学部

薬学科/6年制

特徴

6年制に移行した薬剤師養成教育。そのいちばんの目的は、充実した臨床実習を経て、患者さんの薬物治療の支えとなる薬剤師を育成することです。医師の処方箋に従って薬を調剤するだけでなく、医療の現場で患者さんと直接ふれあいサポートしていく役割が求められています。

カリキュラム

基礎教育からコミュニケーション能力の育成、充実した実習病院など、6年間の教育課程を通して、医療人としての薬剤師を育成します。特に薬学科の大きな特徴として、5年次後期に希望進路に即してより実践的な実習や研修が受けられる7コースの独自カリキュラムを設定しています。

科目一覧

1・2年次の素養科目・基礎科目から、3・4年次の衛生科目・医療科目、5・6年次の実習科目・総合科目へと段階的・有機的に学びながら、医療とくすりを総合的に理解するための科目を配置しています。選択科目では、広い視野をもつための教養科目と外国語科目も充実しています。

このページの上へ