明治薬科大学 広報 No.100
28/28

○Peace Now! Nagasaki 2017への参加 8月8日(火)から11日(金)の日程で開催された「Peace Now! Nagasaki 2017」(大学生協企画)へ2名の学生が参加。平和記念式典およびフィールドワークに参加し、被爆者の方から話を聞き、全国の学生たちと平和について交流してきました。学生食堂で皆さんに折っていただいた千羽鶴と平和を願う気持ちを会場に無事届けることができました。たくさんのご協力ありがとうございました。参加メンバー2名は明薬祭に向け、現地での体験や考えた事をどのように伝えていくか発表の準備を進めています。(明治薬科大学生活協同組合理事長 川北 晃司)生協だより生協だより○第21回通常総代会開催報告 5月29日(月)午後5時40分より、第21回通常総代会が総合教育研究棟フロネシス講義室1にて、選出総代過半数の実出席により開催されました。「2016年度活動報告」、「2017年度活動方針及び予算決定」、「第5期中期計画」等の提案と総代会で承認が必要とされる「定款」や「総代会運営規則」・「総代選挙規約」・「役員選挙規約」・「監事監査規則」の一部改正案もすべて承認可決されました。「役員選挙」では理事・監事の全員が信任されました。 総代会終了後に開催した第1回理事会で互選により、北原嘉泰前理事長の後任として私 川北晃司(倫理学)が新理事長として選出されました。生協組合員や大学内の皆さまのご協力を頂戴しつつ、新たに承認された第5期中期計画のテーマ「みんなの生協 Step Up !」を基本に、微力ではありますが生協の役割を果たしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。○100円朝食を後援会のご協力で提供しました 朝食を食べて授業を受ける習慣をサポートするために後援会のご協力により、本年も4月24日(月)からの5日間の期間で「100円朝食」を実施しました。期間中は多くの学生に利用していただき大変ありがとうございました。URL:http://www.my-pharm.ac.jpTEL 042-495-8611 FAX 042-495-8612本誌掲載記事・写真などの無断転載を禁じます。明治薬科大学広報について、ご意見、ご感想がありましたら、下記までお寄せください。 ⓒ Meiji Pharmaceutical University 2017 「明治薬科大学広報」がついに100号を迎えました。そこで本号では「大学広報100号記念」の特集を組み、これまで大学広報の執筆や編集に携わってこられた方々に、思い出を寄せていただきました。創刊に至った経緯をはじめ、編集作業での喜びや苦悩、印象に残っている特集記事など、寄せられたエピソードを通じて、大学広報が多くの方々の熱意に支えられてきたことを改めて実感します。 本誌にも一部掲載しましたが、100冊の大学広報を並べてみると壮観な景色が広がります。どの号を開いてみても、当時の大学の様子が手に取るように伝わってきます。まさに大学広報はその時々の明薬の姿を映し出す「窓」のような存在です。そして、毎年入学式に始まり卒業式に終わるという繰り返しの一年のように見えながら、大学広報の窓が映し出す景色は変化しています。それは、社会情勢に応じてその時代が求める薬学教育を模索するなかで、明薬そのものが絶えず変化を続けているからでしょう。大学広報がこれからも明薬の今を伝える役割を果すとともに、前進を続ける明薬の記録でもあることを願います。 最後になりましたが、大学広報100号発行にあたり、原稿執筆にご協力頂きました皆様に心より御礼申し上げます。(出版委員会 高野 麻子)一本柱鳥居平和記念式典ネコノヒゲ(薬用植物園)

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る