「臨床遺伝学講座」の研究業績のデータです。




[ 学会発表 ]



講演・シンポジウム

【欧文】

1. Sakuraba H.: High Risk Screening for Fabry Disease. Asian Congress for Lysosomal Storage Disease Screening, 2013. 5. 31 - 6. 1, Kumamoto, Japan.

2. Sakuraba H.: E66Q: Biochemical, pathological and structural studies. 3rd Update on Fabry Nephropathy: Biomarkers, Progression and Treatment Opportunities, 2013. 6. 4-5, Hong Kong, China.

3. Sakuraba H.: Genotype/phenotype correlation in Fabry disease. The 15th Annual Asia LSD Symposium, 2013. 11. 26, Chiba, Japan.



【和文】

1. 櫻庭 均: こんな症状を認めたら・・・ ファブリー病を理解し、診断・治療する. 川崎ファブリー病セミナー, 2013. 2. 5, 川崎

2. 櫻庭 均: ファブリー病の診断方法と最近の話題. 第2回大阪ファブリー病セミナー, 2013. 2. 20, 大阪

3. 櫻庭 均: ファブリー病 診断から治療まで. 福島ファブリー病セミナー, 2013. 2. 22, 福島

4. 櫻庭 均: 日常診療に潜在するファブリー病:病態・診断・治療. 三重ファブリー病セミナー, 2013. 2. 28, 三重

5. 櫻庭 均: リプレガル特定使用成績調査中間報告. 第7回ファブリー病シンポジウム, 2013. 3. 2, 東京

6. 櫻庭 均: 日常診療で遭遇するファブリー病 病態から治療まで. 京橋ファブリー病セミナー, 2013. 3. 13, 東京

7. 櫻庭 均: ファブリー病を疑うとき 診断・治療について. ファブリー病セミナー in 新潟, 2013. 5. 9, 新潟

8. 櫻庭 均: ファブリー病の治療戦略. 熊本ファブリー病フォーラム, 2013. 5. 24, 熊本

9. 櫻庭 均: ファブリー病の新しい治療薬開発に向かって. ふくろうの会 東京シンポジウム2013, 2013. 6. 1, 東京

10. 櫻庭 均: よくわかるシリーズ ファブリー病:ファブリー病の診断法. 第58回日本透析医学会 学術集会・総会, 2013. 6. 20-23, 福岡

11. 櫻庭 均: ファブリー病の最近の話題. ファブリー病セミナー 腎臓Special Lecture, 2013. 6. 22, 福岡

12. 櫻庭 均: 心疾患の中に潜在するファブリー病 ファブリー病の病態・診断について. 第23回Educational Seminar in Cardiology, 2013. 7. 9, 東京

13. 櫻庭 均: 日常診療に潜在するファブリー病:病態・診断・治療. 福井ファブリー病セミナー, 2013. 7. 19, 福井

14. 櫻庭 均: ファブリー病の最近の話題. 川口ファブリー病セミナー, 2013. 7. 30, 川口

15. 櫻庭 均: ファブリー病の診断方法と最近の話題. 秋田ファブリー病セミナー, 2013. 8. 2, 秋田

16. 櫻庭 均: ファブリー病へのアプローチ 診断・治療可能な希少疾患を見逃さないために. 西湘ファブリー病セミナー, 2013. 10. 16, 神奈川

17. 櫻庭 均: ファブリー病を知ろう 病態・診断・治療. 函館ファブリー病セミナー, 2013. 10. 18, 函館

18. 櫻庭 均: ファブリー病 その診断、治療の核心に迫る. 弘前ファブリー病セミナー, 2013. 10. 29, 青森

19. 櫻庭 均: 治療可能な希少疾病ファブリー病〜酵素補充療法の実際〜. 第40回 日本小児臨床薬理学会 学術集会, 2013. 11. 2, 横浜

20. 櫻庭 均: 原因不明のその症状、もしかするとファブリー病かもしれません. 山口ファブリー病セミナー, 2013. 12. 10, 山口



一般演題

【欧文】

1. Kawashima I., Mitobe S., Kodama T., Tsukimura T., Togawa T., Sakuraba H.: Development of enzyme replacement therapy with a modified enzyme and an activator for Fabry disease. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.

2. Shibasaki F., Nakano S., Togawa T., Tsukimura T., Kawashima I., Sakuraba H.: Development of a highly sensitive immuno-PCR measurement of α-galactosidase A protein levels in serum and plasma. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.

3. Nakano S., Togawa T., Tsukimura T., Kawashima I., Sakuraba H., Shibasaki F.: Rapid Immunochromatographic measurement of anti-α-galactosidase A antibodies in Fabry patients treated with enzyme replacement therapy. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.

4. Togawa T., Tsukimura T., Katayama M., Mitobe S., Sakuraba H.: Fabry patients exhibiting no elevation in plasma globotriaosylsphingosine level. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.

5. Tsukimura T., Takada M., Aizawa Y., Suzuki T., Katayama M., Sakuraba H., Togawa T.: Comparative study on the content of mannose 6-phosphate residues of recombinant lysosomal enzymes. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.

6. Itoh K., Tsuji D., Namba K., Yamaguchi S., Imataki I., Ishimaru N., Sakuraba H.: Establishment of human neural cell culture systems induced from iPS cells derived from Tay-Sachs disease patient for drug discovery. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.

7. Kitakaze K., Kawano K., Tsuji D., Asanuma D., Kamiya M., Urano Y., Sakuraba H., Itoh K.: Imaging of enzyme replacement with a novel fluorescent probe and purified lysosomal β-hexosaminidase carrying M6P-type glycans. The 3rd Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases / The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases. 2013. 11. 26, Chiba, Japan.



【和文】

1. 北風圭介, 辻 大輔, 浅沼大祐, 神谷真子, 浦野泰照, 櫻庭 均, 伊藤孝司: 酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs 病治療薬の開発. 日本薬学会第133年会, 2013. 3. 27-30, 横浜.

2. 水戸部さゆり, 兎川忠靖, 月村考宏, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: 血漿中Lyso-Gb3濃度の増加を伴わない特異なファブリー病患者群に関する研究. 日本薬学会第133年会, 2013. 3. 27-30, 横浜.

3. 月村考宏, 高澤かおり, 山下翔悟, 水戸部さゆり, 鈴木俊宏, 片山昌勅, 兎川忠靖, 櫻庭 均: グロボトリアオシルセラミドの新規測定法の開発: ファブリー病バイオマーカーへの応用. 日本薬学会第133年会, 2013. 3. 27-30, 横浜.

4. 高田 大, 相澤良明, 月村考宏, 兎川忠靖, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: リソソーム酵素中のマンノース-6-リン酸残基の測定. 日本薬学会第133年会, 2013. 3. 27-30, 横浜.

5. 月村考宏, 高田 大, 相澤良明, 鈴木俊宏, 片山昌勅, 櫻庭 均, 兎川忠靖: マンノース-6-リン酸残基の新規定量法の開発: 組換えヒトリソソーム酵素解析への応用. 第86回日本生化学会大会, 2013. 9. 11-13, 横浜.

6. 北風圭介, 河野加菜子, 田島陽一, 櫻庭 均, 伊藤孝司: テイ‐サックス病の新規治療薬開発を目指した機能改変型ヒトβ-ヘキソサミニダーゼBの精製および評価. 第86回日本生化学会大会, 2013. 9. 11-13, 横浜.

7. 田島陽一, 芝崎 太, 櫻庭 均: ポンペマウス骨格筋におけるp62 とParkinの蓄積. 第36回日本分子生物学会年会, 2013. 12. 3-6, 神戸.