どこの医療機関の処方箋でも受け付けています。「お薬相談」や「健康相談」等、薬剤師に尋ねてみたいこと、「無料の骨密度測定」も行っていますので、お気軽にご利用ください。

営業時間・営業日

月曜日〜金曜日9:00〜19:00
土曜日9:00〜18:00
住所東京都東久留米市本町1丁目3-6
Glanz Bldg(グランツビル)
電話042-420-9631
最寄駅西武池袋線 東久留米駅 西口駅前 徒歩1分

所在地はアクセスマップをご覧下さい。

このページの上へ