学部

薬学部の概要

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

薬学科のディプロマ・ポリシー

薬学科の教育目標は、次に示すような能力を備えた医療の担い手としての質の高い薬剤師の養成です。この目的を達成するために編成されたカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修得した者に対して、卒業を認定し、「学士(薬学)」の学位を授与します。

  1. 医療人としての社会的使命を担える薬剤師や医療系研究者を目指す。
  2. 医療・製薬・保健衛生の様々な分野で必要となる基礎知識・技能・態度を修得する。
  3. 薬物治療に責任をもてる薬剤師になる。
  4. 医療人としてのコミュニケ−ション能力を備える。
  5. 医療全体を社会的視点で思考することができる。
  6. 生涯に亘って学習する習慣を身につける。

生命創薬科学科のディプロマ・ポリシー

将来さまざまな生命関連職種で必要となる次に示すような基本知識・技術・態度を適切に身に付け、卒業に必要な単位を修得した者に対して卒業を認定し、「学士(薬科学)」の学位を授与します。

  1. 創薬化学分野の基礎学力を身につける。
  2. 生命科学分野の基礎学力を身につける。
  3. 創薬科学に関わるために必要となる医療薬学の素養を身につける。
  4. 幅広い学問分野の素養を身につけ、強い探究心と洞察力を養う。
  5. 論理的思考に基づく知識の応用の仕方を学び、発想力と独創性を涵養する。

このページの上へ