学部

生命創薬科学科/4年制

特徴

大学院と連動した研究体験を通して、医療に貢献する創薬の研究者・専門技能者を育成します。

授業科目は大学院と連動

4年制の生命創薬科学科では、学部在籍時から生命科学や創薬に携わる研究者の養成を目指す大学院と様々な連携を図ります。3年次の総合実習や4年次の卒業研究を、大学院の教育と連動させ、学部卒業後に大学院へと進み、スムーズに各人の専門性を高められる体制を整えます。また、大学院特論も選択履修でき、大学院進学後に単位として認められます。

少人数制の演習スタイル

3年次までの物理化学、有機化学、生化学、薬理学などの基礎的科目では、講義とともに少人数による学生主体の演習スタイルを取り入れ、基礎知識の理解を確実にします。また、4年次の卒業研究はマンツーマンに近い体制で、研究姿勢、語学力まで総合的に指導します。

充実した研究体験

3年次から生命科学系研究室と創薬化学系研究室における長期実習を実施します。4年次の卒業研究では、1つのテーマをじっくりと時間をかけて研究からプレゼンテーションまで行います。専門分野の知識、技能を修得しながら、探究心や論理的思考力、洞察力を伸ばし、プレゼンテーション能力も養います。

医療薬学系科目も充実

将来を見据えた多様な就職分野への対応を図るためのカリキュラムを実施しています。他の理系学部にない医療薬学系科目も充実しています。

大学院進学へのサポート体制

薬学の専門性を高め、将来、研究職を目指す学生が、大学院への進学をなるべく早く決め、4年次の卒業研究に集中できるよう、本学科では早期から本学大学院への指導を積極的に行います。本学大学院への進学希望者には、3年次から指導を始めて、より多くの学生が大学院推薦入試で合格できる体制を整えています。

このページの上へ