大学概要

明治薬科大学の歴史

創学者 恩田重信


明治薬科大学
創学者 恩田重信

1900(明治33)年、帝国議会に「医薬分業法案」が提出された。法案の目的は、欧米諸国と同様に日本も医・薬を分業し、国民の健康向上を目指すことにあった。
法案はほぼ通過するかと思われたが、「日本は医師の数に比べ薬剤師の数が少なすぎる。現状では分業を実施しようとしても成り立たないだろう」という反対演説により否決された。

医薬分業を目指す人々は落胆したが、その中でひとり、「分業の実現には薬剤師の増員が不可欠。ならば薬剤師を養成する教育機関をつくろう」と決意し、実現させた人物がいる。本学の創学者・恩田重信である。

法案否決から2年後の1902(明治35)年、恩田重信はその言葉どおり、神田区三崎町(現千代田区三崎町)に「東京薬学専門学校」を開校する。開校当時は大成学館の一室を借り受け、学生14人からの出発であった。

1906(明治39)年、創立より5年の歳月が経過、「明治薬学校」と改称し、学生数も200人を越えるまでになっていたが、未だ自前の校舎を持つには至らなかった。6回もの移転を余儀なくされ、独立校舎の必要性を痛感していた折、恩田は紀尾井町の私立誠思小学校が売りに出されていることを知る。そこで、自著である『新医学大字典』の印税と知人からの借金を合わせて同校舎を買収。1907(明治40)年7月より、初の独立校舎での講義が始まった。以来、記念すべき紀尾井町のこの地は、本学発祥の地として歴史に刻み込まれている。

校舎前での恩田重信 震災復興募金行脚
校舎前での恩田重信
1914(大正13年)撮影
震災復興募金行脚
恩田重信自ら震災復興の募金を募るため全国へと行脚した。その呼びかけに応えて、各地で生まれた出身者有志による復興運動は次第に全国へと広がった。

創学者 恩田重信(剛堂) 年譜

1861年 文久元年 6月 信州松代藩真田家家臣 恩田十郎時篤の長男として松代にて出生
1879年 明治12年 12月 東京大学医学部製薬学科入学
1882年 明治15年 3月 内務省衛生局東京司薬場に勤務
6月 東京大学医学部製薬学科卒業
11月 千葉医学校二等助教諭兼同校附属病院調剤官
1884年 明治17年 8月 千葉医学校附属病院薬局長
1885年 明治18年 1月 千葉医学校附属病院薬局長依願免官
10月 陸軍薬剤官試補、仙台鎮台病院薬剤科出仕
1886年 明治19年 7月 陸軍三等薬剤官、仙台鎮台病院附
11月 正八位に叙せらる
1887年 明治20年 10月 新発田分営重病室附
1888年 明治21年 11月 新発田衛戍病院附
1889年 明治22年 11月 仙台衛戍病院附、陸軍二等薬剤官
1891年 明治24年 3月 松山衛戍病院附
12月 従七位に叙せらる
1892年 明治25年 3月 広島衛戍病院附
1893年 明治26年 11月 高崎衛戍病院附
1894年 明治27年 8月 動員、第一師団衛生予備廠附
9月 出征(日清戦争)
1895年 明治28年 6月 大本営附、台湾出張
8月 台湾総督府陸軍局軍医部附、陸軍一等薬剤官
10月 勲六等に叙せられ、単光旭日章を賜る
11月 従軍記章を賜る
1896年 明治29年 3月 名古屋衛戍病院附、正七位に叙せらる
1897年 明治30年 6月 休職
1902年 明治35年 3月 東京薬学専門学校を設立し、初代校長に就任
6月 予備役編入、従六位に叙せらる
1904年 明治37年 2月 予備召集、近衛師団衛生予備廠附、出征(日露戦争)
7月 病気のため帰国、広島予備病院入院、東京予備病院渋谷分院転院
8月 退院、東京第二衛戍病院附
10月 東京予備病院附、同世田谷分院附
11月 東京予備病院戸山分院附
1906年 明治39年 1月 召集解除
2月 陸軍三等薬剤正
4月 勲五等に叙せられ、双光旭日章を賜る
1907年 明治40年 3月 東京女子薬学校を設立し、初代校長に就任
1919年 大正8年 3月 東京女子薬学校校長を退任
1920年 大正9年 2月 財団法人明治薬学校理事長に就任
1923年 大正12年 3月 明治薬学専門学校の初代校長に就任
9月 関東大震災により校舎を焼失、再建資金調達の全国行脚へ
1926年 大正15年 10月 財団法人明治薬学専門学校理事長を退任
1928年 昭和3年 11月 昭和天皇即位の大礼に際して教育功労者として表彰される
1931年 昭和6年 5月 財団法人明薬学園総理に推戴される
1932年 昭和7年 4月 明治薬学専門学校校長を退任し、引退
1940年 昭和15年 11月 紀元二千六百年記念祝典に際して教育功労者として勲四等に叙せらる
1944年 昭和19年 3月 郷里長野県松代に疎開
1947年 昭和22年 7月 郷里の生家にて逝去、享年87歳(菩提寺は、松代町の真田山長国寺)
10月 明治薬学専門学校世田谷校舎講堂にて学園葬を挙行

創学者 恩田重信先生の生家

国登録有形文化財 旧恩田邸

長野県長野市松代町松代字竹山町1506番地に所在する創学者恩田重信先生の生家(旧恩田邸)は、屋敷門と塀のある約300坪の敷地に、萱葺き屋根の母屋、土蔵、庭園を備えた江戸時代末期の武家屋敷です。周辺は長野市の伝統環境保存地区に指定されており、旧恩田邸が松代町の大変貴重な建物のひとつになっています。

旧松代藩の武家屋敷の特長を伝える旧恩田邸は、歴史的景観に寄与しているものとされ、平成25年11月、母屋と土蔵が国の登録有形文化財の指定を受けました。

母屋 土蔵
母屋 土蔵
庭園 表門
庭園 表門

旧恩田邸(恩田重信先生の生家)への行き方

所在地 長野県長野市松代町松代字竹山町1506番地
交通 鉄道 東京から長野新幹線でJR長野駅下車、
長野駅東口タクシー乗り場からタクシーで 約30分
バス アルピコ交通(旧川中島バス)
JR長野駅善光寺口バス乗り場から古戦場経由松代行きで
「松代八十二銀行前」まで 約30分 、
「松代八十二銀行前」バス停から 徒歩 約10分
上信越自動車道・長野ICより車で約10分
目標 幕末の思想家 佐久間象山を祀る「象山神社」のすぐ側です。

旧恩田邸マップ

このページの上へ