明治薬科大学 広報 No.100
22/28

教 職 員 紹 介分子製剤学 助手大おお西にし 優ゆう この度、10月1日付で分子製剤学研究室の助手として着任致しました大西 優と申します。私は日本大学薬学部薬学科を卒業後、日本ジェネリック株式会社に就職しました。大学では薬剤学研究室に所属し、脳梗塞モデルマウスを用いた新規化合物の薬理作用について研究していました。就職後は3年間製剤化研究に従事しており、原薬選定のための基礎調査、製剤化、治験薬製造、工業化検討など幅広い業務に携わってきました。後発医薬品の製剤化は先発医薬品に付加価値をつける工夫をし、患者さんや医療現場のニーズを捉えながら改良していくという面に非常に面白さを感じました。本学の研究では企業での経験を踏まえ、現場で役に立つような解析手法の研究開発に尽力していきたいと考えております。また製剤学という研究分野を通して、学生の皆さんに1つでも多く、薬学の面白さを伝えていければと考えております。 大学という新しいフィールドでの挑戦に期待と不安の気持ちでいっぱいですが、教育、研究ともに意欲的に取り組んでいきたいと考えております。どうぞ、よろしくお願い致します。教務部 教務課上うえ杉すぎ 紫し野の この度、10月1日付で事務職員として働かせて頂くこととなりました、上杉 紫野と申します。大学では日本史学を専攻し、日本中世史研究をしてきました。 卒業後は、大学時代、研究のために全国各地の史跡を巡った経験を活かしたいと考え、旅行販売会社に就職し、約3年間コールセンター職に従事してまいりました。 前職に就いた当初、学生と社会人の考え方のギャップに戸惑い、新入社員の指導にも携わるうちに、学生のうちに強い精神力や探求心を身に付けることが大切だと感じました。本学での研究を通して、強い探求心と洞察力、独創的発想力を成長させていく学生の皆さんの、社会に出る前の貴重な時間をサポートしたいと考えるようになり、本学職員の志望に至りました。 前職のコールセンター職で培ったコミュニケーション能力を活かし、学生の皆さんが楽しく有意義な学生生活を送れるよう、また、教職員、その他明治薬科大学に関わる全ての皆様のお役に立てるよう、精一杯励んでまいりたいと考えております。 若輩者ではございますが、一日でも早く戦力となれるよう邁進してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い致します。薬物動態学 助手髙たか島しま 勇ゆう基き この度、10月1日付で薬物動態学研究室の助手として着任致しました髙島勇基と申します。私は本年3月に本学薬学部薬学科を卒業後、短い期間ではありましたが保険薬局で薬局業務を行ってきました。 卒業研究では抗凝固薬の体内動態の個体差発現要因の解析を行いました。薬剤の効果・副作用に影響を及ぼす因子を探索し、日本人を対象に個々の患者に対する抗凝固薬の適切な投与方法の確立を目的としています。これから超高齢化社会に突入し、医療を受ける人の割合も増加していく傾向にあるといわれているため、さらに個々の患者に対する投与設計が重要になると考えています。このように医療現場において解決が望まれる問題に焦点を当てて、薬物治療に貢献していきたいと考えています。 今後はこれまでの研究での経験を活かしつつ、新しいテーマや解析手法等にも挑戦していきたいと考えています。教育面では、薬物動態学の基礎や薬剤師として現場で必要となる知識だけではなく、薬物動態学の魅力や面白さも同時に伝えていきたいと思います。また学生が積極的に学習・研究に取り組んでいけるようサポートしていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。教務部 教務課椎しい葉ば 莉り沙さ この度、10月1日付で事務職員として勤務することになりました椎葉 莉沙と申します。大学では日本文学を専攻し、近代文学のゼミに入っておりました。また、独学で簿記の勉強をしておりました。 卒業後は、百貨店の子会社に入社し、事業部内の予算・実績の管理や会計処理、特別なお客様とのクリーニング受付窓口、資料の作成等を行っておりました。間違いが起きないように、正確・的確に業務を行うことを努めていました。また、勤務している際は、誠意をもって人と向き合うことを大事にしておりました。 沢山の人達と接点を持ち、やりがいを持って、働きたいという思いから本学を志望いたしました。本学で薬学を学び夢や目標を実現しようとしている学生の方々の役に立てることは、自分自身にとって大きなやりがいになると感じております。 未熟者ですが、早く本学で貢献出来るよう、身を引き締めて一所懸命業務にあたりたいと思います。明治薬科大学の職員として、学生の方々や教職員の方々の気持ち・考えを真摯に受け止め、誠意をもって仕事に取り組んで参りたいと思います。前向きに、本学で多くのことを学んで吸収していきたいです。将来は、学生の方々からも、教職員の方々からも、頼って頂けるような人物になれたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。21

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る