「臨床遺伝学講座」の研究業績のデータです。




[ 学会発表 ]



講演・シンポジウム

【欧文】

 


【和文】

1. >櫻庭 均: ファブリー病:その診断方法とバイオマーカーの活用. 北河内・中河内ファブリー病セミナー, 2017. 10. 5, 大阪 

2. 櫻庭 均: 稀ではない疾患ファブリー病〜見逃さないために知っておきたいこと. 東京ファブリー病セミナー, 2017. 12. 5, 東京

3. 小川泰弘, 櫻庭 均, 大石一彦: ザンドホッフ病でのグリア細胞を標的とした治療薬の効果. 第19回応用薬理シンポジウム. 2017. 9. 15-16, 東京



一般演題

【欧文】

1. Tsukimura T., Togawa T., Wakamura T., Kato H., Sakuraba H.: From diagnosis to follow-up of Fabry patients receiving enzyme replacement therapy in Japan. 13th Annual World Symposium 2017. 2017.02.13-17, San Diego, USA.

2. Karageorgos L., Tomanin R., AlSayed M., Bailey M., Izzo E., Miller N., Sakuraba H., Zanetti A., Hopwood J.J.: Mucopolysaccharidosis type VI (MPS VI) and molecular analysis: A review of published classified variants in the ARSB Gene. ACMG 2017. 2017. 3. 21 - 25, Phoenix, USA.

3. Tomanin R., Karageorgos L., AlSayed M., Bailey M., Izzo E., Miller N., Sakuraba H., Zanetti A., Hopwood J.J.: Mucopolysaccharidosis type VI (MPS VI) and molecular analysis: A review of published classified variants in the ARSB Gene. 13th International Congress of Inborn Errors of Metabolism. 2017. 9. 5-8, Rio de Janeiro, Brazil.

4. Tomanin R., Karageorgos L., AlSayed M., Bailey M., Izzo E., Miller N., Sakuraba H., Zanetti A., Hopwood J.J.: Mucopolysaccharidosis type VI (MPS VI) and molecular analysis: A review of published classified variants in the ARSB gene. 21st ESGLD WORKSHOP. 2017. 9. 14-17, Ecully (Lyon), France.

5. Bailey M., Tomanin R., Karageorgos L., AlSayed M., Izzo E., Miller N., Sakuraba H., Zanetti A., Hopwood JJ.: Mucopolysaccharidosis type VI (MPS VI) and molecular analysis: a review of published classified variants in the ARSB gene. American Society of Human Genetics - 67th Annual Meeting (ASHG) as an encore. 2017. 10. 17-21, Orlando, USA.



【和文】

1. 重永雅志, 月村考宏, 佐藤温子, 兎川忠靖, 櫻庭 均: ファブリー病の診断における病因遺伝子変異と機能的多型. 日本薬学会第137年会. 2017. 3. 24-27, 仙台

2. 古澤栄梨, 齊藤貴洋, 小川泰弘, 櫻庭 均, 大石一彦: ザンドホッフ病モデルマウスでのアストロサイトにおけるA2A受容体とミクログリアの活性化の調節. 第19回応用薬理シンポジウム. 2017. 9. 15-16, 東京

3. 設楽修平, 齊藤貴洋, 小川泰弘, 櫻庭 均, 大石一彦: ザンドホッフ病モデルマウスにおける脳炎症の長期的な抑制による治療効果. 第19回応用薬理シンポジウム. 2017. 9. 15-16, 東京 

4. 宇野可奈子, 小川泰弘, 櫻庭 均, 大石一彦: ザンドホッフ病モデルマウスから樹立したiPS細胞の神経系への分化異常. 第19回応用薬理シンポジウム. 2017. 9. 15-16, 東京

5. 秋山裕理, 小川泰弘, 海津勝俊, 櫻庭 均, 大石一彦: ザンドホッフ病モデルマウス由来iPS細胞の神経系への分化異常はザンドホッフ病の病態を反映している. 第19回応用薬理シンポジウム. 2017. 9. 15-16, 東京

6. 原 佑太, 小川泰弘, 柳 勇介, 櫻庭 均, 大石一彦: レトロマー複合体の安定化はザンドホッフ病モデルマウス由来iPS細胞の神経系への分化異常を改善する. 第19回応用薬理シンポジウム, 2017. 9. 15-16, 東京