生涯学習

認定薬剤師研修制度

講座一覧




漢方・鍼灸 東洋医学の理論と臨床の実際 (A01)

客員教授 大野 修嗣

大野クリニック 院長、国際東洋医学会 理事、埼玉医科大学第2内科 非常勤講師、日本大学医学部 非常勤講師、医師、薬剤師

講義内容

高度に発達した現代医学が遍く行き渡った日本社会においても、薬局、鍼灸の治療施設を含めた医療現場では、伝統的医学が支持され、多くの人々が恩恵を受けている。しかし、必ずしも正当で、正確な情報として伝わっていないことが危惧される。日本における伝統医学は東洋医学と呼ばれ、湯液(漢方薬)と鍼灸が両輪をなす。本講義では、その両面から基礎理論に始まり臨床の現場での有用性に至るまでを解説し、どこにその存在価値があるのかを明らかにしたい。

2017年 講義概要
5月28日
1限
漢方医学と西洋医学の比較、時間軸で病態をみる漢方医学
(G06-A010117052801)

漢方医学と西洋医学を比較することによって、漢方医学の特質を考える。西洋医学では捉えられない病態、漢方医学独特の治療戦略を明らかにする。漢方医学は病態に時間軸を入れて理解するが、西洋医学においては時間軸を考慮することが少ない。時間軸を考慮しながらの病態の認識と治療方法の選択は漢方の特筆すべき特徴である。具体的な症例を提示して、西洋医学と際立った漢方医学の特徴を述べる。
5月28日
2限
鍼灸総論−鍼灸治療とは?−
(G06-A010217052801)

講師:山口 智
埼玉医科大学 東洋医学科 講師、鍼灸師

漢方(東洋医学)の治療方法は、湯液と鍼灸に大別される。鍼灸治療の基本である経絡(ツボの道筋)と経穴(ツボ)を解説し、全人的医療である鍼灸治療の特質を述べる。
5月28日
3限
漢方医学の基礎理論(陰陽、虚実、寒熱、表裏)
(G06-A010317052801)

講師:磯部 秀之
埼玉医科大学 東洋医学科 講師、医師

「陰陽」とはこの世の森羅万象(物質と現象)を陰と陽との相対する2つの性質に分けてその有様を把握認識する古代中国の哲学である。「虚実」とは体質・体力・病態の激しさなどから適切な治療方法を選択するための概念である。「寒熱」とは病気の熱的性質の概念である。また「表裏」は病気の主座が人体の表面にあるのか、深部にあるのかを表現する概念である。以上のそれぞれの概念を総合して漢方医学のいわゆる「証」が導き出される。これらの手段によっていかなる病態が現出するのか、どんな漢方薬が適応するのか、具体的症例を供覧する。
9月24日
1限
恒常性維持機能と気血水
(G06-A010417092401)

講師:磯部 秀之
医師

西洋医学において、生体の恒常性維持機能の破綻は、内分泌、神経系、免疫系の異常として感知されるが、漢方医学では、気血水の異常として捉えている。漢方の重要な病態把握の一つである気血水の概念について解説する。さらに、そうした概念を活用した具体的な症例を提示する。
9月24日
2限
鍼灸各論−鍼灸治療の適応疾患とその治療効果−
(G06-A010517092401)

講師:山口 智
鍼灸師

伝統医療である鍼灸治療は、数多くの疾患や症状に効果が期待できる。西洋医学的な治療で効果が期待できない難治性の疼痛疾患に対する鍼灸治療の実際と、その効果について概説する。
9月24日
3限
臨床に役立つ漢方 皮膚疾患の漢方治療
(G06-A010617092401)

臨床現場で漢方が役立つことは数多い。具体的な症候を例に挙げ、西洋医学とは違った視点、診断、治療手段を有していることを述べ、漢方医学の臨床での有用性を解説する。さらに、漢方の有用性を示した具体的な症例を提示する。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

健康サポート薬局のかかりつけ薬剤師 になろう! (B01)
明日から使える技能を身につける実践ワークショップシリーズ

石井 文由

明治薬科大学 セルフメディケーション学研究室 寄付講座教授

講義内容

貴方は患者さんに「かかりつけ薬剤師に指名したい」と思ってもらえる自信がありますか・・?
服薬支援をしてくれるだけの薬剤師では、他の薬剤師と変わらないので、本来のかかりつけ薬剤師として貴方を選んでもらうことはできません!例えば・・今の薬の量を減らすために、対症薬物療法だけでなく根本解決となる生活習慣改善を支援してくれる、あるいは病気の予防方法を教えてくれる・・等々、そんな薬剤師なら確実に指名して頂けますね! それがまさに"健康サポート"であり、そんな薬剤師のいる薬局が"健康サポート薬局"です。
本講座は、本物のかかりつけ薬剤師なるために身につけるべき技能・態度を体験しながら身につける講座です。

2017年 講義概要
6月4日
1限
2限
3限
『 健康サポート薬局 の かかりつけ薬剤師 』実践ワークショップ【T】
「 検体測定室の運営 と 生活習慣病予防支援 」

(G06-B010117060401)(G06-B010217060401)(G06-B010317060401)

検体測定室の運営に必要となる、@届出方法(書類作成等を含む)、A採血補助、B測定の実践方法等を、HbA1c測定を体験しながらワークショップ形式で学ぶ。また、疾病・未病の状態はもちろんのこと、健康な状態においても自分の検査値に興味を持つ方が増えることにより、処方箋を持たない方の生活習慣に関する健康相談に応需できるように必要なスキル及び知識を、実践体験を通して学ぶ。
7月2日
1限
2限
3限
『 健康サポート薬局 の かかりつけ薬剤師 』実践ワークショップ【U】
「 薬剤師による生活習慣改善支援(1)
運動習慣改善支援 〜 安全で効率的な運動法 〜 」

(G06-B010417070201)(G06-B010517070201)(G06-B010617070201)

本講座では、服薬中の患者あるいは地域住民に行うべき運動習慣改善の支援方法について体験しながら学ぶ。地域住民あるいは患者の安全性を確保しながら、効率的に健康効果を得る運動支援法について学び、体験する。具体的には、安全に効率的に体を動かすために必要な解剖学や運動機能学などの基礎知識を身につけた上で、「時間がとれない」、「外は寒いから嫌」、「腰痛、膝痛がある」、「血圧が高い」、「高齢である」などのケース別に、適切な指導、アドバイス方法を身につける。
9月3日
1限
2限
3限
『 健康サポート薬局 の かかりつけ薬剤師 』実践ワークショップ【V】
「 薬剤師による生活習慣改善支援(2)
食習慣改善支援 と サプリメント・健康食品 」

(G06-B010717090301)(G06-B010817090301)(G06-B010917090301)

本講座では、服薬中の患者あるいは地域住民に行うべき食習慣改善の支援方法について体験しながら学ぶ。薬局で実践可能な食習慣チェック方法、改善支援方法、トクホやサプリなどの健康食品の考え方、そして食習慣改善の成果チェックの方法として、各種測定機器(自己穿刺血液検査、骨密度、体組成、血流、血圧の測定など)を実際に用いながら、具体的に機械特性等も含めて測定法を身につける。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

ゼロから始める薬局の在宅医療 (E01)

佐藤 亮一

株式会社 龍生堂本店 執行役員 調剤事業部 部長

講義内容

在宅訪問をこれから始めるための基本事項を習得します。また在宅訪問だけでなく、外来服薬指導、OTCに至る薬局ならではのアイテムの紹介や、一歩踏み込んだ知識と活用法を習得し、かかりつけ薬剤師としての活躍を後押しします。

2017年 講義概要
6月4日
1限
在宅訪問準備編
「始めましょう在宅訪問」〜在宅訪問に必要なものは?〜

(G06-E010117060401)

薬局薬剤師の役割の変化にかかりつけ機能の強化、在宅医療への関わりがあります。
在宅訪問開始時に迅速に対応ができるように、在宅訪問を始めるにあたり必要な知識を確認します。
・医療保険と介護保険
・在宅訪問に必要な手続きは?
・在宅訪問に必要な書類は?

到達目標:
在宅訪問開始に向け必要な関連法規を確認する。
6月4日
2限
在宅訪問 訪問編
「行ってみましょう在宅訪問」〜在宅訪問で何するの?〜

(G06-E010217060401)

訪問指示が出て在宅訪問が開始します。
薬局内での調剤の延長に在宅訪問はありますが、在宅ならでは行えることもあります。
在宅訪問の依頼を受けてから訪問に向かうまでの手順、及び訪問時の対応について確認します。
・訪問指示が出たけどいつ訪問すればいい?
・在宅訪問時は何を持っていけばいい?
・特別確認しなければならない項目は?
・訪問後に行うことは?

到達目標:
訪問指示から訪問までの流れ及び基本事項を確認する。
7月2日
1限
在宅訪問報告編
「関わりましょう地域の方と!」〜他職種連携って何するの?〜

(G06-E010317070201)

関下 禅美 
株式会社 龍生堂本店 龍生堂薬局ワセダ東店 管理薬剤師

訪問薬剤管理指導を行った後、薬剤師は医師やケアマネジャー等に訪問薬剤管理指導報告書を提出します。その報告書の実際の書き方やポイント、そして月に1度、個々の在宅患者に対して作成する訪問薬剤管理指導計画書に関しても解説します。
また、「サービス担当者会議」、「地域ケア会議」の概要、その他、在宅医療の場において盛んに叫ばれている「他職種連携」について、まずはどんな職種があるのか、どういった業務内容なのかを理解し、そこからどういった連携を我々薬剤師はとっていけば良いのかを実例を織り交ぜながら考えます。

到達目標:
訪問薬剤管理指導を通して地域包括ケアシステムの中で必要とされる薬剤師像とは何かを学ぶ。
7月2日
2限
在宅訪問番外編「こんな関わり方もあります」
〜知っていると便利薬局アイテム〜

(G06-E010417070201)

関下 禅美 

もし、在宅訪問先で患者さんやご家族に「薬局でおむつは売ってないの?」と聞かれたら。他職種の方から、ゴキブリのくん煙剤はどれがいいか相談されたとしたら。薬剤師として、すぐに的確なアドバイスは出来るでしょうか?薬局には処方せん医薬品以外にも、介護用おむつや殺虫剤関連・服薬支援グッズ、栄養補助食品など、実は在宅現場において身近な医薬品や衛生用品が数多く存在します。在宅患者さんやご家族、その他他職種の方々からお問い合わせの多いアイテムやご好評頂いているグッズなどを、在宅シーン別に合わせて実際の商品を学びます。

到達目標:
在宅現場において、トータルケアの出来る薬剤師として、状況に応じて適切な薬局アイテムを提案出来る。
9月3日
1限
薬剤師の食支援
〜摂食嚥下障害に関わる〜

(G06-E010517090301)

豊田 義貞
株式会社 龍生堂本店 調剤事業部 地域医療連携室 薬剤師 NST専門療法士

人は「食べる」ことによって、単に栄養だけでなく心の満足や他者との関係などを得ています。外来から在宅まで、多様なフィールドにおいて薬剤師がこれらの関係を守り・支える薬学管理について講じます。具体的には摂食行動・機能に対して正負の影響を与える薬剤や、嚥下障害をもつ方への服薬指導法など、これらを関連学会のコンセンサスをもとに解剖生理学的解説を交えながら、なるべく平易にお話ししたいと考えております。

到達目標:
摂食嚥下機能と、個々の機能に合わせた支援方法の必要性を理解する。
9月3日
2限
バイタルサインから読み取る薬効評価
(G06-E010617090301)

豊田 義貞

近年、薬剤師自ら患者のバイタル情報を取得し、フィジカルアセスメントを交えて薬学管理をすすめることに概ね世間の理解が得られているものと理解しています。この5〜6年で法的解釈も整理され、各地で積極的に研修会などが開催されるようにもなりました。そのなかで、単にバイタルを情報収集までに終わらせているケースも多々あり、私たち薬剤師がバイタル情報をどう日々の薬学管理に活かすかという点については、まさに今後の課題といえます。本講座ではOTC・外来服薬指導、また在宅に至るまで、患者さんのバイタル情報をどのように得てそれぞれの業務に活かすかをダイジェストで解説します。バイタルとは何か、基本的なことからその法的解釈までを最初にお話しし、そのあといくつかの事例などを踏まえて活用方法の一例を紹介し、各論をお伝えしたいと思います。

到達目標:
バイタルサインの概要と、薬学管理との関係性を理解する。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

漢方・鍼灸 重要漢方処方解説 (A03)

岡安 維蓉

横浜薬科大学 薬学部 漢方薬学科 漢方薬物学研究室 研究員、医学博士、鍼灸師

講義内容

今なぜ漢方薬が見直されているのでしょうか。また、薬剤師が漢方を学ぶ必要があるのでしょうか? このような疑問が多くの薬剤師の先生から投げかけられます。結論から言えば、全ての薬剤師は漢方を知る必要があると私たちは考えております。
また、日常診療の中に取り入れられている感の強い漢方薬ではありますが、「どうも漢方薬の服薬指導は苦手で!」という声を聞くのも事実少なくありません。漢方薬の投薬内容から何を読み取れば患者さんに正確な服薬指導ができるのでしょうか。本講座では、その疑問にお答えしたいと考えております。
薬剤師の対応により医師と患者のコミュニケーションは強固にも軟弱にもなります。最悪の場合は信頼関係すら損ないかねません。同病異治・異病同治の考え方を持ちながら、漢方薬は証により投薬されます。従って、処方内容で病名が必ずしも明らかになりません。その時にどのように対処したら良いのか? を学んでいただきます。
ここでは、漢方の勉強法を中心に、生薬の薬能の解説にも触れていきたいと思います。またその都度、服薬指導をどうするかをご一緒に考えてみたいと思っております。かなり欲張りな企画ではありますが、どこまでできるのか体験していただければ幸いです。処方名が分からなくとも服薬指導は可能です。是非実感を!

2017年 講義概要
6月25日
1限
六経弁証(風邪の漢方治療) [1]
(G06-A030117062501)

虚弱者の風邪で、風邪薬を服用するとお腹を壊して、長引いてしまうということをよく耳にします。なぜでしょうか?漢方薬、特に葛根湯は風邪薬として有名です。風邪の引き初めに葛根湯!はたしてそれでいいのでしょうか?風邪の患者者に漢方薬が出た時の服薬指導を詳しくお話しいたします。
6月25日
2限
六経弁証(風邪の漢方治療) [2]
(G06-A030217062501)

風邪のお話の続きです。風邪の漢方薬については大切ですので2回にわたりお話しさせていただきます。
そのあと時間があれば便秘の漢方治療についてお話しさせていただきます。冷えることにより便秘が悪くなる人、下剤を飲むと便秘は改善するがお腹が痛くなる、あるいは下痢をしてしまう。そのような方はおられませんか?漢方薬が有効な場合があります。服薬指導についてもお話しできればと考えております。
6月25日
3限
冷え症の漢方治療及び養生法
(G06-A030317062501)

冷えと一言で言ってもパターンは様々です。頭はのぼせているのに手足はつめたい。全身が冷えている人。ストレスを感じた時だけ冷えを感じる人。様々な冷えについて、東洋医学ではすべて気血水の乱れによっておこります。冷えにならないまたは冷えを治すためなら、すべて夏季・冬季の過ごし方と深い関わりがある。夏・冬の過ごし方は一年間の中に最も大切な季節なのです。冷えの原因を探り、それぞれに合った漢方薬と、そのような漢方薬の服薬指導及び生活指導についてお話しさせて頂きます。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

漢方・鍼灸 漢方エキス製剤のDrug Informationと服薬指導 (A02)

客員教授 赤瀬 朋秀

日本経済大学大学院 経営学研究科 教授

講義内容

本講座では、臨床現場において活躍中の薬剤師実務家を招聘し、漢方エキス製剤の調剤および服薬指導を行う際に留意している点や、工夫している点について解説する。特に、薬剤師が業務を行う際に必須となる漢方エキス製剤のDrug Informationの考え方、組み立て方、応用の仕方について詳細に解説する。

2017年 講義概要
7月23日
1限
漢方エキス製剤のDrug Informationを創る
(G06-A020117072301)

漢方エキス製剤は日常臨床にどの程度必要なのか、その現状について概説する。また、情報源としての医薬品添付文書の読み解き方や、考え方、応用の仕方について解説する。

到達目標:漢方薬の医薬品情報の読み解き方、考え方が理解できる。
7月23日
2限
保険薬局実務と漢方薬の服薬指導
(G06-A020217072301)

講師:佐藤 大輔(薬剤師)
桂元堂薬局 薬局長

保険薬局における漢方薬の調剤及び服薬指導について、基礎的な事項を中心に講義を行う。

到達目標:漢方薬を調剤し、服薬指導するにあたり注意すべき基本的事項を理解できる。
7月23日
3限
疾患領域別漢方エキス製剤の服薬指導 
(G06-A020317072301)

講師:難波 昭雄(薬剤師)
横浜薬科大学 薬学部 臨床薬学科 薬剤学研究室 准教授

消化器疾患、神経・筋疾患に用いられる漢方エキス製剤を中心に、医薬品添付文書の読み解き方や、考え方、服薬指導の実例等について解説する。

到達目標:漢方エキス製剤の添付文書の読み方について概説できる。
11月26日
1限
漢方エキス製剤のDrug Informationを活用する
(G06-A020417112601)

患者を前にして実際に服薬指導を際に、漢方エキス製剤の医薬品情報をどのように活用したらよいのか解説する。

到達目標:漢方薬の医薬品情報を活用した服薬指導の方法について実例をあげて説明できる。
11月26日
2限
皮膚科疾患と漢方治療
(G06-A020517112601)

講師:佐藤 大輔(薬剤師)
桂元堂薬局 薬局長

皮膚科疾患の漢方医学的原因とそれに対して用いられる漢方エキス製剤の特徴、および服薬指導について解説する。

到達目標:皮膚科疾患の漢方医学的原因と使用される処方について理解し、服薬指導できる。
11月26日
3限
産婦人科疾患と漢方治療
(G06-A020617112601)

講師:稲葉 健二郎(薬剤師)
社会福祉法人ワゲン福祉会 総合相模更生病院 薬剤部長

産科・婦人科疾患に用いられる漢方エキス製剤の応用、治療の現状、および服薬指導の実例について解説する。

到達目標:構成生薬の薬効を理解し、漢方エキス製剤の服薬指導ができる。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

緩和ケア 入門編 (F01)

加賀谷 肇

明治薬科大学 臨床薬剤学 教授

2017年 講義概要
10月1日
1限
緩和ケア 入門編
(G06-F010117100101)

緩和ケア入門、オピオイドの導入(10:30〜11:10)
講師:加賀谷 肇

がん疼痛患者への服薬支援のポイント(11:10〜12:00)
講師:遠藤 理香
エムスリー株式会社 メディカルライター
緩和薬物療法認定薬剤師

10月1日
2限
緩和ケア 入門編
ワールドカフェ方式グループディスカッション
緩和ケアマインドを磨く
 
(G06-F010217100101)

講師:
加賀谷 肇
遠藤 理香

チューター:
佐野 和美
明治薬科大学 薬物体内動態学准教授

野澤 玲子
明治薬科大学 臨床薬剤学准教授

10月1日
3限
緩和ケア 入門編
服薬支援ロールプレイ

(G06-F010317100101)

講師:
遠藤 理香
加賀谷肇

チューター:
佐野 和美
野澤 玲子

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

健康サポート薬局の基礎づくり (B02)

客員教授 吉岡 ゆうこ

ネオフィスト研究所 所長

講義内容

2016年度より健康サポート薬局制度が始まりました。このコースでは、健康サポート薬局の健康サポート機能について学びます。家庭のくすり箱点検、健康診断の検査値を基にした対応、薬局の中の多職種連携を学び、ロールプレイで健康相談会を実践します。薬局の外の多職種連携については、訪問看護師、介護士・介護福祉士、地域包括支援センターなどの人たちと共に、その資格の取得方法、学習内容、職務内容、現場で困っていること、薬剤師に頼みたいことなどをフリーディスカッションにて学んでいきます。

2017年 講義概要
10月1日
1限
健康サポート薬局とは
(G06-B020117100101)

健康サポート薬局の届出に必要な資料等をまとめて解説します。

到達目標:健康サポート薬局の届出に必要なものを知る。
10月1日
2限
家庭のくすり箱点検
(G06-B020217100101)

家庭のくすり箱には何があればいいのか、家庭のくすり箱点検シートを用いての解説を行います。

到達目標:家庭のくすり箱の点検ができるようになる.。
10月1日
3限
検査値を健康相談に活用
(G06-B020317100101)

健康診断の検査値について概説し、相談応需ができるようにします。

到達目標:健康診断の検査値を用いた相談応需ができるようになる。
11月5日
1限
薬局内多職種連携
(G06-B020417110501)

薬局内多職種連携(薬局事務員、管理栄養士、登録販売者等)の解説をします。その後、できますゼッケン(ゼッケン)をつけ、自分が薬剤師以外に何ができるかを掲げ、グループ分けをします。

到達目標:薬局内多職種連携の例を知り、多職種連携ができるようになる。
11月5日
2限
3限
家庭の常備薬、健康診断の値を持ってきた人に対する相談会のロールプレイ
(G06-B020517110501)(G06-B020617110501)

4人組にて模擬客、薬剤師、評価者のワークを行います。薬剤師は相談会を実施します。
ICレコーダーに声を録音し、ビデオカメラに映像を録画します。模擬客、評価者は終了後、コミュニケーション、相談内容についてフィードバックします。

到達目標:家庭の常備薬や健康診断への相談対応ができる。ファーマシューティカルインタビュー技法、メラビアンの法則を意識した相談対応ができる。
12月3日
1限
薬局外多職種連携 [1]
訪問看護ステーションの人と連携する

(G06-B020717120301)

講師:片山 智栄
医療法人財団プラタナス 在宅医療部 看護所長

訪問看護ステーションのナースの人と連携を学びます。訪問看護ステーションのナースから資格の取り方、資格を取るには薬のことをどのくらい学ぶのか、資格を取ったあとに薬のことをどのくらい学ぶのか、現場で困っていること、薬剤師への依頼事項などを学びます。その後は薬剤師として何ができるのかを学びます。

到達目標:訪問看護ステーションの役割と薬剤師へのニーズを知る。
12月3日
2限
薬局外多職種連携 [2]
ヘルパーステーションの人と連携する

(G06-B020817120301)

講師:草野 真司
株式会社moreヘルパーステーションモア世田谷瀬田 管理者

ヘルパーステーションの介護士・介護福祉士との連携を学びます。ヘルパーステーションの介護士・介護福祉士から、資格の取り方、資格を取るには薬のことをどのくらい学ぶのか、資格を取ったあとに薬のことをどのくらい学ぶのか、現場で困っていること、薬剤師への依頼事項などを学びます。その後は薬剤師として何ができるのかを学びます。

到達目標:ヘルパーステーションの役割と薬剤師へのニーズを知る。
12月3日
3限
薬局外多職種連携 [3]
地域包括支援センターの人と連携する

(G06-B020917120301)

講師:竹中 毅
用賀あんしんすこやかセンター

地域包括支援センターにはどのような方がいるのかと連携の取り方を学びます。ケアマネジャーの資格の取り方、資格を取るには薬のことをどのくらい学ぶのか、資格を取ったあとに薬のことをどのくらい学ぶのか、現場で困っていること、薬剤師への依頼事項などを学びます。その後は薬剤師として何ができるのかを学びます。

到達目標:地域包括支援センターの役割と薬剤師へのニーズを知る。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

漢方・鍼灸 寒熱・脾胃・気血水の現代医学的解釈と臨床応用 (A04)

伊藤 剛

北里大学東洋医学総合研究所 所長補佐 臨床准教授
漢方鍼灸治療センター副センター長

講義内容

寒熱・脾胃・気血水などの漢方医学理論を、「冷え症」、「消化器疾患」、「心身症」などの臨床を通して現代医学的にも理解し、応用できるようにする。

2017年 講義概要
10月22日
1限
冷え症と体温調節障害より診た寒熱・脾胃・気血水の漢方臨床
(G06-A040117102201)

講師:伊藤 剛(医師)
北里大学東洋医学総合研究所 所長補佐、臨床准教授
漢方鍼灸治療センター副センター長

古典に書かれているのは「寒熱」の異常により引き起こされた病態に対する治療であり、「冷え 症」の治療ではない。「冷え症」や「冷え」「のぼせ」などの体温調節障害の病態と治療を寒熱・ 脾胃・気血水と現代医学的観点からも解説する。

到達目標:体温調節障害の病態と治療を、「脾胃」「寒熱」「気血水」より理解する。
10月22日
2限
消化器疾患より診た寒熱・脾胃・気血水の漢方臨床

(G06-A040217102201)

漢方ではどのような治療に際してもまず脾胃が重視される。脾胃とは胃腸やその機能を表す概 念であるが、消化器疾患の漢方診断と治療を、この消化器疾患の病態を脾胃、寒熱、気血水 と現代医学的観点からもから解説する。

到達目標:消化器疾患の病態と治療を、「脾胃」「寒熱」「気血水」より理解する。
10月22日
3限
心身症より診た寒熱・脾胃・気血水の漢方臨床

(G06-A040317102201)

漢方の基本概念に「心身一如」があるように、心身症では身体と精神を一つのものと捉える漢 方治療が適応となる疾患が多い。この心身症の漢方診断と治療を、脾胃、寒熱、気血水の病 態と同時に現代医学的観点から解説する。

到達目標:心身症の病態と治療を、「脾胃」「寒熱」「気血水」より理解する。

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

緩和ケア 中級・アドバンス (F02)

加賀谷 肇

明治薬科大学 臨床薬剤学 教授

2017年 講義概要
11月19日
1限
緩和ケア 中級・アドバンス
(G06-F020117111901)

緩和ケア症状マネジメントのポイント(10:30〜11:00)
講師:加賀谷 肇

患者とのアドバンスコミュニケーション(11:00〜12:00) 
講師:伊東 俊雅
東京女子医科大学東医療センター薬剤部 薬剤部長

11月19日
2限
緩和ケア 中級・アドバンス
(G06-F020217111901)

緩和ケアにおける症例の見方(13:00〜14:00)
講師:金子 健
慶應義塾大学病院薬剤部 緩和ケアチーム専任薬剤師

模擬患者を用いた実践ロールプレイ(14:00〜14:30)
講師:
伊東 俊雅
金子 健
加賀谷 肇

チューター:
佐野 和美
野澤 玲子
11月19日
3限
緩和ケア 中級・アドバンス
(G06-F020317111901)

模擬患者を用いた実践ロールプレイ(続き)(14:40〜15:40) 
講師:
伊東 俊雅
金子 健
加賀谷 肇

チューター:佐野 和美
野澤 玲子

症例のまとめ(15:40〜16:10)
講師:
伊東 俊雅
金子 健
加賀谷 肇

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ

病院薬学コース特別講演会 (J01)

三田 充男

明治薬科大学 薬効学 准教授

2017年 講義概要
5月13日 感染症治療の考えかた・患者の診かた
(G06-J010117051302)

講師:浦上 宗治
佐賀大学医学部附属病院感染制御部

6月3日 専門薬剤師による感染症コンサルテーション
(G06-J010217060302)

講師:浦上 宗治
佐賀大学医学部附属病院感染制御部

7月22日 医薬品情報と臨床薬理が支える臨床薬学サービス
(G06-J010317072202)

講師:小川 竜一
明治薬科大学薬物治療学講師

9月16日 ICU 多職種チームにおける薬剤師の役割〜敗血症の薬物治療〜
(G06-J010417091602)

講師:前田 幹広
聖マリアンナ医科大学病院薬剤部

10月7日 がん治療における薬剤師の役割:病棟業務から臨床研究まで
(G06-J010517100702)

講師:
望月 伸夫
魚住 真哉
国立がん研究センター東病院 薬剤部

11月18日 循環器疾患と薬学的管理(仮題)
(G06-J010617111802)

講師:
古屋 順一
榊原記念病院 薬剤科

循環器専門病院における感染症対策(仮題)

講師:
坪田 吉宏
榊原記念病院 薬剤科

2018年
1月
※確定次第掲載します。

2018年
2月17日
糖尿病治療への薬剤師の関わり
(G06-J010818021702)

講師:堀川 俊二
JR尾道総合病院 薬剤部長
2018年
3月10日
集学的チーム医療の実践
(G06-J010918031002)

講師: 四十物 由香
日立総合病院薬剤部

講義タイトル下の( )内は講義の単位識別コードです。

このページの上へ