教育・研究

IT教育環境

明治薬科大学では、充実したIT教育環境を整備し学生の情報教育に力を注いでいます。 現在の情報化社会の進展はめざましく、学生の主な就職先である製薬企業、病院、調剤薬局などでも、情報処理能力は必要不可欠なものとなったおります。大学生活においても授業や課外活動の様々な場面でコンピュータを必要としています。本学では、情報処理演習を必修科目にしており、入学者全員に各自所有のノート型パーソナルコンピュータを持って頂いて、在学中に充分な情報処理能力を養っていただくことになっています。 学内ネットワークには有線LAN・無線LANを設置し、全学生と教職員がいつでも・どこからでもインターネットの世界に入ることが出来る環境を整えています。これを明治薬科大学教育環境ネットワーク(Meiji Yakkadaigaku Educational Environmental Network=MYEDEN)と呼んでいます。このネットワークを利用し、講義室には電子黒板を始めとしたマルチメディア機器を設置しパソコン、DVD、ビデオを利用した教育を可能にしています。では、現在のMYEDENに繋がる情報処理環境を紹介しましょう。

1.学内ネットワーク(ネットワーク基盤)

学内ネットワーク(学内LAN)は、幹線に光ケーブル1Gbps(1×10の9乗ビット毎秒の通信速度)が敷かれ、各部屋の情報コンセントには100Mbps(100×10の9乗ビット毎秒)で送受信されます。また、学生の学内動線上ほとんどの場所に無線LANのアクセスポイントが設置され、認証によっていつでも接続可能です。家庭でインターネット検索や電子メールを毎日利用しているように本学の学生も自分のパソコンから勉強する楽園として親しんでいます。

2.インターネットと電子メール

本学の学生と教職員はインターネットや電子メール(Webメール)を利用することが出来ます。また、電子メールは携帯電話のメールに転送設定が可能です。

3.マイポート(明薬ポータルサイト)

大学関係者専用のホームページ入口としてマイポート(MY-PORT)と名付けたページを提供しています。マイポートにログインしていただければ、いろいろなサービスが利用できます。

  1. お知らせ:学生一人一人に必要な情報をお知らせしています。(例:履修している科目の休講・時間変更や、大学・教職員からの連絡事項)
  2. Webメール:クリックするだけで認証なしにメールの確認及び送信が可能です。
  3. 学務システム:履修申請・成績照会や証明書発行申請及び時間割・シラバスなどの確認が出来ます。
  4. 就職関連情報:イベント等の確認や就職活動のサポートが受けられます。
  5. LMS/講義支援システム「マイキャスト」(MY-CAST): 収録した授業動画や講義資料の閲覧、授業の課題提出等が行えます。
  6. その他:情報教育研究センターが提供するマニュアル等の閲覧が可能です。

4.マルチメディア講義室

全ての講義室にマルチメディア装置(スクリーン、プロジェクター、パソコン等)を利用した電子黒板システムを導入しています。パソコンのディスプレイに表示した資料とその資料を表示しているディスプレイ(タブレット)に書いた文字が、そのままプロジェクターから投影され、同時に収録できるシステムです。ここで、収録された授業が、マイキャストで公開され、復習に利用できます。

5. CALL教室(Computer Assisted Learning Laboratories)

LL(Language Laboratory)機器とパソコンをLAN(Local Area Network)に繋いだシステムで、語学の授業などに利用されています。授業時間外は、70台のパソコン(Windows 7)が自由に利用できますので、学生同士や教員と学生との資料交換に利用されています。また、自習室にもこのシステムの一部として、20台のパソコン(Windows 7)が設置されています。

6. MBI研究会(Multimedia Based Instruction)

MBIとは“マルチメディアを利用した教育”を示します。情報機器の進化に伴い、高度で多面的な教育が求められている中、MBI研究会では、マルチメディア機器を駆使した教育方法の研究・開発を行っており、薬学教育の質の向上を目指しています。

このページの上へ