明治薬科大学 広報 No.98
6/24

第53回明薬祭 平成28年10月14日(金)〜16日(日)、第53回明薬祭を開催しました。学園祭にご協賛いただいた企業の方をはじめとして、運営にあたりご協力いただきました多くの方々に厚く御礼申し上げます。 私たちは、『百花勢放〜今、咲き誇れ〜』というテーマを掲げ、第53回明薬祭の準備を進めて参りました。このテーマには、多くの人が同時に才能を発揮し、学園祭当日に、一斉に花開き活気のある学園祭にしたいという願いが込められています。 前夜祭では、学生だけの『祭』ということもあり、短時間ではありましたが、学生ならではの活気ある一日を過ごすことができました。オープニング企画では、多くの参加者で賑わい、豪華賞品が当選して喜んでいる学生の姿も見られました。そして、一般の方が多くいらっしゃった本祭の2日間は、お化け屋敷や、ミニラボ、ステージ企画などの実行委員が考えた企画や、多くのサークルの屋台や発表、お笑いライブやトークショーが行われ、様々な年齢層の方がこの明薬祭に足を運んでくださいました。 また、今年は来場者数が昨年を下回ってしまいましたが、様々な企画があらゆる場所で行われていたため、どこにいても活気のある学園祭になり、来場者の方から直接お褒めの言葉もいただきました。 第53回明薬祭は本当に多くの方の支えもあって成り立ちました。振り返ると、私たち実行委員は学園祭を運営する立場で、3日間を通して自由な時間はほとんどありませんでした。しかし、多くの方の喜ぶ姿が私たちのエネルギーとなり、大きな問題もなく無事やり遂げることができました。この経験を活かし後輩たちには、来年さらに素晴らしい学園祭を創りあげてもらいたいと思います。 次の世代への期待を込め、ここに第53回明薬祭の報告とさせていただきます。 (明薬祭実行委員長      )5

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る