「臨床遺伝学講座」のメンバーをご紹介します。



教授 櫻庭 均

【略 歴】
1974年東京大学医学部医学科卒業。
虎ノ門病院、関東労災病院で小児科医として臨床に携わり、東京大学医学部小児科学教室で小児科の研究。
米国、マウントサイナイ医科大学で、客員助教授として遺伝病の分子遺伝学的研究に携わる。
東京都臨床医学総合研究所臨床遺伝学研究部長として、遺伝病の中でも臨床的に重要なリソソーム病の病態解明のための研究を行う。

2007年 明治薬科大学 分析化学教室 教授
2009年 明治薬科大学 臨床遺伝学講座 教授(併任)
2013年 明治薬科大学 臨床遺伝学講座 教授(専任)


【研究テーマ】
遺伝性難病の分子病態の解明と診断への応用
リソソーム病の新規治療法の開発

【研究業績】
櫻庭 均:業績




[ 共同研究者 ]
兎川 忠靖 生体機能分析学 教授
月村 考宏 生体機能分析学 助教



[ 客員教授 ]
伊藤 孝司 徳島大学大学院 薬科学教育部 創薬生命工学分野 教授
川島 育夫 (公財)東京都医学総合研究所 細胞膜研究室
川村 眞智子 埼玉県立がんセンター 血液内科 医長
千葉 靖典 産業技術総合研究所 生命工学領域 創薬基盤研究部門 糖鎖技術研究グループ 上級主任研究員



[ 研究技術員 ]
田中 利絵
大塚 智子
佐藤 温子
志賀 智子



[ 秘 書 ]
田中 聖恵子



[ 経 理 ]
池田 範子