「臨床遺伝学講座」の研究業績のデータです。




[ 学会発表 ]



講演・シンポジウム

【欧文】

1. Sakuraba H.: Construction of a database and development of new enzyme replacement therapy for Fabry disease. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

2. Sakuraba H.: Unraveling Fabry disease, improving care. 2nd European Fabry Expert Lounge 2012, 2012. 10. 12-13, Munich, Germany.

3. Sakuraba H.: Lyso-glycosphingolipids as biomarkers of sphingolipidoses. 4th International Forum for Lysosomal Storage Disorders & 17th Japanese Society for Lysosomal Disorders, 2012. 10. 4-6, Tokyo, Japan.



【和文】

1. 櫻庭 均: 高機能複合型新規リソソーム病治療薬の開発. 彩都産学官連携シンポジウム, 平成23年度研究開発事業成果発表会 [(独) 医薬基盤研究所] , 2012. 1. 18. 大阪

2. 櫻庭 均: ファブリー病〜早期診断の重要性〜. 愛知ファブリー病研究会, 2012. 1. 24. 愛知

3. 櫻庭 均: 神経内科医が遭遇する疾患 ファブリー病. 第53回日本神経学会学術大会, 2012. 5. 24, 東京

4. 櫻庭 均: 蛋白尿に潜む疾患ファブリー病. 第55回日本腎臓学会学術総会, 2012. 6. 1, 横浜

5. 櫻庭 均: 分子設計に基づくファブリー病新規治療戦略. 第57回(社)日本透析医学会学術集会・総会, 2012. 6. 23, 札幌

6. 櫻庭 均: ファブリー病の分子病態と腎障害. 第47回日本小児腎臓病学会学術集会, 2012. 6. 29, 東京

7. 櫻庭 均: 日常の診療に潜むファブリー病:病態・診断・治療. 沖縄ファブリー病セミナー, 2012. 8. 9, 沖縄

8. 櫻庭 均: 隠れ心筋症?ファブリー病〜その診断と治療の最先端〜. 第123回みなとセミナー 第15回心臓病センター病診連携学術講演会, 2012. 8. 29, 横浜

9. 櫻庭 均: ファブリー病 診断と治療の実際. 第18回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2012. 9. 22, 徳島

10. 櫻庭 均: 酵素/低分子化合物複合体形成機構の熱力学的・構造学的検討. 第1回 日本シャペロン療法研究会, 遺伝性難病の治療を目指して, 2012. 11. 11, 東京

11. 櫻庭 均: ファブリー病の診断方法と最近の話題. 京滋ファブリー病セミナー, 2012. 12. 13, 京都



一般演題

【欧文】

1. Shibasaki F., Nakano S., Sakuraba H.: Diagnostic values of modified immuno-PCR method (MUSTag) to detect α-galactosidase A proteins in Fabry disease. 4th International Forum for Lysosomal Storage Disorders & 17th Japanese Society for Lysosomal Disorders, 2012. 10. 4-6, Tokyo, Japan.

2. Tsukimura T., Mitobe S., Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: Construction of a high-throughput screening system for male patients with Fabry disease. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

3. Mitobe S., Togawa T., Tsukimura T., Kodama T., Tanaka T., Otsuka T., Suzuki T., Sakuraba H.: Mutant α-galactosidase A with M296I does not cause elevation of the plasma globotriaosylsphingosine level. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

4. Aizawa Y., Takada M., Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: An Improved method for determination of mannose 6-phosphate residues in acid α-glucosidase by means of HPLC. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

5. Ishibashi Y., Nakajima Y., Takatsuji Y., Suzuki T., Sakuraba H.: SPR analysis on molecular interaction between GLA/modified NAGA and antibodies against them. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

6. Fukano K., Ono Y., Kamikura A., Suzuki T., Sakuraba H.: Ultrasensitive assay method for measurement of α-galactosidase A protein in blood from Fabry patients. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

7. Yamamoto S., Sekiguchi M., Terauchi K., Suzuki T., Sakuraba H.: Identification of miRNA associated with gefitinib resistance in lung cancer cell lines. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

8. Ohyama M., Arai T., Ito K., Suzuki T., Sakuraba H.: Arsenic trioxide can overcome cisplatin resistance in lung cancer cell lines. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.

9. Takasawa K., Yamashita S., Mitobe S., Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: New method for determination of globotriaosylceramide in plasma and urine from Fabry patients. The 3rd Medicinal Chemistry Seminar (2012) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2012. 12. 3-5, Tokyo, Japan.



【和文】

1. 渡邊 徹, 高岡友紀, 川島育夫, 櫻庭 均, 千葉靖典: サポシンB欠損症治療薬を目指したヒトサポシンBの生産. 日本農芸化学会 2012年度大会. 2012. 3. 22-26, 京都.

2. 向日良夫, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 片山昌勅, 松田兆史, 櫻庭 均: 分析実習におけるビュレット操作の問題点. 日本薬学会第132年会. 2012. 3. 28-31, 札幌.

3. 兎川忠靖, 児玉 敬, 月村考宏, 柏 志保, 川島育夫, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: ファブリー病の診断におけるLyso-Gb3の評価. Evaluation of lyso-Gb3 for diagnosis of Fabry disease. 日本薬学会第132年会. 2012. 3. 28-31, 札幌.

4. 兎川忠靖, 月村考宏, 水戸部さゆり, 鈴木俊宏, 川島育夫, 櫻庭 均: グロボトリアオシルセラミドの新規測定法. 第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012. 11. 15-17, 岐阜.

5. 水戸部さゆり, 兎川忠靖, 月村考宏, 土井研人, 野口英世, 赤井靖宏, 齋藤能彦, 芳野 信, 竹中俊宏, 櫻庭 均: M296I変異GLAを有するファブリー病患者は血漿中Lyso-Gb3濃度の増加を伴わない. 第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012. 11. 15-17, 岐阜.

6. 辻 大輔, 難波建多郎, 石丸直澄, 櫻庭 均, 伊藤孝司: Tay-Sachs病患者由来iPS細胞の樹立と分化神経系細胞に対する酵素補充効果の検討. 第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012. 11. 15-17, 岐阜.

7. 北風圭介, 辻 大輔, 難波建多朗, 浅沼大祐, 神谷真子, 浦野泰照, 櫻庭 均, 伊藤孝司: 新規人工蛍光基質を用いたリソソーム酵素の脳内補充効果のin vivo イメージング. 第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012. 11. 15-17, 岐阜.

8. 月村考宏, 田中利絵, 大塚智子, 水戸部さゆり, 鈴木俊宏, 齋藤静司, 兎川忠靖, 櫻庭 均: ハイリスク群の男性を対象としたファブリー病スクリーニング. 第54回日本先天代謝異常学会総会/第11回アジア先天代謝異常症シンポジウム, 2012. 11. 15-17, 岐阜.

9. 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 月村考宏, 櫻庭 均: ヒト正常組織由来培養細胞における組換えリソソーム酵素の取り込み. 第85回日本生化学会大会, 2012. 12. 14-16, 福岡.

10. 月村考宏, 田中利絵, 大塚智子, 水戸部さゆり, 鈴木俊宏, 齋藤静司, 兎川忠靖, 櫻庭 均: 男性を対象としたファブリー病のハイリスク・スクリーニング. 第85回日本生化学会大会, 2012. 12. 14-16, 福岡.

11. 水戸部さゆり, 兎川忠靖, 月村考宏, 児玉 敬, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: 血漿中Lyso-Gb3濃度の増加しないファブリー病症例群の解析. 第85回日本生化学会大会, 2012. 12. 14-16, 福岡.

12. 北風圭介, 辻 大輔, 浅沼大祐, 神谷真子, 浦野泰照, 櫻庭 均, 伊藤孝司: 酵素の分子構造改変に基づくTay-Sachs病治療薬の開発. 第85回日本生化学会大会, 2012. 12. 14-16, 福岡.

13. 難波建多郎, 辻 大輔, 櫻庭 均, 伊藤孝司: Tay-Sachs病患者由来iPS細胞の樹立と中枢神経系モデルの構築. 第85回日本生化学会大会, 2012. 12. 14-16, 福岡.

14. 兎川忠靖, 月村考宏, 水戸部さゆり, 鈴木俊宏, 川島育夫, 櫻庭 均: ファブリー病で蓄積する糖脂質の解析. 第85回日本生化学会大会, 2012. 12. 14-16, 福岡.