分子製剤学研究室のScope

2014年9月に開設された新しい研究室です!
製剤学は、薬物を患者さんに投与できる姿(剤形)にデザインする学問です。
薬物の物理化学的な面と、患者さんの臨床的な面を結ぶハイブリッドな分野といえます。
本研究室では、「医薬品製剤」を「分子レベル」で評価することにより、製薬企業等で求められる、
(1)医薬品原薬の結晶形態に関する研究と平行して、臨床現場等で求められる
(2)医薬品製剤の特性評価を2本柱として研究を行っています。

所在地

明治薬科大学 分子製剤学研究室
〒204-8588 東京都清瀬市野塩2-522-1
研究棟6階 西端ブロック
Meiji Pharmaceutical University
Department of Molecular Pharmaceutics
2-522-1 Noshio, Kiyose, Tokyo 204-8588 JAPAN

What's New

2016年9月28日

米国・ミネソタ州で行われた「SCIX2016」にて,深水教授が「Pharmaceutical evaluation of atorvastatin calcium tablets available on the Internet」、 井上助教が「Real-time monitoring of crystalline compounds using in situ low frequency Raman probe」という演題で招待講演を行いました。

2016年9月2日

8月30、31日の2日間で小田原・箱根方面へ研究室旅行に行きました。 1日目はMeijiSeikaファルマ株式会社小田原工場を見学させていただき、2日目には箱根小涌園ユネッサンで温泉を満喫してきました。

2016年7月13日

4年生の朝倉雄磨君と嶽本佳菜子さんがフジテレビのめざましジャンケンコーナーに出演しました。そのなかで、薬剤師国家試験に向けて勉強を頑張るとの意思を表明しています!

2016年7月11日

大学院生 久田浩史さんの論文(Org. Process. Res. Dev.,19, 1796-98 (2015))がファルマシア7月号のEditor's eyeにて紹介されました。

2016年6月24日

深水啓朗教授が京都で行われた「The 1st Workshop for Japan-Korea Young Scientists on Pharmaceutics」にて,Organizing Committeeを務めました。

2016年5月11日

深水啓朗教授が東京で行われた「バイオテック2016」にて,「医薬品コクリスタル(共結晶)の超微量探索スクリーニング」という演題で研究シーズを発表しました。

2016年4月4日

メンバーの更新を行いました。

2015年11月26日

深水啓朗教授が東京で行われた「INCHEM TOKYO 2015 Germany-Japan Forum for Innovative Products and Technology」にて,「Development of Useful Tools for Advancing Pharmaceutical Cocrystals」という演題で招待講演を行いました。

2015年9月27日

深水啓朗教授が米国・ロードアイランド州で行われた「SCIX2015」にて,「Chemical Imaging of Crystalline Components in Pharmaceutical Dosage Forms by Using Low Frequency Raman Spectroscopy」という演題で招待講演を行いました。

2015年9月12日

4年生の鈴木郁也君が日本大学薬学部行われた「第59回 日本薬学会関東支部大会」にて、「医薬品Cocrystalの探索スクリーニングにおける携帯型ラマン分光計の応用」という演題で優秀ポスター賞を受賞しました。

2015年6月22日

井上元基助教がオランダ・アムステルダムで行われた「5th International Colloids Conference」で,「Fabrication of glutaraldehyde-crosslinked polyphenols for recovery of precious metal from electronic waste」という演題で発表しました。

2015年6月17日

深水啓朗教授がドイツ・フランクフルトで行われた「ACHEMA2015」併催の「IPNF2015」で、「Novel pharmaceutical cocrystal consisting of paracetamol and trimethylglycine, a new promising cocrystal former」という演題で招待講演を行いました。
< http://ipnf2015.com/m/program_2.html >

2015年6月4日

深水啓朗教授が京都大学薬学部で行われた「第33回物性物理化学研究会」で、「実用段階に到達した医薬品共結晶の基礎と最新動向」という演題で招待講演を行いました。

2015年6月1日

「明治薬科大学 分子製剤学研究室」のホームページを公開しました。

Graphical What's New