学部

薬学部の概要

6年制の薬学科と4年制の生命創薬科学科の2学科制を併設し、
実践的な医療薬学教育から研究まで幅広く網羅した薬科大学。

薬学科の教育目標は、医療技術の高度化、医薬分業の進展などに伴う医薬品の安全使用といった社会的要請に応える医療の担い手としての質の高い薬剤師の養成にあります。また、生命創薬科学科の教育目標は、生命科学と創薬化学の確かな基礎学力と研究能力を身につけ、問題提起及び解決を図ることのできる人材の育成です。質の高い教授陣とトップクラスの研究施設を備え、充実した教育カリキュラムを展開しています。

薬学科/6年制

これからの医療現場で求められる医療人としての薬剤師を養成

医療技術の高度化や医薬分業の進展など、医療をとりまく社会環境の変化とともに、薬剤師に求められる役割が大きく変わり、その活躍の場も広がっています。また、2006年より薬学教育が4年制から6年制へと移行し、社会の要請に応えることができる医療の担い手として、より質の高い薬剤師の養成が求められています。本学の薬学科では、それらの時代のニーズに応えるべく、「薬剤師の社会的使命を強く自覚した人材の養成」、「薬物治療の責任の一端を担える薬剤師の養成」、「医療人としてのコミュニケーション能力の開発」、そして「医療全体を社会的視点で思考することのできる人材の育成」を教育目標としています。実践的な薬物治療学やコミュニケーション能力を育成するための充実した臨床実習を通して、様々な医療の現場で活躍し、信頼される薬剤師の養成を目指しています。
薬学科を卒業した者には、学士(薬学)の学位が授与されます。

生命創薬科学科/4年制

医療に貢献する質の高い創薬の研究者、専門技術者を育成

生命創薬科学科は、早期から大学院との連携を図った教育カリキュラムにより、生命科学と創薬にかかわる研究者、専門技術者の育成を目指します。本学科では、「生命科学と創薬化学分野の確かな基礎学力、研究能力を身につけ、問題解決ができる人材」、「強い探究心と洞察力を持つ発想力豊かな人材」、「論理的な思考力と高い発表能力を持つ人材」、そして「生命を尊重し、豊かな人間性を持った薬学人」の育成を教育目標としています。少人数制の行動型授業でコミュニケーション能力を養うとともに、多彩な研究体験を通して論理的思考力を伸ばしていきます。また、将来、研究職・専門技術職を目指し大学院への進学を希望する学生には、なるべく早くから薬学の専門性を高めるため、大学院特論の早期履修制度を設け、学生の目標達成を支援しています。
生命創薬科学科を卒業した者には、学士(薬科学)の学位が授与されます。

薬学部の学部学科構成図



このページの上へ