「臨床遺伝学講座」の研究業績のデータです。




[ 学会発表 ]



特別講演・シンポジウム

【欧文】

なし


【和文】

1. 櫻庭 均: ファブリー病: その診断と治療のために. 奈良ファブリー病学術講演会, 2009. 2. 7, 奈良.

2. 櫻庭 均: ファブリー病: 分子病態の解明から診断と治療へ. 第73回日本循環器学会総会学術集会, ファイアサイドセミナー14, 2009. 3. 20, 大阪.

3. 櫻庭 均: ファブリー病: その診断から治療へ. 第50回日本神経学会総会, ランチョンセミナー18, 2009. 5. 21, 仙台.

4. 櫻庭 均: 遺伝性難病の診断から治療へ―ファブリー病をモデルとして. 徳島大学医歯薬系大学院特別講義, 2009. 6. 12, 徳島.

5. 櫻庭 均: 先天代謝異常症の診断と治療: リソソーム病をモデルとして. 神奈川科学アカデミー, 2009. 6. 16, 東京.

6. 櫻庭 均: ファブリー病を見逃していませんか?. 久留米大学医学部循環器内科セミナー, 2009. 7. 2, 久留米.

7. 櫻庭 均: ファブリー病について. 東京大学医学部腎臓内科セミナー, 2009. 8. 7, 東京.

8. 櫻庭 均: ファブリー病: その分子病態と診断および治療. 日本医科大学医学部生化学セミナー, 2009. 8. 10, 東京.



一般演題

【欧文】

1. Sakuraba H., Tajima Y., Kawashima I., Tsukimura T., Sugawara K., Kuroda M., Suzuki T., Togawa T., Chiba Y., Jigami Y., Ohno K., Fukushige T., Kanekura T., Ohashi T., Itoh K.: Development of new enzyme replacement therapy for Fabry disease utilizing a modified α-N-acetylgalactosaminidase. The 3rd Interational Symposium of Lysosomal Storage Disease. 2009. 9. 26-27, Nagoya, Japan.

2. Togawa T., Suzuki T., Sugawara K., Tsukimura T., Sakuraba H.: Measurment of plasma lyso-Gb3 in Fabry disease.The 3rd Interational Symposium of Lysosomal Storage Disease. 2009. 9. 26-27, Nagoya, Japan.

3. Sugawara K., Togawa T., Suzuki T., Tsukimura T., Tajima Y., Kobayashi T., Sakuraba H.: Biophysical and structural study on the complex formation of imino sugars with α-galactosidase. The 3rd Interational Symposium of Lysosomal Storage Disease. 2009. 9. 26-27, Nagoya, Japan.

4. Kuroda M., Suzuki T., Kotani M., Tajima Y., Kawashima I., Togawa T., Sugawara K., Sakuraba H.: Characterization of the neurosphere from a Sandhoff disease model mouse. The 3rd Interational Symposium of Lysosomal Storage Disease. 2009. 9. 26-27, Nagoya, Japan.

5. Tsukimura T., Tajima Y., Kawashima I., Chiba Y., Sugawara K., Suzuki T., Togawa T., Sakuraba H.: Stabilization of the M511 mutant α-galactosidase by imino sugars. The 3rd Interational Symposium of Lysosomal Storage Disease. 2009. 9. 26-27, Nagoya, Japan.

6. Suzuki T, Nishio K, Togawa T, Sakuraba H.: Micro RNA expression profiling in Cisplatin resistant lung cancer cell lines. Exciting Science toward Cancer Control. 2009. 10. 1-3, Yokohama, Japan.

7. Sugawara K., Ohno K., Saito S., Sakuraba H.: Structural characterization of mutant α-galactosidase: Insight into Fabry disease. 12th Annual Asia LSD Symposium. 2009. 10. 9-11, Taipei, Taiwan.

8. Sugawara K., Saito S., Sekijima M., Ohno K., Tajima Y., Kroos MA., Reuser AJJ., Sakuraba H.: Structural modelling of mutant alpha-glucosidase resulting in a processing/transport defect in Pompe disease. Steps Forward in Pompe Disease Symposium. 2009. 11. 20-21, Munich, Germany.

9. Eussen B., Kroos M.A., Lesnussa M., Klein A de., Knoch TA., Sugawara K., Sakurata H.: Holistic visualization of the GAA locus on chromosome 17q25 and its mutations within the complexity of the genome organization. Steps Forward in Pompe Disease Symposium. 2009. 11. 20-21, Munich, Germany.



【和文】

1. 菅原佳奈子, 兎川忠靖, 鈴木俊宏, 大野一樹, 田島陽一, 岩本邦彦, 櫻庭 均: ファブリー病の発生機構と薬剤作用機序に関する構造学的研究. 日本薬学会第129年会, 2009. 3. 26-28, 京都.

2. 兎川忠靖, 鈴木敏雄, 菅原佳奈子, 櫻庭 均: ファブリー病患者血縁中のリゾ−CTHの測定. 日本薬学会第129年会, 2009. 3. 26-28, 京都.

3. 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 菅原佳奈子, 西尾和人, 姫野誠一朗, 櫻庭 均: 耐性細胞を用いたシスプラチン耐性因子の探索. 日本薬学会第129年会, 2009. 3. 26-28, 京都.

4. 伊藤孝司, 辻 大輔, 松岡和彦, 宮崎絵里, 明星裕美, 千葉靖典, 櫻庭 均: 組換えリソソーム酵素の脳内補充療法の開発. 日本薬学会第129年会, 2009. 3. 26-28, 京都.

5. 菅原佳奈子, 櫻庭 均: 耐性α-グルコシダーゼ変異蛋白質の構造学的研究. 第51回日本小児神経学会総会, 2009. 5. 28-30, 米子.

6. 黒田麻祐子, 鈴木俊宏, 小谷政晴, 田島陽一, 川島育夫, 兎川忠靖, 菅原佳奈子, 櫻庭 均: Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェアの生化学的特徴. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

7. 月村考宏, 田島陽一, 川島育夫, 千葉靖典, 菅原佳奈子, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 櫻庭 均: 基質アナログにより安定化する変異α-ガラクトシダーゼの性状解析. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

8. 菅原佳奈子, 兎川忠靖, 鈴木俊宏, 田島陽一, 月村考宏, 岩本邦彦, 櫻庭 均: ファブリー病の責任酵素α-ガラクトシダーゼと基質類似体との分子間相互作用の解析. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

9. 田島陽一, 月村考宏, 大野一樹, 川島育夫, 芝崎 太, 櫻庭 均: ケミカルシャペロンによるポンペ病変異酵素の安定化作用の解析. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

10. 川島育夫, 田島陽一, 芝崎 太, 福重智子, 神埼 保, 金蔵拓郎, 月村考宏, 櫻庭 均: リソソーム病酵素補充療法における酵素投与方法の検討. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

11. 兎川忠靖, 鈴木俊宏, 菅原佳奈子, 月村考宏, 川島育夫, 櫻庭 均: ファブリー病の新規マーカーとしての血漿中リゾ-CTHの測定. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

12. 鈴木俊宏, 西尾和人, 兎川忠靖, 菅原佳奈子, 櫻庭 均: シスプラチン耐性肺癌細胞株におけるmiRNAの発現解析. 第82回日本生化学会大会, 2009. 10. 21-24, 神戸.

13. 田島陽一, 月村考宏, 川島育夫, 芝崎 太, 櫻庭 均: 遅発型ポンペ病細胞におけるデオキシノジリマイシン誘導体のケミカルシャペロン作用の検討. 第51回日本先天代謝異常学会総会, 2009. 11. 5-7, 東京.

14. 川島育夫, 芝崎 太, 菅原佳奈子, 櫻庭 均: テイサックス病における変異酵素蛋白質の構造特性. 第51回日本先天代謝異常学会総会, 2009. 11. 5-7, 東京.

15. 黒田麻祐子, 鈴木俊宏, 兎川忠靖, 菅原佳奈子, 小谷政晴, 田島陽一, 川島育夫, 櫻庭 均: Sandhoff病モデルマウス由来ニューロスフェアの樹立. 第51回日本先天代謝異常学会総会, 2009. 11. 5-7, 東京.

16. 川島育夫, 芝崎 太, 菅原佳奈子, 櫻庭 均: テイ-サックス病における変異酵素蛋白質の構造特性. 第51回日本先天代謝異常学会総会, 2009. 11. 5-7, 東京.

17. 兎川忠靖, 鈴木俊宏, 菅原佳奈子, 月村考宏, 大橋十也, 櫻庭 均: ファブリー病の新規マーカーとしての血漿中lyso-Gb3の測定. 第51回日本先天代謝異常学会総会, 2009. 11. 5-7, 東京.

18. 菅原佳奈子, 兎川忠靖, 鈴木俊宏, 櫻庭 均: 酸性α-グルコシダーゼの立体構造の構築と変異蛋白質の構造学的研究. 第51回日本先天代謝異常学会総会, 2009. 11. 5-7, 東京.