教育・研究

明治薬科大学教員総覧

准教授:菅野 敦之(カンノ ノブユキ)

-

研究室

臨床薬学部門/地域医療学

最終学歴

帝京大学大学院博士前期課程修了(1986年3月)

学位

薬学修士(帝京大学:1986年)

講義科目

地域医療コース事前講義(調剤の計算 調剤報酬の基礎) 特論演習 コミュニティーファーマシー(薬局の業務運営 服薬指導の実際) 薬学と社会U(医療保険制度の仕組)

専門分野

地域医療学 薬事法学 リスクマネジメント

所属学会

日本薬学会 日本社会薬学会 司法薬学研究会

学会活動

日本社会薬学会幹事

学内委員

教務委員会、薬局実務実習委員会、地域医療コース実習委員会、入試広報委員会、研修企画実行委員会

社会活動

関東地区調整機構委員 日本薬剤師会法制委員会委員(2010〜2012)日本薬剤師会医療安全対策委員会委員(2012〜2014)  「調剤薬局の危機管理」Pharma Chugai 4‐6.Vol.V(2004) 「急増する“算定拒否”患者への対応法」Drug Magazine,51(2):40-44,2008 「ますます重要性が高まる薬歴管理」Drug Magazine,51(3):34-36,2008 「副作用発現の観察力と情報収集能力の育成を」Drug Magazine, 51(12): 46-49, 2008 保険薬局基礎のキソ(薬事日報社 2010) 2012.7/7・28 Pharmacy Pharmacist Support Forum 座長 調剤実務に関する法制度 薬局63(6)141-146 (2012) 調剤実務に関する法制度(2) 薬局64(1)161-166(2013) 調剤実務に関する法制度(3) 薬局64(5)159-164(2013) 調剤実務に関する法制度(4) 薬局64(8)183-189(2013) 過量服薬防止のために知っておきたい薬事関連法規 月間薬事56(10)1507-1510 薬学生のための実務実習事前学習テキスト(ネオメディカル)(分担執筆)(2013.8) 図解医薬品情報学(南山堂)(分担執筆)(2014.1) 清瀬市内中学校セーフティ(薬物乱用防止)教室(2014.10 2015.3 2015.10)

依頼公演

「保険薬局を理解するために」(東京1999/1)、「副作用から身を守る為に」(神奈川2001/1)、「上手な薬局の利用のしかた 〜安全にくすりを使うために〜」(神奈川2002/9 東京2003/10)、「患者トラブルを考える」(東京・福岡2008/7、他10地区)、「それってクレーム?! 火種を大きくしないための考え方」(大阪2009/6)、「トラブル発展をいかに防ぐか 〜窓口対応の留意点〜」(宮城2009/10)、「調剤過誤に際しての心構え(ハーバード謝罪マニュアル)」(沖縄県薬剤師会 2010/5)、「保険薬局基礎のキソ」(佐賀県薬剤師会2011/11)、「精神科における患者視点を学ぶ」(東京・大阪・福岡2011/7) 薬学部新卒に向けて『〜進化していく必要のある調剤薬局〜 』(薬学ゼミナール生涯学習セミナー(2012/2)) 「円滑な窓口対応に向けて」(新潟かかりつけ薬剤師育成会(2012.8)) 「精神疾患患者に対する薬局薬剤師の視線」第2回 北里大学薬学部生涯学習セミナー(2012.10) 「クレームリスクをいかに小さくするか」両毛地区保険薬局マネジメントセミナー(2013.2) 第3回保険薬局経営者セミナー(2013.3) 「クレームリスクをいかに小さくするか」宇都宮市薬剤師会生涯学習研修会 (2013.8) 「患者応対の考え方」大田原薬剤師会第5回薬剤師研修会(2013.8) 「クレームリスクを最小化するために」福岡地区薬剤師セミナー(2013.9) 「患者クレーム最小化への組織ぐるみの対応策」(2013.9,10) 「患者トラブルの考え方」第62回葛飾区薬剤師研修会(2014.6.29) 「薬物濫用防止について」清瀬第三中学校セーフティ教室(2014.9.27) 「薬物濫用防止教室」清瀬第四中学校(2014.3.10) 「薬物濫用防止について」清瀬第二中学校セーフティ教室(2015.10.23) 平成27年度南多摩保健医療圏薬事講習会「薬局における『患者対応』」

研究業績1

Survey of Attitude toward Work among Pharmacists Working in Large Chain Community Pharmacists in Japan Jpn.J.Pharm.Health.Care.Sci 37(2)97-103(2011)

研究業績2

薬剤師が持つべき「患者視点」:精神科領域のバックグラウンド 社会薬学 30(2)63-64(2012)

研究業績3

医薬品副作用情報を用いた副作用検索システムの提案 情報処理学会研究報告1-6(2012)

研究業績4

保険薬局における新バーコード(GS1 DataBar)の活用と課題 −医薬品のトレーサビリティと取違え防止の観点から− 日本医療・病院管理学会誌 50(3)5-12(2013)

このページの上へ