大学概要

理事長あいさつ

理事長あいさつ【明薬tv】


学校法人 明治薬科大学
理事長 奥山 徹

“There is always light behind the clouds !”…※1
(雲の向こうは、いつも青空)

明治という激動の時代にあって、医薬分業という新しい医療のかたちを実現させるため、薬学教育の道を切り拓いた人物がいました。その人こそが本学の創学者、恩田重信です。

恩田重信は東京帝国大学医学部製薬学科を卒業後、1902年(明治35年)、「薬学の普及と社会に有用な薬剤師を養成し、医薬分業を実施し、もって国民の保健衛生へ貢献する」ことを建学の精神として、東京薬学専門学校(本学の前身)を設立しました。以来、その精神は百十余年を数える明治薬科大学の歴史に脈々と受け継がれてきています。

このように本学は、いわば医薬分業の草分け的な存在であります。各方面の努力で、今日、医薬分業は数字の上では大きく進捗しました。しかし、「かかりつけ薬局」の更なる定着など、患者本位の医薬分業の実現には、まだ多くの課題があります。更に、厚生労働省は、「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21;第二次)」において、薬局を身近な医療提供施設に位置づけ、地域医療への貢献を強く求めております。

私どもでは、真の医薬分業の実現を目指すとともに、激動する医療制度や技術革新、薬学教育の多様化に対応できる研修・実践等を積み重ね、本学の理念であるフロネシス(実践知・賢慮)を備え、柔らかな心と豊かな人間性を持った、国際的にも通用する倫理観のある薬学人を社会に送り出すことを使命と考えております。

本学はこれまで3万5千名を超える優秀な薬学人を社会に送り出して参りました。その方々を中心として、本学では他に類を見ない「維持員制度」により経営が支えられています。これを一例として、卒業生の「母校を想う気持ち」は大学に反映され、卒業生どうしは固い絆で結ばれております。明治薬科大学は、「卒業したことの誇り」を生涯にわたって持ち続けることができる大学です。

私は、本学の経営責任者として、次世代を見据えた教育研究のレベルアップを図り、統合型学生支援システムの構築ならびに学生の満足度高揚に努め、教職員ともども新時代を切り拓いてまいります。

“Change before you have to !(変革せよ。改革を迫られる前に)”…※2


理事長 奥山 徹 <略歴>
 1967年 明治薬科大学 卒業
 1973年 東北大学大学院 修了 薬学博士
 1986年 明治薬科大学 生薬学教授
      (天然薬物学に名称変更)
 2009年 明治薬科大学 名誉教授
 2015年 学校法人 明治薬科大学 理事長 就任

※1:ルイーザ・メイ・オルコット(米国の女性小説家 / 1832〜1888)の言葉
※2: ジャック・ウェルチ(アメリカの実業家)の言葉

このページの上へ