大学院

生命創薬科学専攻

創薬化学コース

創薬化学コースでは、様々な生命現象を科学的視点でとらえ、創薬研究展開の可能性を多面的に探究します。生命の恒常的な維持に関連する様々な現象を分子レベルで解明し、分子構造と生物活性との関係や新たな機能性分子の探索・設計・合成など「くすりを創る」ための基盤となる創薬科学研究を広く展開するコースです。
創薬化学コースを構成する研究室は、以下の研究室です。

研究概要と関連論文

齋藤 望 研究室(薬品製造化学)

齋藤望教授・博士(薬学)、田湯正法助教・博士(薬科学)

「有機金属化学」を基盤とした有機合成化学に関する研究、特に、
1)遷移金属触媒を用いた多重結合間での高選択的分子間反応及び分子内環化反応の開発と有用生物活性化合物合成への利用
2)遷移金属錯体を利用した気体状有機分子の固定化反応の開発と機能性分子合成への応用
に焦点を当てた方法論の開発とその応用に関する研究を進めている。

  1. N. Saito, I. Abdullah, K. Hayashi, K. Hamada, M. Koyama, Y. Sato, Enantioselective Synthesis of β-Amino Acid Derivatives via Nickel-Promoted Regioselective Carboxylation of Ynamides and Sequential Rhodium-Catalyzed Asymmetric Hydrogenation, Org. Biomol. Chem. 12, 10080-10089 (2016).
  2. N. Saito, Z. Sun, Y. Sato, Nickel-Promoted Highly Regioselective Carboxylation of Aryl Ynol Ether and Its Application to the Synthesis of Chiral β-Aryloxypropionic Acid Derivatives, Chem. Asian J., 10, 1170-1176 (2015).
  3. N. Saito, Y. Sugimura, Y. Sato, Nickel(0)-Promoted Carboxylation of Allenamides with Carbon Dioxide via a Nickelalactone Intermediate, Synlett, 25, 736-740 (2014).

このページの上へ

齋藤 直樹 研究室(薬化学)

齋藤直樹教授・薬学博士、横屋正志講師・博士(薬学)、木村真也助手・修士(薬学)

  1. 海洋生物が生産するイソキノリンキノン系天然物の構造を創薬シードとする新規天然物の探索(国際共同研究):潜在的に存在する可能性が高い真の天然物の構造の合成と安定誘導化および生物活性スクリーニング
  2. 海洋生物が生産するイソキノリンアルカロイドの科学的研究(国際共同研究):群体ホヤの極微量二次代謝物であり、難部肉腫に対する新規化学療法剤として期待を集めるイソキノリンアルカロイド・エクチナサイジン(トラベクテジン)の全合成、合成化学的研究と起源海洋生物の組織培養、養殖による恒久的供給手段の確立
  3. タイやフィリピンに生息する青色海綿が生産するレニエラマイシン海洋天然物の合成化学的研究の展開による制がん活性発現機構の解明に必要な情報収集
  4. 不斉Pictet-Spengler反応の開発と天然物合成への応用:Pictet-Spengler反応を基軸とする光学活性イソキノリン系アルカロイドの効率的キラル合成法の開発
  5. アミロイドベータ(Ab)凝集抑制作用を有する化合物の探索と新規認知症改善薬の創製
  1. Nakai K.; Kubo K.; Yokoya M.; Saito N., Preparation of Renieramycin Left-half Model Compounds, Tetrahedron, 70, 6529-6545 (2014).
  2. Yokoya M.; Kobayashi K.; Sato M.; Saito N., Chemistry of Renieramycins. Part 14. Total Synthesis of Renieramycin I and Practical Synthesis of Cribrostatin 4 (Renieramycin H), Marine Drugs, 13, 4915-4933 (2015).
  3. Yokoya M.; Toyoshima R.; Suzuki T.; Le V. H.; Williams R. M.; Saito N.Stereoselective Total Synthesis of (-)-Renieramycin T, J. Org. Chem., 81, 4039-4047 (2016).

このページの上へ

古源 寛 研究室(医薬分子設計学)

古源寛教授・薬学博士、高取和彦准教授・博士(薬学)、小林健一講師・博士(理学)

  1. 生体分子の構造情報に基づく薬剤設計(Structure-Based Drug Design)
  2. 生物活性天然物をリードとする薬の開発研究
  3. 生物活性天然物の全合成ならびにその誘導体の構造活性相関に関する研究
  4. 高立体選択的反応の開発と応用研究
  1. Kenichi Kobayashi, Risako Kunimura, Kosaku Tanaka, III, Osamu Tamura, Hiroshi Kogen: Total Synthesis of (-)-Phaeosphaeride B by a Biomimetic Conversion from (-)-Phaeosphaerice A. Tetrahedron, 73, 2382-2388 (2017).
  2. Kosaku Tanaka, III, Kenichi Kobayasi, Kazuhiko Takatori, Hiroshi Kogen: Efficient Synthesis of syn-α-Alkoxy Epoxide via Diastereoselective Darzens Reaction. Tetrahedron, 73, 2062-2067 (2017).
  3. Kosaku Tanaka, III, Kenichi Kobayashi, Hiroshi Kogen: Total Synthesis of (-)-L-755,807: Establishment of Relative and Absolute Configurations. Org. Lett. 18, 1920-1923 (2016).

このページの上へ

杉山 重夫 研究室(機能分子化学)

杉山重夫教授・薬学博士、樋口和宏准教授・博士(薬学)、伊藤元気助教・博士(薬学)

  1. 高立体選択的、高効率的反応およびこれを支援する新規合成手法の開発:-アシルイミニウムの反応、活性スルホニウム種の反応(異常Pummerer反応、ヘテロ二量化反応)などについて
  2. 生物活性複素環化合物の合成研究:上記で開発した反応を基盤とし、インドリン‐3‐オンおよびトリプトファン誘導体を合成素子とする様々な生物活性(抗がん活性など)をもつ複素環化合物およびその誘導体の合成研究とその生物活性評価
  3. 金属ナイトレン種を用いたアミン類の触媒的アミノ化反応を基盤とする炭素-窒素結合変換プロセスの開発
  4. ボロン酸を用いた立体選択的炭素−炭素結合形成反応の開発と応用
  1. Kazuhiro Higuchi, Hideki Hikita, Asumi Murayama, Daichi Yuri, Natsu Kobayakawa, Takashi Takahashi, Shigeru Kojima, Hiroko Ueno, Tomomi Hatakeyama, Airi Kato, Masanori Tayu, Etsuko Oyama, Shigeo Sugiyama, Kazuyuki Ishii, Hidenobu Takahashi, and Tomomi Kawasaki. Design and Synthesis of Non-peptide RGD Mimics for Evaluation of their Utility as Anti-platelet Agents. Chem. Pharm. Bull. 64, 1726-1738 (2016).
  2. Masanori Tayu, Yui Suzuki, Kazuhiro Higuchi and Tomomi Kawasaki. C2-symmetric chiral sulfoxide-mediated intermolecular interrupted Pummerer reaction for enantioselective construction of C3a-substituted pyrroloindolines. Synlett 941-945 (2016).
  3. Motoki Ito, Arisa Tanaka, Kazuhiro Higuchi and Shigeo Sugiyama. Rhodium(II)-Catalyzed Synthesis of N-Aryl-N’-tosyldiazenes from Primary Aromatic Amines Using (Tosylimino)aryliodinane: A Potent Stable Surrogate for Diazonium Salts. Eur. J. Org. Chem. 1272-1276 (2017).

このページの上へ

高波 利克 研究室(薬品物理化学)

高波利克教授・薬学博士、野地匡裕准教授・博士(薬学)、林賢助教・博士(理学)

  1. 金属ポルフィリン触媒を用いる高選択的・高効率的な有機反応の開発と創薬への応用
  2. 分子認識化学的手法を用いる不安定カチオン活性種の反応性制御に基づく高選択的・高効率的な有機反応開発
  3. 対面ポルフィリン二量体の超分子円二色性を利用する化合物の絶対配置決定法の開発
  4. メディエーター(電子移動を媒介する触媒)を利用する有機電解合成反応の開発
  1. Satoshi Hayashi, Miku Yotsukura, Masahiro Noji, and Toshikatsu Takanami
    Bis(Zinc Porphyrin) As a CD-Sensitive Bidentate Host Molecule: Direct Determination of Absolute Configuration of Mono-Alcohols
    Chem. Commun., 51, 11068-11071 (2015).
  2. Noriaki Sugita, Satoshi Hayashi, Masashi Shibata, Taiga Endo, Masahiro Noji, Kazuhiko Takatori, and Toshikatsu Takanami
    Regioselective β-Silylation of Porphyrins via Iridium-Catalyzed C-H Bond Activation
    Org. Biomol. Chem., 14, 10189-10192 (2016).
  3. Noriaki Sugita, Ikumi Tsuchiya, and Toshikatsu Takanami
    Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reactions of Brominated Porphyrins with Functionalized Organomagnesium Reagents: Direct Preparation of Functional-Group-Bearing Free Base Porphyrins
    Heterocycles, 93, 483-511 (2016).

このページの上へ

小山 清隆 研究室(生薬学)

小山清隆教授・薬学博士、高取(木下)薫准教授・博士(薬学)

  1. 海洋微生物、キノコ子実体、植物の代謝物からの生物活性物質の探索
    A) がん分子標的治療薬の開発を目指し、血管新生阻害物質の探索
    ◎KDR(VEGFR2:血管内皮細胞増殖因子受容体2)阻害物質の探索
    ◎管腔形成阻害物質の探索
    B) アゾール耐性真菌に対する抗真菌活性物質の探索
  2. β-セクレターゼ阻害物質およびアミロイドb凝集阻害活性物質の探索
  3. 培地変換による真菌代謝産物の多様性の検討
  4. LC/MS/MSを用いた地衣類の化学成分による分類
  5. サボテン科植物から新規サポニン類の探索および生物活性(アミロイドβ凝集阻害活性、メラニン産生抑制活性)
  1. I. Nagasawa, A. Kaneko, T. Suzuki, K. Nishio, K. Kinoshita, M. Shiro, K. Koyama, Potential anti-angiogenesis effect of p-terphenyl compounds from Polyozellus multiplex: J. Nat. Prod., 77, 963-968 (2014).
  2. H. Kamauchi, K. Kinoshita, K. Takatori, T. Sugita, K. Takahashi, K. Koyama, New sesquiterpenoids isolated from Atractylodes lancea fermented by marine fungus: Tetrahedron 71, 1909-1914 (2015).
  3. M. Okabe, T. Sugita, K. Kinoshita, K. Koyama, Macrolides from a marine-derived fungus, Penicillium meleagrinum var. viridiflavum, showing synergistic effects with fluconazole against azole-resistant Candida albicans: J. Nat. Prod., 79, 1208-1212 (2016).
深水 啓朗 研究室(分子製剤学)

深水啓朗教授・博士(薬学)、井上元基助教・博士(薬学)、大西優助手

医薬品製剤を様々な視点から分子レベルで評価し、医療現場,企業および規制官庁等に広く情報を提供することにより、患者さんのQOL向上に貢献する。そのために以下3つのテーマを中心に取り組む。

  1. 医薬品Cocrystal(共結晶)*の設計による原薬物性の改善:近年特に需要が大きい、難水溶性薬物の溶解性を改善する技術として、医薬品Cocrystalの探索スクリーニングや形成メカニズムの検討を行う。(*医薬品Cocrystalとは、原薬と様々な添加剤からなる分子結晶であり、溶解性や安定性のような原薬物性の改善が可能な技術として注目されている。)
  2. 臨床現場の視点に立った医薬品製剤の物性評価および構造解析:製剤学的な視点は薬剤師に特徴的な職能の一つである。例えば軟膏製剤では、従来から複数のステロイド剤や保湿剤の混合調剤が頻繁に行われてきたが、詳細な物性検討は極めて少ない。そこで、顕微スペクトル測定による軟膏剤のイメージングや添加剤の組成分析から、先発ならびに後発医薬品の製剤学的な差異について比較評価する。
  3. 世界中に氾濫する偽造あるいは低品質医薬品の評価:優れた医薬品製剤を設計するために、様々な評価技術を開発し、製剤内部の微視的な構造を解析している。その社会的な応用として、インターネットを通じて個人が入手できる医薬品の品質調査を行う。
  1. Maeno Y, Inoue M, Suzuki T, Tomono K, Fukami T, Microanalysis of pharmaceutical cocrystals using a nano-spot method coupled with Raman spectroscopy. Cryst. Eng. Comm., 18, 8004-8009 (2016).
  2. Yamamoto Y, Fukami T, Onuki Y, Metori K, Suzuki T, Koide T, Comparison of pharmaceutical properties among clobetasol propionate cream formulations: Considerations from near infrared spectra. Vibrat. Spectrosc., 93, 17-22 (2017).
  3. Yoshimura M, Miyake M, Kawato T, Bando M, Toda M, Kato Y, Fukami T, Ozeki T, Impact of the Dissolution Profile of the Cilostazol Cocrystal with Supersaturation on the Oral Bioavailability. Cryst. Growth. Des., 17, 550-557 (2017).

このページの上へ