大学概要

明治薬科大学の歴史

沿革

歴史と沿革【明薬tv】

1902年 明治35年 4月 恩田重信(初代校長)、東京神田区三崎町に東京薬学専門学校を設立
1903年 明治36年 9月 東京薬学専門学校第1回生卒業
1904年 明治37年 4月 文部省専門学校令により神田薬学校と改称
1906年 明治39年 3月 神田薬学校を明治薬学校と改称
1907年 明治40年 3月 東京女子薬学校を併設(我が国最初の女子薬学校の誕生)
7月 両校共に麹町区紀尾井町に校舎を移転
1909年 明治42年 3月 東京女子薬学校第1回生卒業
1919年 大正8年 3月 麹町区中六番町に明治薬学校校舎を新築移転
紀尾井町校舎は東京女子薬学校専用になる
1920年 大正9年 2月 経営母体としての財団法人明治薬学校設立
1922年 大正11年 11月 財団法人明治薬学校から財団法人明治薬学専門学校へ改称
1923年 大正12年 2月 明治薬学専門学校設立認可(専門学校への昇格)
9月 関東大震災により校舎焼失
1924年 大正13年 4月 渋谷区笹塚に校舎を新築移転
1926年 大正15年 3月 明治薬学専門学校第1回生卒業
1930年 昭和5年 4月 財団法人明治薬学専門学校から財団法人明薬学園の変更認可
9月 明治薬学専門学校を笹塚校舎から駒沢(世田谷)校舎へ移転

東京女子薬学校を紀尾井町校舎から笹塚校舎へ移転
11月 東京女子薬学専門学校設立認可(専門学校への昇格)
1932年 昭和7年 3月 東京女子薬学専門学校第1回生卒業。
1945年 昭和20年 5月 戦火により東京女子薬学専門学校の校舎を焼失
明治薬学専門学校の校舎に避難
1946年 昭和21年 1月 東京女子薬学専門学校を東京田無町(現西東京市)に移転
1949年 昭和24年 2月 明治薬学専門学校が新制大学として認可を受け、明治薬科大学となる
6月 恩田経介教授が初代学長に就任
1950年 昭和25年 4月 東京女子薬学専門学校が明治薬科大学・田無校として認可
1951年 昭和26年 2月 財団法人明薬学園を学校法人明薬学園に組織変更
1953年 昭和28年 3月 明治薬科大学第1回生卒業
1957年 昭和32年 3月 世田谷校を製薬学科、田無校を厚生薬学科として認可
1964年 昭和39年 4月 田無校の厚生薬学科を薬剤学科と改称
世田谷校に衛生薬学科の学科増設を認可
1972年 昭和47年 4月 久保忠道教授、第二代学長に就任
1974年 昭和49年 8月 千代田区紀尾井町に剛堂会館ビルを竣工
1975年 昭和50年 3月 大学院薬学研究科薬学専攻修士課程設置認可
1977年 昭和52年 3月 大学院薬学研究科薬学専攻博士課程(後期)設置認可
1984年 昭和59年 4月 中野三郎教授、第三代学長に就任
1992年 平成4年 1月 大石 武氏、第四代学長に就任
1995年 平成7年 4月 大学院博士課程(前期)に社会人コースを開設
12月 大学院薬学研究科臨床薬学専攻博士課程(前期)・博士課程(後期)設置認可
1998年 平成10年 8月 清瀬キャンパス竣工
東京都世田谷区並びに田無市から、東京都清瀬市に移転
法人名を学校法人明治薬科大学に改称
1998年 平成10年 9月 清瀬キャンパスにて授業開始
2000年 平成12年 3月 坂本正コ教授、第五代学長に就任
2001年 平成13年 4月 連携大学院方式を導入
2002年 平成14年 5月 創学100周年記念式典を挙行
2004年 平成16年 4月 久保陽コ教授、第六代学長に就任
2005年 平成17年 12月 大学院創設30周年記念式典を挙行
2006年 平成18年 4月 薬学科(6年制)、生命創薬科学科(4年制)を設置
2009年 平成21年 3月 総合教育研究棟フロネシスが完成
2010年 平成22年 4月 大学院薬学研究科生命創薬科学専攻博士課程(前期)を設置
2012年 平成24年 4月 石井啓太郎教授、第七代学長に就任
大学院薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制)、生命創薬科学専攻博士課程(後期)を設置
5月 創学110周年記念式典を挙行
2014年 平成26年 2月 附属薬局を東京都東久留米市に開設
2016年 平成28年 2月 女子寮せせらぎを竣工

このページの上へ