「臨床遺伝学講座」の研究業績のデータです。




[ 学会発表 ]



講演・シンポジウム

【欧文】

1. Sakuraba H.: Development of diagnosis and therapy for lysosomal diseases. The 1st Medicinal Chemistry Seminar (2010) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 1. 11-13, Quezon City, Philippines.

2. Sakuraba H.: High-risk screening, database and biomarkers of Fabry disease. The 13th Annual Asia LSD Symposium, 2011. 4. 16-17, Hong Kong, China.

3. Sakuraba H.: New treatment of Fabry disease. Asian Congress for Inherited Metabolic Diseases (ACIMD) Satellite Symposium 2011 Tokyo Meeting on Lysosomal Storage Disease Screening, 2011. 8. 4-6, Tokyo, Japan.

4. Sakuraba H.: Development of new enzyme replacement therapy for Fabry disease based on molecular designing. The 31st Naito Conference, Glycan Expression and Regulation [II]: Metabolites, Stress Response, Microdomains, and Beyond, 2011. 9. 13-16, Sapporo, Japan.

5. Sakuraba H.: Cardiac diagnosis and care. 12th European Round Table on Fabry Disease, Fabry Expert Lounge 2011, 2011. 10. 21-22, Budapest, Hungary.



【和文】

1. 櫻庭 均: ファブリー病をよく知るために: 分子病態から診断, 治療まで. 第5回埼玉酵素補充療法研究会, 2011. 3. 9, 大宮

2. 櫻庭 均: ファブリー病の診断治療戦略−最新のスクリーニング結果報告. 第55回日本腎臓学会学術総会, 2011. 6. 16, 横浜

3. 櫻庭 均: ファブリー病: その早期診断−早期治療のために. 第5回神奈川酵素補充療法研究会, 2011. 7. 2, 横浜

4. 櫻庭 均: ファブリー病治療薬研究の最前線. 第7回日本ファブリー病フォーラム, 2011. 7. 10, 東京

5. 櫻庭 均: ファブリー病の診断と治療 UP date. 第3回久留米ファブリー病研究会, 2011. 7. 21, 久留米

6. 櫻庭 均: Fabry病の診断と治療. 第37回皮膚かたち研究会ランチョンセミナー, 2011. 7. 22, 東京

7. 櫻庭 均: ファブリー病の診断と治療の最前線.ファブリー病シンポジウム福岡, 2011. 9. 1, 福岡

8. 櫻庭 均: 心疾患に潜むファブリー病−その診断・治療ストラテジー. 第5回 Trends of Cardiovascular Disease in Nagasaki, 2011. 11. 9, 長崎

9. 庭 均: ファブリー病〜診断と治療の最前線〜, 横須賀市医師会学術講演会, 2011. 11. 29. 横須賀



一般演題

【欧文】

1. Togawa T., Kodama T., Suzuki T., Sakuraba H.: Globotriaosylsphingosine as a new biomarker of Fabry disease. The 1st Medicinal Chemistry Seminar (2010) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 1. 11-13, Quezon City, Philippines.

2. Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: MicroRNA expression profiling in drug resistant lung cancer cell lines. The 1st Medicinal Chemistry Seminar (2010) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 1. 11-13, Quezon City, Philippines.

3. Tsukimura T., Tanaka T., Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: High-risk screening for Fabry disease in Japan. The 1st Medicinal Chemistry Seminar (2010) of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 1. 11-13, Quezon City, Philippines.

4. Togawa T., Kodama T., Tsukimura T., Suzuki T., Sakuraba H.: Globotriaosylsphingosine as a biomarker of Fabry disease. The 10th International Symposium on Lysosomal Storage Diseases, 2011. 4. 1-2, Madrid, Spain.

5. Tsukimura T., Kawashima I., Togawa T., Suzuki T., Chiba Y., Sakuraba H.: Recombinant α-galactosidase A produced in a mutant yeast is well incorporated into the kidneys of Fabry mice. The 13th Annual Asia LSD Symposium, 2011. 4. 16-17, Hong Kong, China.

6. Tsukimura T., Tanaka T., Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: High-risk Screening for male patients with Fabry disease in Japan. The Second Medicinal Chemistry Seminar of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 10. 19-21, New Delhi, India.

7. Togawa T., Kodama T., Tsukimura T., Suzuki T., Sakuraba H.: Evaluation of globotriaosylsphingosine as a new biomarker of Fabry disease. The Second Medicinal Chemistry Seminar of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 10. 19-21, New Delhi, India.

8. Kodama T., Togawa T., Tsukimura T., Kawashima I., Ishida Y., Suzuki T., Sakuraba H.:Lyso-GM2 ganglioside: A new biomarker of Tay-Sachs disease and Sandhoff disease. The Second Medicinal Chemistry Seminar of JSPS Asia-Africa Science Platform Program, 2011. 10. 19-21, New Delhi, India.



【和文】

1. 児玉 敬, 兎川忠靖, 川島育夫, 石田洋一, 鈴木 實, 辻 大輔, 伊藤孝司, 千葉靖典, 月村考宏, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: リゾ-GM2ガングリオシド: GM2ガングリオシドーシスのバイオマーカー. 日本薬学会第131年会, 2011. 3. 29-31, 静岡.

2. 黒田麻祐子, 鈴木俊宏, 小谷政晴, 田島陽一, 川島育夫, 兎川忠靖, 辻 大輔, 伊藤孝司, 千葉靖典, 福重智子, 金蔵拓郎, 櫻庭 均: Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェアにおけるヒト組み換えHex A酵素の取り込み. 日本薬学会第131年会, 2011. 3. 29-31, 静岡.

3. 月村考宏, 田中利絵, 児玉 敬, 川島育夫, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 櫻庭 均: ファブリー病のハイリスク ・ スクリーニング. 日本薬学会第131年会, 2011. 3. 29-31, 静岡.

4. 兎川忠靖, 児玉 敬, 川島育夫, 月村考宏, 鈴木俊宏, 福重智子, 金蔵拓郎, 櫻庭 均: ファブリー病の治療のバイオマーカー: Lyso-Gb3. 日本薬学会第131年会, 2011. 3. 29-31, 静岡.

5. 櫻庭 均: ファブリー病データベース: その分子病態解明と臨床表現型予測への応用, 第53回日本小児神経学会総会, 2011. 5. 26-28, 横浜.

6. 北風圭介, 堂園幸恵, 辻 大輔, 櫻庭 均, 田島陽一, 伊藤孝司: ヒトβ-hexosaminidase とGM2 activator protein との相互作用の解析, 第 84回日本生化学会大会、2011. 9. 21-24, 京都.

7. 月村考宏, 田中利絵, 児玉 敬, 川島育夫, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 櫻庭 均: ファブリー病ハイリスク・スクリーニングの有用性と問題点. 第84回日本生化学会大会, 2011. 9. 21-24, 京都.

8. 兎川忠靖, 月村考宏, 児玉 敬, 田中利絵, 川島育夫, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: ファブリー病の診断におけるα-ガラクトシダーゼのE66Qアミノ酸置換の重要性. 第84回日本生化学会大会, 2011. 9. 21-24, 京都.

9. 堂園幸恵, 辻 大輔, 松岡和彦, 北風圭介, 櫻庭 均, 伊藤孝司: 改変型ヒトβ-Hexosaminidase B の高発現CHO細胞株の樹立と無血清大量培養系の構築. 第84回日本生化学会大会, 2011. 9. 21-24, 京都.

10. 田島陽一, 横山清司, 川島育夫, 貞任大地, 設楽浩志, 多屋長治, 月村考宏, 廣井隆親, 芝崎 太, 櫻庭 均: 免疫寛容ファブリー病モデルマウスを用いた新規ファブリー病酵素補充法の検討. 第84回日本生化学会大会, 2011. 9. 21-24, 京都

11. 川島育夫, 渡邊 徹, 千葉靖典, 児玉 敬, 月村考宏, 兎川忠靖, 芝崎 太, 櫻庭 均: 遺伝子操作した酵母より生産した組換えヒトサポシンBのα-ガラクトシダーゼA活性増強効果. 第84回日本生化学会大会, 2011. 9. 21-24, 京都.

12. 児玉 敬, 兎川忠靖, 川島育夫, 石田洋一, 鈴木 實, 辻 大輔, 伊藤孝司, 千葉靖典, 月村考宏, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: GM2ガングリオシドーシスのバイオマーカーとしてのLyso-GM2. 第84回日本生化学会大会. 2011. 9. 21-24, 京都.

13. 月村考宏, 兎川忠靖, 児玉 敬, 田中利絵, 川島育夫, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: GLAにおけるp.E66Qは遺伝的多型か. 第16回日本ライソゾーム病研究会. 2011. 9. 29, 東京.

14. 児玉 敬, 兎川忠靖, 川島育夫, 石田洋一, 鈴木 實, 辻 大輔, 伊藤孝司, 月村考宏, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: Lyso-GM2 : GM2 ガングリオシドーシスのバイオマーカー. 第53回日本先天代謝異常学会総会, 第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム. 2011. 11. 24-26, 千葉.

15. 兎川忠靖, 児玉 敬, 月村考宏, 柏 志保, 川島育夫, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: ファブリー病のバイオマーカーとしてのlyso-Gb3 の評価. 第53回日本先天代謝異常学会総会, 第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム. 2011. 11. 24-26, 千葉.

16. 田中利絵, 月村考宏, 児玉 敬, 川島育夫, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 櫻庭 均: ファブリー病男性患者のためのハイリスク・スクリーニング. 第53回日本先天代謝異常学会総会, 第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム. 2011. 11. 24-26, 千葉.

17. 森山厚子, 月村考宏, 田島陽一, 川島育夫, 児玉 敬, 福重智子, 金蔵拓郎, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 櫻庭 均: 改変型α -N- アセチルガラクトサミニダーゼの生産と精製. 第53回日本先天代謝異常学会総会, 第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム. 2011. 11. 24-26, 千葉.

18. 月村考宏, 田中利絵, 児玉 敬, 川島育夫, 齋藤静司, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 櫻庭 均: E66Q を伴うα- ガラクトシダーゼA の生化学的及び病理学的解析. 第53回日本先天代謝異常学会総会, 第10回アジア先天代謝異常症シンポジウム. 2011. 11. 24-26, 千葉